MENU

アーティストを応援!夢をかなえる家『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』

CANVAS外観

楽しそうな雰囲気が漂う『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』

株式会社絆人が運営する『絆家シェアハウス』では、2017年10月より学生やアーティストを応援する『夢・応援プロジェクト』を発動します。

拠点となるのは、東西線葛西駅に位置する『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』。
名前からも楽しそうな雰囲気のシェアハウスですが、どのようなワクワクが詰まっているのでしょうか?

関連記事

外観から内装までが1つの『キャンバス』

家全体がCANVAS

主人公のウサギのラビィがお出迎え

壁面アートを施し、ハウス全体が1つの物語となっているのが、『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』の特長です。

物語は、主人公であるウサギの『ラビィ』の仲間探しの冒険から始まります。
1・2階は森、3階が海、4階は空の空間となっていて、壁一面にそれぞれの世界を旅するストーリーが描かれています。

まるで、絵本の中の世界を旅しているような、幸せな気持ちになれます。

イベント開催ができる広いリビング

カラフルで明るいリビング

カラフルで明るいリビングでは個展やイベントを開催

カラフルなインテリアに囲まれた広いリビングでは、個展やイベントを開催することが可能。
入居者なら、会場のレンタル料もかかりません。

自分の作品を発表する場や、個性を表現する場があるのは、アーティストにはとてもうれしいですね。

自分だけのオリジナルの部屋に

DIYが楽しめる

DIYで個性あふれるオリジナルの部屋に

『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』のハウスルームは、自由にDIYできるというところも魅力の1つです。

賃貸だと、お部屋のDIYは難しく我慢しなくてはならないことも多いですが、ここでなら事前にルームコンセプトとイメージ案を提出することで、お部屋自体を作品にすることもできます。

オリジナル作品を飾って、素敵なお部屋に仕上がれば、絆家シェアハウスの公式HPでアーティスト紹介されるかもしれませんよ。

個性豊かな人たちが集まる交流の場

個性豊かな人たちとの交流

個性豊かな人たちとの交流は刺激になりますね

2018年からは、ハウスマネージャーとしてプロの絵本作家が在住。
また、シェアハウスを利用するメンバーも、個性豊かな人たちが集まります。
刺激が欲しい、個性を高め合いたいと考える人にはおすすめの環境です。

夢をかなえるためのシェアハウス

仲間が夢を応援してくれる

仲間が夢を応援してくれる

夢をかなえるためには、環境も大切ですね。
クリエイティブな人々と暮らしながら、創作活動を行ったり、作品を発表したり、アーティストとして紹介してもらったり…。

『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』なら、様々なことにチャレンジできます。

DIYに興味のある人や、アーティストや作家といったクリエイティブな仕事や学びに興味があるような人なら、きっと毎日が楽しいと思えるシェアハウスとなることでしょう。

住人ではなくても、シェアハウスで行われる個展やイベントをぜひのぞいてみてください。
アーティストやクリエーターの人たちの励みにもなりますし、お子さんと一緒に行けば、絵本の国の楽しい世界に大喜びなのではないでしょうか。

『絵本の国のシェアハウス-CANVAS-』詳細:http://kizunaya-s.com/archives/house/canvas-2

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE