MENU

2017/06/07

プライバシーを守り、緊急時はすぐメール通知!簡単設置の高齢者見守り家電

見守りコンセントWiFi-Plug

コンセントを使うだけで、ひとり暮らしを見守ることができる

「ひとり暮らしになった親は元気に暮らしているだろうか」とふと思ったことはありませんか?
毎日、仕事や育児に追われた生活を送っていると親に連絡をしていなかった…と気づくこともあるでしょう。

だからといって、毎日電話をしたり、会いに行ったりするとお互い負担になることも。
遠くからそっと見守る方法があれば、便利ですよね。
そんな悩みを解決できそうなIoT家電「見守りコンセントWiFi-Plug」が株式会社パワーエレックから販売されました。
どんな商品なのか詳しくみてみましょう。

関連記事

そもそもIoTとはどんなもの?

モノのインターネット

IoTとは身の回りにある家電がインターネットにつながること

IoTという言葉を聞いたことがありますか?
IoTとは「Internet of Thing」の頭文字をとったもので、日本語で「モノのインターネット」という意味。
もっとわかりやすく説明すると、「身の回りにある家電がインターネットにつながる」ということです。
今回ご紹介する見守りコンセントは、インターネットにつながることでリアルタイムに相手の消費電力を把握することができます。

見守りコンセントWiFi-Plugの気になる特長とは

異常を検知することができる

電気火災や家電事故を防ぐことができる

1. プライバシーを守りながら安全を確認できる

コンセントを差し込んでおくだけで、家電の消費電力をリアルタイムに24時間監視。
いつもと違う電力使用パターンを検知すると、すぐに親族へプッシュ通知とメールが送られます。
カメラのように相手の姿が確認できる訳ではないので、プライバシーも侵されません。
(見守り通知メールの受信者は最大6件まで追加可能。)

2. 電気火災や家電事故を遠隔地から防止できる

電気火災や家電事故など、重大な事故につながる大電力(1200w/h)を使用すると、プッシュ通知とメールですぐに連絡。
遠く離れていてもスマホアプリで家電をOFFにすることができます。
(1500w/hの大電力の場合、ヒューズを落として電流を遮断します。)

3. 面倒な工事や専用端末を準備する必要なし

コンセントに差し込むだけの簡単設置

コンセントに差し込むだけの簡単設置


「見守りコンセントWiFi-Plug」は、無線ルーターまたは、モバイルルーターを通して利用することができます。

無線ルーターの場合

WPS対応の無線ルーターがあれば、すぐに利用可能です。
(WPSとは無線LAN端末とルーターを、簡単に無線接続させるための機能。)

モバイルルーター&格安SIMカードでの利用の場合

回線工事不要で設置でき、月額通信料500円以内で利用できます。(例:1GBプラン)

モバイルールーターで運用する場合は、こちらをご覧ください。
http://www.powerelec.biz/wifiplug/sim/

より詳しい情報は公式サイトで!

「見守りコンセントWiFi-Plug」についてもっと詳しくご覧になりたい場合は、公式サイトをご覧ください。
公式サイト:http://www.powerelec.biz

なお、購入は全国の量販店で可能です。
購入可能店:http://www.powerelec.biz/#ec

コンセントひとつで離れた親を身近に感じることができる

昔では考えられなかったようなことが、IoT家電を使うことで可能になりました。
ひとり暮らしの親が、コンセントにつながっている家電を使うだけで、毎日無事に生活できることが分かるのはうれしいですね。
これを機会に、もう少し会いに行くなど、毎日の生活について話し合ってみてはいかがでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE