MENU

2017/11/08

出産祝いは言葉とともに。気持ちが伝わる文章の書き方をチェック

赤ちゃん

出産祝いは手紙と一緒に送りませんか?

関連記事

出産祝いとは

出産祝いはお子様が生まれた方へ生後1週間~1か月の間に贈るお祝いのことです。贈る品の金額の目安は5千円~1万円とされています。実用的な洋服や寝具、おむつやよだれかけといったアイテムが定番です。

今は、仲のいいママさん同士や職場などで集まって贈ることもあります。そんな出産祝いのとき、品物だけではなく、お手紙もあると、もっと喜ばれるんです。今回は贈り物に合わせて添えたいお手紙の言葉を、シーン別に紹介していきます。

【親族編】出産祝いの言葉の例文と気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

親族に贈る時は、できるだけ丁寧に、敬語を使うのが一般的です。丁寧な言葉で、見守る気持ちを伝えてあげると、ママさんも癒され、安心して子育てを頑張ろうという気持ちになれるのではないでしょうか。

(例文)親族におくる出産祝いの言葉

「出産お疲れ様でした。本当によく頑張りましたね。
気持ちを込めて、ささやかながら、プレゼントを贈らせていただきます。
赤ちゃんとの日々、大変なこともあるかもしれないけれど、ゆっくり一緒に頑張りましょう。
何かあれば、いつでも連絡してくださいね。
今度、顔を見に訪れたいと思っているので、そのときを楽しみにしています。」

【友達編】出産祝いの言葉の例文と気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

友達へのお祝いの言葉のポイントは、

・「お疲れ様」と、ねぎらう言葉
・頑張ったことを褒めてあげる言葉
・何かあったらいつでも頼って

という気持ちを伝えられるといいですね。はじめての赤ちゃんだと子育てに不安なことも多いので、ぜひ支えてあげる気持ちも伝えましょう。

(例文)友人におくる出産祝いの言葉

「出産おめでとう。本当にお疲れ様でした。
無事に出産が終わり、母子ともに健康なことを聞いて、安心しています。
新しい日々が始まり、不安なこともあるかもしれないけれど、困ったらいつでも連絡してね!
また、今度赤ちゃんの顔も見に行くね。これからも一緒に頑張ろうね、応援しているよ!」

【目上・上司編】出産祝いの言葉の例文と気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

目上の方に言葉を添える時は、シンプルかつ丁寧に、敬語をしっかりと使いこなし、気持ちを伝えましょう。

(例文)目上・上司におくる出産祝いの言葉

「無事にご出産されたこと、誠にお慶び申し上げます。
心ばかりの品ではありますが、お祝いとして贈らせていただきます。お子様がすくすくと元気に成長されること、またご家族のご多幸を祈っております。」

【2人目以降の出産編】出産祝いの言葉の例文と気をつけたいポイント

考え事をする女性

温かいメッセージを送りましょう

気をつけたいポイント

2人目以降を出産された方へプレゼントを贈ることもありますね。そういう時も「出産おめでとう」だけではなく、その状況を応援する言葉をつけてあげると気持ちが伝わりますよ。

(例文)2人目以降の出産におくる出産祝いの言葉

「ご出産、本当におめでとうございます!
2人目ということで、もっと毎日がにぎやかに楽しくなりそうですね。
何か手伝えることがあれば、いつでも連絡をくださいね。
またお会いできること、赤ちゃんの顔を見られること、今からとても楽しみにしています。」

【職場やグループ編】出産祝いの言葉の例文と気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

出産祝いの言葉を贈るとき、気を付けたいポイントは「親しき仲にも礼儀あり」ということ。いくら仲がよいお友達でも、丁寧さの伝わらないお手紙だとあまり、ありがたみも感じられないんです。あなたの気持ちがそのまま文章として現れるような、そんな言葉を選びましょう。

またネガティブな表現(消える・薄い・終わる・苦しいなど)の言葉を載せるのはNGとされています。こちらが、たとえ冗談で書いたとしても、受け取った相手の印象は悪くなってしまうかもしれません。

親しい間柄であっても、書かないように気を付けましょう。お疲れ様、これからも一緒に頑張ろうねというやさしい気持ちを伝えてあげてくださいね。

(例文)職場やグループにおくる出産祝いの言葉

職場などでまとめて贈るときには丁寧な文章にし、最後に

「職場一同、またお会いできるのを楽しみにしています」
「みんなで赤ちゃんに会える日をとても楽しみにしています」

といった、言葉も添えると「待っていてくれる人がいるんだ」という気持ちになって嬉しくなるはず。

グループで贈るときにはもう少しカジュアルな文章にして「みんなで今度会いに行くね!」といった言葉を添えるといいですね。

あなたの気持ちが伝わる言葉を贈りましょう

出産祝いは、生まれたばかりの赤ちゃんへ贈る最初のプレゼントです。赤ちゃんには生まれてきてくれて、ありがとう。出産を頑張ったお母さんとこれから一生懸命パパになるお父さんへは、感謝と応援する気持ちを伝えるお手紙を添えて、あなたの気持ちを届けましょう。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE