MENU

マンションや家の住み替えタイミングや注意点、ダブルローンを避けよう


住み替えは「売り先行」「買い先行」といった流れがあり、どちらの手順で住み替えるか、またどういったタイミングで住み替えるのかはとても重要なポイントです。

このコラムは

    • 住み替えにはタイミングがなぜ重要なのか
    • 2つの住み替えの特徴
    • どちらの住み替え方法が良いのか

といったテーマに沿って解説していきます。

関連記事

住み替えにはタイミングがなぜ重要なのか

では住み替えのタイミングはなぜ重要なのでしょうか。

このタイミングとは、「今の家やマンションが売れるタイミング」と「次の住宅を購入するタイミング」です。

この二つのタイミングが綺麗にかみ合わなければ、無駄な費用がかかったり、最悪の場合ダブルローンを組むことになってしまうため、当初予定していた資金計画と大きく違ってしまう可能性が出てしまうのです。

住み替えには「売り先行」「買い先行」という2つの方法があり、売るタイミング・買うタイミングが異なるため、それぞれの方法を比較して、自身の状況に合った住み替えを選びましょう。

2つの住み替えの特徴

では、2つの住み替えの特徴を押さえておきましょう。

売り先行型の住み替えタイミング

売り先行型の住み替えは、現在住んでいる家を売却し、その資金を使って次の住宅を購入するというものです。

<メリット>

売り先行型は、売れてから次の物件を探すため「資金計画が立てやすい」や、急いで売る必要がないため「じっくりと時間を掛けた売却活動ができ、高額で売れる可能性がある」といったメリットがあります。

<デメリット>

一方で、今住んでいる家が売れてから家を探すことになるため、次の住宅が決まるまで仮住まいが必要なケースがあり、

今の住まい→仮住まい→新居

と、「引っ越しが2回必要な場合」があります。また、不動産が売れてから次の不動産を探すため「理想の条件に合った住宅を買い逃す可能性」も発生します。

買い先行型の住み替えタイミング

買い先行型は、先に住み替え先の住宅を購入してから、現在住んでいる不動産を売却します。

<メリット>

買い先行型は、現在の住まいに住みながら次の物件を探すことができるため「条件に合う物件を見つけやすい」点や「2度の引っ越しが必要ない」といったメリットがあります。

<デメリット>

しかし、現在住んでいる不動産の売却資金を充てることができないため、「事前に購入資金を準備しなければならない」や、現在住んでいる不動産にローンが残っており、その不動産が売れない場合、新居の購入する際に組む住宅ローンとあわせた「ダブルローン(二重ローン)」になってしまう可能性があります。

どちらの住み替え方法が良いのか

先述した2つの住み替え方法の解説でもわかるように、

「売り先行」・・・2回引っ越しなどの、肉体的・精神的負担がある。
「買い先行」・・・ダブルローンなどの金銭的な負担やリスクがある。

といった特徴があります。

実際に不動産仲介や住み替えを行われている不動産会社の店長に「どちらの住み替え方法が良いのか」を伺ったとところ、「売り先行型をお勧めしています」という回答が返ってきました。

具体的には、売り先行では不動産の売却に余裕が生まれるといった部分や、もし不動産が売れなかった場合でも、そのまま住み続けることができるといった点で選択肢を幅広く用意できるため、リスクヘッジをし易いという点を挙げられました。

確かに、買い先行型になると次の不動産を購入し、更に元の不動産が売れるかどうかも分からないという部分で、かなり潤沢な資金がある方でなければ難しいのかもしれません。

住み替えという新しい生活や環境を迎えるにあたって、そういったリスクはできるだけ最小限にとどめることを心掛けましょう。

最近では若い家族の家が手狭になったためマンションから一戸建てに住み替えるといったケース以外にも、高齢者が一戸建てから利便性の良いマンションに移られるなど、住み替えの理由やタイミングは様々です。

また、住み替えを促進させるための支援機構や税制・住宅ローンの優遇などの条件も緩くなっているため、住み替えを検討されている場合、どういったスケジュールや計画が組めるのかなどをできるだけ早い段階で不動産会社に相談しましょう。

[PR]:お持ちのお家やマンションにどれくらいの価値があるのか気になる方は下記サイトより無料でご相談することができます。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE