MENU

2017/04/26

大流行したポストペット「モモちゃん」が貯金の見張り番に! 癒されながら貯金も増えちゃう、そのシステムとは?

癒されながら貯金も増えちゃう
インターネットが一般家庭に普及しはじめた1990年代後半。メールを運ぶ電子ペットがブームになりました。中には、ポストペットのピンクのくま「モモちゃん」を、なつかしく思い出すかたもいるのではないでしょうか?

当時メールを運んでいたモモちゃん。今はなんと、ソニー銀行の「ほしいもの貯金箱」というツールの見張り番に転身しているのです!
今回は、そんなモモちゃんがモチベ―ションをあげてくれると評判の、新しい貯金のシステムを調査してみました。

出典:http://moneykit.net/visitor/wishbox/

 

超低金利時代にどうやってお金を増やす?

昨今の経済情勢により、銀行の預金利息はすずめの涙。定期預金でさえも、それほど期待できない時代です。

それでも、利息重視で貯金を増やしたいなら、金利が大幅に高いネット銀行の利用、お得度の高いデパートや旅行会社の積み立てサービス、利用目的をしぼって堅実に財形貯蓄を活用するなど、さまざまな方法があります。

いっぽうで、利息だけに注目する視点をかえて、貯金をわかりやすく管理し、確実にお金を増やしていく方法も見過ごせません。
貯金は1か所にまとめておくと、たくさんあると錯覚してムダにつかってしまいがち。少額に分散させて管理したほうが、出費をおさえられます。

家庭でも、生活費を目的別にわけてとっておいたりしますが、ネット上で、お金を目的別にわけて管理できたら便利ですよね?
このような便利ツールを展開している銀行のひとつに、ソニー銀行の「ほしいもの貯金箱」があります。

金利だけにとらわれない!目的別に口座をわける便利さに注目

ソニー銀行の「ほしいもの貯金箱」は、ネット上で口座を目的別にわけて管理できるシステムです。

いままでは、金融商品ごとにしか口座をつくれませんでしたが、ここでは、お金を出し入れするメインの「親貯金箱」と、目的を自由に設定できる「目的別貯金箱」を5つまでつくることが可能です。

貯金箱のあいだでのお金の移動は自由自在。手数料もかからず、画面上でマウスをドラッグ&ドロップさせるだけなので簡単です。

定期預金や外貨預金などの、いろいろな金融商品を入れることもできるので、お金がたまったら定期預金にうつす、なんてこともできます。

目的は、車の購入、旅行費用とさまざま。具体的な目的が目の前におかれると、自然に貯蓄の意欲もあがります。


出典:http://moneykit.net/visitor/wishbox/wishbox03.html

 

ポストペットと一緒に目的を達成!

この目的別の貯金箱に見張り番として設定できるのが、冒頭でふれたポストペットです。

モモちゃんをはじめとするポストペットのキャラクターを、貯金箱それぞれに設定することによって、ポストペットに見守られながら、貯蓄額の達成をめざすことができます。

ポストペットは、貯金の状況に合わせて気持ちが変化していきます。たとえば、目標額に近づくと幸せな気持ちになり、逆に、なかなか到達できないでいると、沈んでしまうことも。

預金者をはげまし、ときには、きびしい態度で接したりしながら、目標達成を応援してくれる頼もしい存在なのです。

見張り番ポストペットからは、メールが届くこともあり、メールを運んでいたころのモモちゃんを思い出しますね!


出典:http://moneykit.net/visitor/wishbox/wishbox04.html

 

ポストペットのキャラクターと一緒に貯金を楽しむ!

「ほしいもの貯金箱」は、目標を明確にして管理することができ、しかも、かわいいポストペットが目標額達成まで一緒に応援してくれる、貯金意欲をあげる要素が盛り込まれたシステムです。

貯金というと、家計を切りつめて買いたいものを我慢したり、預金口座の金利に一喜一憂したり、地道にコツコツというイメージがありますよね?

今や、ただ預けておけばお金が増える時代ではありません。家のお金のながれ全体を把握して、つかいみちをしっかり管理していくことが必要です。

目標にむかって前向きな気持ちで貯蓄する、しかも、キャラクターに癒されながら、貯金を楽しんでしまうというのもひとつの方法かもしれません。

未来の目標を設定して貯金することによって、毎日の過ごしかたもムダがなく、メリハリのあるものにかわっていくといいですね。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE