MENU

意外な行動が明らかに!?2017年度末の大掃除に関する意識調査

今年の大掃除、どうしますか?

今年の大掃除、どうしますか?

年末が近づいてくると、いよいよ大掃除の季節。何かと慌ただしくなるシーズンですが、我が家の大掃除、今年はどうしますか?
みんなはどれくらいやっているのでしょうか?調査した結果を見てみましょう!

関連記事

みんな意外と?やっている大掃除

株式会社ダスキンが、全国の20歳以上の男女計2,080人を対象に、2017年末の大掃除の予定をインターネットで調査。意外な結果が明らかになりました。

大掃除の実施予定に関するデータ

約7割の人が「実施する予定」と回答

「大掃除を実施する予定」と回答したのは72.1%。
2016年末の大掃除実施率は54.6%だったので、大きく上回る結果となりました。

大掃除に関する年代別実施データ

若い世代ほど大掃除の意欲が高め

年代別で見てみると、若い世代ほど実施する意欲が高いようです。
中でも、もっとも実施予定率が高いのは、20代女性の83.2%でした。
さらに、すべての年代で、女性の方が大掃除に対する意識が高いことも分かりました。

大掃除の予定日に関するデータ

仕事納めの後にやる人が多数

また、大掃除の実施予定日は「12月29日」(29.8%)と「12月30日」(28.2%)に予定している方が半数以上を占めています。
仕事納めや忘年会が終わり、まとまった時間ができたところで行うという予定の方が多いようです。
12月24日は日曜日ということもあり、クリスマスイブに予定している方も15.9%いました。

ハウスクリーニングに依頼するという選択肢も

大掃除をする意欲が高い場所に関するデータ

リビング・ダイニングは掃除の意欲が高め

掃除の意欲が高い場所については、家族で過ごしたり、滞在時間の長い「リビング・ダイニング」が85.1%と高い割合を占めました。

一方で、「エアコン」や「レンジフード・換気扇」などの高い場所や、分解が必要な作業にはなかなか気が進まないようです。

自分ではなかなか掃除できない箇所は、プロにハウスクリーニングを依頼するのも一つの方法です。
自分でできるところは自分で、掃除が大変な箇所は思い切ってプロにお願いすると、年末の貴重な時間も有効利用できます。

ハウスクリーニングも行なっているダスキンのホームページには、お掃除のコツやノウハウも載っています。ぜひ参考にしながら、賢く大掃除を乗り切りたいですね!

ダスキン公式サイト「おそうじ大辞典」:https://www.duskin.jp/jiten/

【調査概要】
■ 調査対象 :全国に住む20歳以上の男女
■ 調査方法 :インターネットリサーチ
■ 調査時期 :2017年10月
■サンプル数:2,080サンプル

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE