MENU

引っ越し先はサービスで決める?新しい自転車シェアの形Cogoo!

6つの大学でスタートしたCOGOO

自転車はもう買わなくていい?新しいCOGOOがスタートしました!

転勤、引っ越し、マイホーム…など、新しい住居を求める理由は様々ですが、住居に求めるものも人それぞれです。近々転居を予定されているなら、近隣サービスも視野に入れて住居を探してみませんか?

ぜひご提案したいのが、新しくなったCOGOOのサービスです!カーシェアリングという言葉も耳になじんだ今日この頃、ついに、自転車でも新しいシェアの形が始まりました!

新しくなったCOGOOってこんなサービス!

スマホで会員登録するだけ!アプリの利用料は無料です。

スマホアプリで楽々サイクルシェアリング!


2017年3月にリニューアルされたCOGOOは、放置自転車の再利用に目を付けたサービスです。不便だからと購入したものの、使わなくなるとスペースをとって邪魔…というのは、何も自転車に限ったことではありません。

しかし、大学などでこのような放置自転車が多いこともまた事実です。COGOOでは、このような自転車をシェアサービスに生かすことで、自転車による利便性を残しつつ放置自転車を減らす狙いもあります。

利用方法はとても簡単です。まず、スマホに専用アプリをインストールしましょう。続いて会員登録をしたら、借りたい自転車を選んで手続きをするだけです。

今後マンションやビルでもCOGOOが増えるかも?!

スマートキー、ステーションタグ、自転車本体を合わせても5万円!

COGOOは導入費用もコンパクト!日本全国展開も夢じゃない?!

新しいCOGOOサービスが導入されているのは、現在6つの大学のみです。しかし、COGOO導入はさほど敷居が高くありません。
費用もコンパクトにまとめられていますし、スマホアプリで手続きが完了するため、レンタル手続きのための管理人も不要です。今後、ビルやマンションなどでCOGOOを利用できるところも増えていくでしょう。

なお、現在導入されている大学の生徒および教員は無料で利用できます。ビルやマンションなどに導入された場合にどうなるかはオーナー次第ですが、たまにしか自転車に乗らないのであれば、シェアリングサービスを利用したほうが割安となるでしょう。

COGOOが便利な4つの理由

1.自転車を買わなくてもいい!
COGOOが近くにあれば、「そんなには使わないけど、自転車がないと困ることもあるかな…」なんて心配はいりません。わざわざ自転車を買わなくても、必要な時だけシェアサービスを利用することができます。
もちろん、毎日のように自転車を使う場合には買った方が割安になるでしょう。自転車の利用頻度と合わせてご検討ください。

2.駐輪場を気にしなくていい!
ちゃんとした駐輪場のある物件もあれば、自転車の置き場に困るような物件もあります。でも、COGOOなら駐輪場を気にする必要はありません!もう、物件選びで駐輪場に悩まされなくて良くなります。

3.使わなくなった自転車の廃棄も心配不要!
使っているときは便利でも、使わなくなった自転車の廃棄ってなかなか面倒です。しかし、COGOOならそもそも自転車を所有しませんから、廃棄について頭を悩ませる必要がありません!

4.放置自転車が少ないかも?
シェアリングサービスが定着すれば、乗らなくなったからと放置される自転車の減少にも期待が持てます。駅前などの放置自転車に困っているなら、COGOOが導入されている地域を探して引っ越すのも良いでしょう。

まとめ

新しいサービスとして始まったばかりのCOGOOですが、これから徐々に浸透していくことでしょう。都心部に住んでいると、車や自転車の維持費もばかになりません。
適宜使えるシェアリングサービスを利用して維持費を節約しつつ、浮いたお金でちょっとリッチな旅行に出かける…なんていうのも素敵です。新しい住居を決める際には、ぜひこうしたサービスにも着目してみてください。

企業情報

企業名:リレーションズ株式会社
企業URL:https://www.relationsgroup.co.jp/
事業内容:現在世の中にある「マイナス」を「プラス」にすることをミッションに、企業や個人の生産性を高めることに注目して事業を展開している会社です。コンサルティングからWebメディアまで幅広く対応しており、様々な課題を解決すべく日々挑戦しています。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE