MENU

2016/11/27

お金を貯めるなら貯蓄用の口座をつくろう!おすすめの銀行まとめ

家計簿

貯金をしようと思ってもなかなかうまくいかないあなたにオススメなのが、普段使っている口座とは別に貯蓄用の口座を作ること。
貯金用の口座を作った方がいい理由とおすすめの銀行口座を紹介していきます!
※各銀行の金利等は調査時点のものです。最新の情報は各金融機関の公式Webサイト等をご確認ください。

関連記事

貯金用の銀行口座を作っておいた方がいい理由とは?

簡単に引き出せないことで、お金が貯まりやすい

普段使用している口座と貯金を混同させてしまうと、いくら貯まっているのかがわかりにくいものです。
さらに、あれば使ってしまうという気持ちになってしまい、お金も貯まりにくくなります。
それを防ぐ意味でも、普段メインで使っている口座とは別に、貯金用の口座を作ってみてはどうでしょうか。

定期預金を選ぶことで、金利の恩恵を受けることができる

普通預金と比べると、定期預金は高い金利になっています。
例えばオリックス銀行を例にとってみると、普通預金であれば金利0.02%のところ、6ヶ月以上の定期預金であれば0.2%です。
普通預金と定期預金で10倍の金利差。お金の出し入れを考慮せず、長期的に貯めていく予定であれば、貯金用の口座には定期預金がおすすめです。

おすすめの銀行口座はこれ!

では、貯金用のおすすめ銀行口座はどこでしょう?
紹介する銀行を選んだ基準は、金利の高さと利便性。
金利の高さはもちろんですが、万が一のときに備え、お金のおろしやすさも考慮しました。

金利0.20%の「オリックス銀行」

オリックス銀行の定期預金は、金利0.20%。預金期間は、6カ月、1年、2年、3年、5年の5つに分かれています。
さらに「短期間の預金でも利息が欲しい」という方に向けて「eダイレクト2週間定期預金」というサービスも。
2週間の預け入れで0.1%分の利息を得ることができます。
月2回まで出金時の振込手数料無料といった特典もうれしいですね。

最高金利0.45%の「SBJ銀行」

5年ものの定期預金であれば、年0・30%の高金利を誇るSBJ銀行。
そして、0.15%(1年もの)、0.20%(2年もの)、0.25%(3年もの)と定期預金の期間によって金利の値が異なります。
その他のおすすめポイントとしては、セブンイレブンとミニストップなら、ATM手数料が24時間何回でも無料という点。
他行宛ての振り込み手数料も月7回までは無料です。

「イオンカードセレクト」との併用で金利0.12%となる「イオン銀行」

イオン銀行の場合、定期預金ではなく普通預金がおすすめです。
年会費無料の「イオンカードセレクト」との併用で、通常0.02%の金利が0.12%となります。
普通預金の中では、最も高い金利値を誇るイオン銀行。さらに、イオン銀行ATMでの手数料が24時間何回でも無料です。

金利0.05%から積立貯金ができる「ソニー銀行」

ソニー銀行は、ネット銀行でありながら積立貯金ができます。
積立貯金とは、指定した口座から定期預金口座へ自動的に振り替えてくれるサービス。
1年ものの積立定期預金の場合、金利は0.05%です。
意識的に貯金する必要がないため、お金も貯まりやすいです。
さらに、ソニー銀行はセブンイレブン、ミニストップのATM手数料も無料です。

以上、貯金用の銀行口座を作るべき理由と、おすすめの銀行口座を紹介してきました。
やはり、貯金用の銀行口座を作るのであれば、金利の高い定期預金がおすすめです。
ただ例外としてイオン銀行であれば、普通預金でありながら定期預金に匹敵する金利。
お金の出し入れのしやすさや、ATM手数料無料の点を考慮すると、貯金用の銀行口座として選択肢の一つとなりうるでしょう。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE