MENU

【リノベ物件初心者必見】リノベ物件のメリット・デメリットを知っている?

中古物件と図面をもって飛び跳ねる男性

どんな風にリノベーションしたい?


リノベーション物件の魅力は、控えめな価格と、新築のような美しさ。
理想の住まいを作るために、自分で自由に設計してリノベーションしたいという方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、リノベーションの魅力と注意点、おすすめのリノベ物件についてご紹介します。

関連記事

リノベ物件の3つの魅力

リノベ物件の魅力は大きく3つあります。

1.きれいなのに新築より安い

リノベーション済の中古マンションは、中古だとは思えないほどきれいであることも珍しくありません。
物件によっては、間取りなどをセミオーダーできることもあり、新築よりお得なことも。

2.自分好みにアレンジできる

これは、中古マンションを購入して自分でリノベーションを施す場合、または、リノベーションをセミオーダー可能な物件を購入した場合のメリットです。
できるだけ価格を抑えて自分好みの住まいにしたい方には、ぴったりと言えるでしょう。

3.選択肢が広がる

新築で自分好みの住まいを探すよりも、アレンジ可能な中古マンションを探す方がたやすいでしょう。
結果的に、住まいの選択肢が広がることになります。

リノベ物件の3つの注意点

リノベーションされた物件はいいことだらけ!…では、ありません。
注意点も確認しておきましょう。

1.見えない部分に要注意!

表面的にはきれいだけれど、目に見えない部分が傷んだままということがあります。
費用のかかる水回りはリフォームされておらず、古いままというケースもあるでしょう。
古いマンションの場合には、基礎が傷んでいて長く住めないということも…。
承知の上で済むのであれば問題ありませんが、そうでない場合には築年数やどこまで手入れがされているか?などを確認することが大切です。

2.新築より高くなることも

これは、中古物件を自分でリノベーションする場合の注意点です。
中古マンションそのものは、新築よりも安く購入できます。
しかし、そこにリノベーションの費用が上乗せされるため、やり方によっては新築を購入するよりも高くつくことも…。
特に、水回りのリフォームにはお金がかかります。

配管を変更せず、キッチンをリノベーションする場合は60万円~です。
素材変更だけでなく、システムキッチンに入れ替えることを検討しているなら100万円以上かかるでしょう。
配管にまで手を入れたい場合、どの程度の工事にをするかによっても異なりますが、20万円~は必要となります。

3.思い通りにデザインできないこともある

構造の都合で壁が取り払えないなど、全てを思い通りにデザインできないこともあります。
予防するには、図面のある物件を選ぶと良いでしょう。
とはいえ、素人が図面を見ても判断できません。
購入前に図面を見せてもらい、どこまでリノベーションが可能なのか相談することが大切です。

もっと簡単で自由でアフターサポートまであるリノベ物件は?

もっと気軽にリノベ物件を楽しみたい方におすすめしたいのが、野村不動産株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社、野村不動産リフォーム株式会社が共同で提供する『bespo(ビスポ)』です。

bespo「住みたい」はデザインできる

可能性を感じるロゴマーク

3つのリノベーションから選べる

bespoは、以下の3つすべてをサポートしています。

  1. 自宅をリノベーション
  2. 中古物件を買ってリノベーション
  3. リノベーション済の物件を探す

また、デザイン・設計・資金計画・物件探し・施工のすべてをトータルにサポートしてもらえます。
悩んだら、まず相談してみる。
そんな気軽なスタンスでのぞめそうですね。

ゼロからの自由設計も、メニューからの選択も可能

自分でゼロから自由に設計したい方もいれば、あまり自由だと選べないから提案してほしいという方もいるでしょう。
bespoなら、どちらにも対応可能。
ライフシーンのアイディアからインテリアスタイルの希望など、幅広い相談に乗ってもらうことができます。

スケルトンリノベーションも定額制で安心

スケルトンリノベーションとは、スケルトン(骨組み)以外をすべてリノベーションすることです。
リノベーションの自由度が高まる代わりに、費用も高額になりがち。
しかし、定額制を基軸に導入しているため、リノベーションのコストを抑えやすくなっています。

アフターサポート付きの安心感

bespoには、アフターサポート専門部署があります。
施工までしっかりサポートしてもらえるから、安心して住むことができるでしょう。

その他詳細は公式サイトをご覧ください。
URL:https://www.n-bespo.jp/

住みたい家をあきらめない

新築には新築の、中古には中古の良さがあります。
それぞれのメリット・デメリットをよく考え、理想とする住まいを見つけてください。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE