MENU

2016/12/11

いま人気の壁紙ってどんな素材?色?柄?トレンドを押さえておしゃれな部屋に仕上げよう。

wallpaperhowto
家のリフォームの中でも比較的簡単に行える壁紙の張替えでは、「どんな壁紙を選ぶか」によっては完成後の印象が変わってきます。
でも、壁紙の素材や色、柄は「印象」だけでなく、「お手入れ」にも大きく関係してきます。

お金をかけて張替えをするのですから、「こっちにすれば良かった」とならないように壁紙については事前にじっくり検討したいですよね。

皆さん、どんな選び方をしているのでしょうか。そこで、人気となっている壁紙のタイプをご紹介していきます。

関連記事

人気の素材は?コスト重視ならビニールクロスが人気!

壁紙の素材は、ビニールクロス、紙クロス、布クロスが代表的です。
中でも、日本ではビニールクロスが最も人気があり、施工しやすく費用を抑えられることが理由に挙げられます。

時間があってチャレンジしたいという方なら材料を購入してDIYで張替えることもできます。
また、豊富なラインナップの中から選ぶこともできます。

ただ、価格帯に幅があり、グレードの高いものだとそれなりの価格になりますが、質が良い壁紙となります。
また、ビニール素材はお手入れがしやすく、メンテナンスのしやすさも人気の秘密となっているようです。

壁紙の種類や選び方についてはこちらの記事も参考になります。

素敵な空間作りに大切な壁紙!知っておきたい種類や特徴

人気の色は?壁紙の定番といったらやっぱり「白」?!

素材もいろいろありますが、イメチェンするならどの色にするか迷うことでしょう。

壁紙の張替え定番色は「白」です。
壁紙は面積が広く、真っ白な壁は爽やかで明るい気持ちになるからでしょう。
また、白色は部屋全体を広めに見せてくれる効果もありますし、どんな家具や家電にもマッチします。
失敗したくないなら無難な「白」を選ぶのもよさそうです。

ただ、「白」は、どんな部屋にもマッチするカラーではありますが、張替え後に物足りなさを感じることもある色です。

特に、張替え前にも白の壁紙だったケースでは、例え素材が違ったとしても「張替えしたのに新鮮感がない」と思うこともあるようです。
冒険したいなら、ちょっと変わった色を選ぶのもいいかもしれませんね。

また、お部屋の雰囲気も大事にして壁紙の色を選びましょう。
例えば、リビングなど家族みんなが集まる空間は、特定の誰かの個人的な好みで色や柄を選ぶのはあまり好ましくありません。

家族みんながゆったりとリラックスできる場にし、かつテーブル・テレビ・ソファーなどの家具とも調和する「白」「グレー」「アイボリー」など全体的に落ち着いたカラーが選ばれる傾向にあるようです。

逆に寝室、子供部屋など個人のプライベート空間ならば、自分好みのカラーを選び、個性的なお部屋づくりをしている方も多いです。

男の子の部屋ならブルーを基調とした青空柄、女の子の部屋ならピンクを基調とした花柄なども人気です。

いま人気の柄は?お洒落感のあるレンガ調・木目柄

壁紙のサンプルを見ていると、さまざまな柄があります。
部屋の雰囲気を変えるには、柄物を選ぶと「リフォームした」という実感にも繋がります。

最近人気になっているのは、レンガ調や木目柄の壁紙です。
部屋づくりのコンセプトとして、北欧風、アジアン風、ヨーロピアン風などが注目されていますが、レンガ調や木目柄の壁紙は「アクセント」として部屋をおしゃれま空間にしてくれる柄です。

部屋全体に「レンガ」や「木目」を張ってしまうと、重厚感が強すぎて落ち着かない部屋になってしまいますが、部屋の一面だけに張る、玄関の部分だけに張る、キッチン周辺だけに張るなど、アクセントとして張るなら気軽に使えそうです。

壁紙にレンガ柄がプリントされたタイプのものや、より本物に近い雰囲気が出る、凸凹素材の壁紙もあります。

まとめ

壁紙を選ぶ時には、無難なカラーを選びがちですが、せっかくお金をかけるのですから「イメチェンした」と実感できそうなカラーや柄も気になりますよね。

ただ、その部屋の用途に応じて変化させることも大事です。
トレンドを押さえて、スタイリッシュな部屋づくりの参考にしてください。

こちらの記事もおすすめです!

壁紙の張替えはDIY?プロに任せる?作業内容と費用を比較してみた

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE