MENU

2017/07/28

夏のイベント「夜の動物園」「夜の水族館」に行ってみよう!

夜の動物園

みんなに人気の動物園や水族館。
筆者は動物園が大好きで、時々お気に入りの動物に会いに行きます。

動物園や水族館は、家族で行ってもカップルで行っても、一人で行っても楽しめる場所です。
動物や魚の様子をじっと眺めているだけで、時間に追われてあくせく働いている日常生活から解放され、癒しの時間がもてますよね。

そんな動物園や水族館ですが、夏の期間に『夜の動物園』、『夜の水族館』が開催されるところがあるのをご存知ですか?
『夜の動物園』、『夜の水族館』では、どんなことが行われるのでしょう。

関連記事

『夜の動物園』ではどんなイベントがあるの?

夜のペリカン

上野動物園

東京都台東区にある上野動物園では8月9日(水)から8月16日(水)までの期間、20時まで開園しています。(入園は19時まで)
夜の動物園の1番の魅力は、昼には見られない、夜の動物たちの知られざる行動が観察できることです。

じっとして動かないことで有名なハシビロコウや、タテガミオオカミをはじめとする夜行性動物たちの活動的な姿を、ゆっくり観察することができます。

また、室内で過ごすジャイアントパンダの様子や、サルやクマたちの昼間とは違った夜の姿や過ごし方を、夕涼みしながら見ることができます。

また、8月10日(木)、12日(土)、14日(月)の17時~17時45分は「ゾウの運動場」の中に入って見学ができる特別イベントが開催されます。普段は立ち入ることのできない場所ですから、貴重な体験ですよね!

飼育係のお話を伺うことができる飼育係のトークショーもあります。その他、野外上映会や野外音楽ライブが催されたり、オープンビアガーデンが開かれるなど、楽しいイベントが盛りだくさんです。

●参照:東京ズーネット
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ueno&link_num=24265

多摩動物公園

東京都日野市になる多摩動物公園では、8月のお盆期間およびその後の土曜日・日曜日は20時まで開園されます。(入園は19時まで)
薄暗くなる頃に行われる「夜の動物観察ツアー(8月13日、19日開催)」では、飼育担当者と一緒に、主に夜に活動する夜行性の動物たちを観察します。

また、「コウモリステーションガイド(8月11日、14日、20日開催)」というコウモリの観察会があります。夕方になると飛ぶコウモリですが、じっくり観察する機会はないかと思います。ぜひこの機会を利用してみましょう。

飼育担当者による動物の夜の生態をテーマにした「夜のキーパーズトーク」もあります。飼育担当者だけが知る動物たちの夜の不思議な生態について学ぶことができます。

多摩動物公園では、動物だけでなく昆虫に関するイベントも行われます。(8月19日、20日、27日開催)
夜に活動している虫を触ったり、スズムシやクツワムシなど鳴く昆虫の生体を間近で観察した後、園内で実際に鳴いている昆虫を探して観察するツアーや、夜のハキリアリを観察するツアーもあります。

●参照:東京ズーネット
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=24264

福岡市動植物園

8月から9月9日まで、毎週土曜日に開催される「夜の動植物園」では、フラミンゴやペンギンなどがライトに照らし出される幻想的な演出が用意されています。飼育員による夜のスポットガイドも人気です。

4K映像上映会も行われ、鮮やかで迫力ある動物たちの映像が、大型スクリーンで映し出されます。
植物園では樹木と花々が、フルカラーLEDによってライトアップされたり、イルミネーションで装飾されたガーデントレインが植物園を走ります。

もう一つ、夜の動植物園ならではのお楽しみ。
オオオニバス、サガリバナ、オオマツヨイグサをはじめとする夜しか花が咲かない植物の展示が行われます。昼間には見ることができない植物の姿を観察できる貴重なイベントです。

●参照:福岡市動植物園
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/nightzoo/

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE