MENU

スマホでバーチャル住宅展示場が体験できる!家の購入はスマホで完結?

新しいアプリ

バーチャル住宅展示場が楽しめる


一生の買い物である家を購入する前には、たくさんの住宅展示場を見学しておきたいと考える人は多いでしょう。
しかし、住宅展示場は必ずしも自宅付近にあるとは限らず、忙しくて頻繁にはいけないという人もいるはずです。
また、見学に行ってみたものの、しつこい営業マンにつきまとわれてうんざりしてしまった人もいるのではないのでしょうか。

そんな住宅見学の悩みを解決してくれる画期的なスマホアプリが開発されました。
その名は、『My Home Market』。
Web上の仮想住宅展示場で、モデルルームの見学を自宅でできるようになります。早く試してみたいものですね。

関連記事

売り手にも買い手にもメリットあり!バーチャル住宅展示場の狙いは?

人口や世帯数の減少によって、戸建て棟数の着工数が少しずつ減っています。
また、戸建て住宅の購入を考える人も、値段を重視する傾向が強まっているのです。

住宅メーカーや工務店は住宅展示場を案内するのが一般的ですが、展示場内のモデルルームを建てるには、かなりの土地と費用が要されます。

今回誕生した『My Home Market』は、こうした売り手と買い手の問題を解決してくれる、優秀なVR(バーチャルリアリティ)です。
実際にモデルルームをつくる必要がないため、コストの削減が可能となり、住宅メーカーはその分、安価に住宅販売ができます。
値段が下がれば、購入者も手が届きやすくなるでしょう。

VR住宅展示場が浸透していく中で、今後の戸建て住宅の値段に変化が出るのかもしれませんね。

『My Home Market』はこうして使える

アプリの内容

4段階で簡単操作できる


お好みの住宅メーカーやプランを選んだら、すぐにVRで選択した家を探索できます。
さらにうれしいことに、見積もりシミュレーションもできますよ。
気に入った物件の詳細は、住宅メーカーに問い合わせてみましょう。
※サイトオープンは2018年3月予定

11月には恵比寿でセミナーを開催!

『My Home Market』を開発した日本ユニシス株式会社と株式会社ジブンハウスは、今後5年間で500のハウスメーカーの住宅取扱いを目指しています。
『My Home Market』は、今住宅購入を検討している20~40代に向けたサービスです。

しかし、VRがイマイチ理解できないという人もいますよね。
そんな方は、11月に恵比寿ガーデンプレイスで行われるセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。
VRへの理解はもちろん、戸建て住宅購入のヒントを見つけられるのかもしれません。

セミナー名:変わる住宅営業 始まったVR時代~営業を劇的に省力化する『My Home Market』~
日時:2017年11月1日(水)15:00~18:00 (14:30受付開始)
会場:恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール
申し込み:https://evesys.unisys.co.jp/public/seminar/view/2986

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE