MENU

2017/11/09

損してない?見直したい光熱費・外食・旅費の節約アイディア11選

節約術

節約術をご紹介!

関連記事

外食の節約アイディア

1、ディナーではなくランチを狙う節約アイディア

憧れの高級レストランや評判の有名店でも、高額なディナーに比べ、ランチではお手頃な価格で頂けるお店が多くなるんです。そのため行きたかったお店は、ディナーではなくランチにすることでお得に外食代を節約が可能。

ちなみにランチをお手頃な値段で出すお店側の理由としては、ランチメニューは限定されたメニューのため、仕込みや調理がディナーより簡単であることや、人件費が夜より安いことが挙げられます。また、お店のランチで気に入って貰えたら、ディナーにも来てくれる可能性が高まると期待しているからのようです。

2,クーポンを活用する節約アイディア

グルメクーポンを利用することで、外食代を節約しましょう。
主なクーポンの入手方法は、

・お店の公式サイトから入手する
・グルメサイト(ぐるなび、ホットペッパーなど)から入手する
・クーポンサイト(くまポン、GROUPON、クーポンサイトjpなど)から入手する

など、さまざまな方法があります。

ちょっと面倒なようですが、行きたいお店のクーポンをネットで検索するだけで、外食代がかなり安くなる場合やプレゼントが付くこともありますので、オススメしです。

3,クレジットカードを活用してする節約アイディア

外食の精算にクレジットカードを利用すると、ポイントが貯まることはよく知られていますが、クレジットカードによってはポイントが貯まりやすいお店があります。たとえば、楽天カードをお持ちの方は、楽天ダイニングでWeb予約すると100ポイント貯まり、楽天カードで支払うとさらにポイントが付与されます。

4,誕生月割引を利用して節約するアイディア

飲食店では、誕生日を迎える顧客向けに、誕生日割引や特別なプレゼント(飲み物1杯無料やケーキ無料サービスなど)を行っています。これらの情報は、インターネットでも入手できますし、会員カードを作っている場合は、誕生月前にお店からハガキやメールで連絡が来ることも。

こうした情報を元に、誕生日割引を利用すれば、いつもよりお得に外食を楽しむことができますので、お誕生月が近い方はぜひチェックしてみましょう。

電気・水道・ガスの節約アイディア

1,電気代の節約アイディア・電力会社を見なおす

2016年4月から電力が自由化され、電力会社を消費者が選べるようになりました。そのため共通ポイントが貯まるプランや、料金体系がシンプルなプラン、割安な電気料金になるプランなど、各社がさまざまなプランがあります。その中から自分に合ったプランを選び、電気代を節約しましょう。

どのプランが一番よいのかわからない方は、電力比較サイトを利用がオススメ。たとえば「エネチェンジ」の場合は、住所や世帯人数・在宅状況・現在の電力状況(電力会社・プラン名・アンペア数・電気利用量)などを入力すれば、比較データを入手することができます。まだ電力会社の見直しを行っていない方は、電力比較サイトで現在の電気料金と比べてみてはいかがでしょう。

2,ガス代の節約アイディア・契約を見なおす

2017年4月から都市ガスの小売り自由化が始まり、ガス会社も選べるようになりました。とはいえ、どのガス会社を選ぶべきかわかりませんよね。そんな時は「価格.com」の「電気・ガス料金」サイトにある「ガス料金シミュレーション」を使うと便利です。

またプロパンガスは、都市ガスよりも高い傾向にありますが、プロパンガス供給が 1社独占状態の地域では、通常料金より高めに設定されていることもあります。そのため、プロパンガスをお使いの方は、同じく価格.comのサイト内にある「プロパンガス(LPガス)一括見積もり」で適正価格を調べてみるとよいでしょう。

3,水道代の節約アイディア・シャワーヘッドを交換する

水道代の節約で、今一番注目を浴びているのが節水シャワーヘッドへの交換。これは文字通り通常のシャワーヘッドから節水シャワーヘッドへ交換するだけで水道代が下がるのでとてもお得。

2017年11月2日時点での楽天シャワーヘッドランキング1位は、「Arromic節水シャワーProプレミアム」で、節水効果はなんと最大70%だそうです。

そして最近販売されている節水シャワーヘッドは、従来悩みの種だった水量の低さが克服されたうえ、形もスタイリッシュになっています。価格は5千円台からありますが、長い目で見るとかなり水道代が節約できそうです。

旅費の節約アイディア

飛行機

旅行中も節約できる!

1,飛行機や新幹線の節約アイディア

飛行機代は、LCC(格安航空会社)の利用や、正規航空会社でも早い時期に予約することで割引航空券を利用して節約することができます。また各航空会社では、期間限定で航空券のバーゲンセールを行うことも。

セールの情報は、各航空会社の会員になるとメールやLINEで情報が届きますので、よく使う航空会社は会員登録をしておくとよいでしょう。

新幹線は、JR東日本や東北・山形・秋田・北海道新幹線などを利用する場合、「えきねっと」を利用することで節約できます。「えきねっと」は無料の会員登録をすることで、えきねっと限定の割引きっぷ「トクだ値」や、乗車日13日前までの申込の場合は「お先にトクだ値」を利用すれば、なんと25%近くの割引を適用できる可能性があるんです。

またJR西日本をお使いの場合は、「東京往復スーパー早得きっぷ」を使うと、通常の往復料金よりも7千円以上節約になります。また、50歳以上の方はJR東海の「50+(フィフティプラス)」に入会(年会費・入会金無料)すると、お得なセット旅行で新幹線も格安に。他にも多くの節約できるアイディアがありますので、ぜひネットで検索してみましょう。

2,ホテル予約の節約アイディア

国内旅行は比較サイトを使って節約しよう

日本国内のホテル予約では、HIS主催の「旅プロ」を使うと、じゃらんやJTB、一休や楽天トラベルなど、計26社が提供するホテルの最安値プランを簡単に比較・検索することができます。このような比較サイトを利用することで、ホテル代を最安値で予約することができますし、さらに朝食付きやグレードアッププランなどの特典が付くことがあります。

海外旅行はブッキングドットコム・エクスペディアで節約

また海外旅行でのホテルでは、エクスペディアやホテルズドットコムなどのサイトに会員登録してから予約することで、正規料金よりも格安で予約することも可能。また、会員登録していると、ポイントが貯まり、次回のホテル料金にポイントを使うことができます。今回だけではなく、次回以降のホテル代も節約になりますので2度お得ですね。

3,観光費用の節約アイディア

旅行を楽しんでいると、観光に使う費用も積み重なると意外と高額になりがちです。そんな観光費用の節約方法のひとつとして、「周遊パス」の利用があります。たとえば大阪観光の場合は、「大阪周遊パス」を購入すると、無料で観光できるスポットが35か所と、電車やバスが1日乗り放題になります。この大阪周遊パスは大阪エリア版の1日券が2,500円、2日券が3,300円となっており、2日券のほうがよりお得です。

金沢の場合は「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」があり、金沢の9割以上のバスが乗り降り自由になるうえ、対象の施設が割引になる特典もついてます。このような観光パスは全国各地にありますので、旅行前にはこのようなお得なパスがあるかどうかを確認し、観光費用を節約してみましょう。

4,ホテル+航空券の節約アイディア

宿泊費と航空券の節約には、航空各社や旅行会社が販売している「出張パック」や「パッケージツアー」(以下、パックツアー)を利用する方法があります。パックツアーは、団体割引運賃を利用した飛行機と事前仕入れしたホテル代を組み合わせているため、個人がホテルと航空券を別々に予約するよりも安くなるんです。

またパックツアーは、パック内のホテルの中から好きなホテルを選べますし、宿泊予定期間内でのホテルの変更などのアレンジも可能。また、ホテルで使える金券や朝食などの特典がついていることもありますので、ぜひチェックしてみましょう。

ネットで情報収集し、節約アイディアをスマートに実行しよう

いかがでしたでしょうか。これらの節約アイディアは、ネットで検索する手間や、ちょっとした行動でだけで、ストレスなく簡単に節約できるものばかりです。日々の細かな節約も大切ですが、外食や旅行、インフラでの節約は積み重なると金額が大きくなりますので、節約アイディアひとつで大きな金額が節約できることがあります。

インターネットは節約アイディアの宝庫であり、知っている人しか得をしないことが非常に多いものです。「これってもう少し安くならないのかな…」と思う時は、ぜひネットで検索する癖をつけ、節約アイディアを実生活でも活かしていきましょう。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE