MENU

住宅ローンが返済できなくなったら…もしもに備えて任意売却を知ろう!

任意売却と住宅ローン

将来どうなるか分からないからこそ考える『任意売却』


家のローン返済の最終手段として、任意売却をする人が増えています。

自分の家でなくとも、突然両親の家のローンの支払いが滞ってしまうケースも。
もしものときの任意売却について、少し考えてみませんか。

関連記事

任意売却とは?

任意売却と住宅のイメージ

ローンの支払いが厳しくなったら考えたい任意売却

住宅の購入では、ローンを組んで家賃のように月々支払う人も多いですよね。
おそらく、20〜30年の長期でローンを組む家庭も珍しくないと思います。
今現在は問題なくローンを支払えている状態でも、10年後、20年後はどうでしょう。
予定通り給料が上がらなかったり、早期退職で返済できない日が来るかもしれません。

そもそも、ローンを組むと『抵当権』が発生します。
抵当権とは住宅ローンなどでお金を借りたときに、家と土地をその借金の担保として確保しておくためのものです。
ローンの滞納が続くと銀行などの融資先が住宅を差し押さえることができます。
通常、差し押さえになると住宅は競売へかけられます。
しかし、競売にかけられると、思った以上に低価で売却されることも少なくありません。
競売を避けるための救済措置としてあるのが、任意売却です。
融資先との同意を得た上で、売りたい人、融資先、仲介業者の間での売却を成立させます。

一概には言えませんが、競売よりも高値で売却できるケースが多いのも任意売却が選ばれる理由です。
さらに、任意売却では、ローン支払いの交渉によって、一括での返済ではなく、場合によっては分割にしてもらうこともできます。

住宅ローンが残った状態での売却はこちらの記事もおすすめです:住宅ローンのある状態で売却する方法
住み替えのタイミングとローンについてはこちらの記事もおすすめです:ダブルローンを避けた住み替え

任意売却のための準備

任意売却は融資先との交渉がメインです。
交渉にあたっては、仲介業者にサポートをお願いすることがほとんどですが、有利な交渉のためには事前の準備が不可欠。
しかも、強制の競売完了までに任意売却を行わないといけない時間的なリミットもあります。

任意売却で必要な準備

  • 仲介業者を探す
  • ローンの状況を整理する
  • 返済予定表などの書類を準備する
  • 購入時期や価格を整理する
  • 引っ越しの準備をする
  • 売却で不利にならないための清掃や修繕 など

任意売却を有利に行うために重要なのが仲介業者の選択です。
そして、スムーズな任意売却のためには、任意売却について少しでも知っておくことが大切です。

『任売インフォ』利用で得られること

『任売インフォ』の画面

『任売インフォ』では任意売却で必要な情報が得られる

任意売却に興味があるけれど、よく分からない。
いろいろ不安が多くて、任意売却にまで踏み切れない。
そんな人にこそ利用をおすすめしたいのが、『任売インフォ』です。

任売インフォ活用のメリット

  • 『一括資料請求』で仲介業者を比較できる
  • 『Q&A』でよくある任意売却の不安を解消できる
  • 『ニュース』で最新の任意売却事情を知れる

『任売インフォ』なら、仲介業者をスムーズに見つけることができます。
さらに、任意売却にまつわる情報が詰まっているので、情報収集も簡単。
必要な知識を身に着けておくことで、任意売却の場面に遭遇してもしっかり対処できるでしょう。

任売インフォの公式サイトはコチラ

もしもに備えて『任意整理』を理解しよう

将来の計画を立てて購入した住宅も、不景気が理由で手放さなくてはならない日が来るかもしれません。
正確な将来の予想はなかなかできないもの。
もしものときの任意売却について、今から知識を蓄えておきませんか?

[PR]:お持ちのお家やマンションにどれくらいの価値があるのか気になる方は下記サイトより無料でご相談することができます。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE