MENU

住宅ローンが残っているマンションでも売却はできる?


マイホームとして購入したマンションを売却するとき、住宅ローンが残っている場合そのマンションを売却することはできるのでしょうか。ローンを完済しないとマンションは売却できないのでしょうか?ローンが残っているマンションを売却する方法とは?

関連記事

住宅ローンが残っていてもマンションを売却することはできます。

結論からいうと、住宅ローンが残っていてもマンションを売却することはできます。

ただし、「そのマンションに設定されている抵当権を外す」ことが条件となります。それはどういった方法があるのでしょうか?

マンションの抵当権を外す。

ほとんどの方はマンション購入時に住宅ローンを組むことになります。

その際に設定されるのが「抵当権」です。抵当権とは、いわばその住宅ローンに対するカタで、ローンを完済すれば外されます。一般的には、不動産やマンションは抵当権がある場合、売却することができないというルールがあります。では、マンションの抵当権はどうやって外すのでしょうか。

1,自己資金でローンを一括返済

自己資金で抵当権を外すことができる方は沢山いらっしゃるわけではありませんが、最もシンプルな方法だといえるでしょう。

2,売却代金で一括返済

マンションを売却した代金で一括返済するというものです。しかしこのケースも多くあるわけではありません。マンションは築年数などの関係から価値が下がっていることが多く、購入時の価格を大きく下回っているケースがほとんどだからです。しかし可能性がゼロなわけではありません。中古マンションの需要が伸びている一部の首都圏や、都市の中心部ではこの方法を利用できることがあります。

3,売却代金+残債を自己資金で一括返済

売却代金に加えて自己資金を補てんし、ローンを完済する方法です。残債に近い金額で売却できれば、数十万円の持ち出しで済みますが、何百万円下手をすると何千万円も残ってしまうと、現実問題としてとても支払うことはできません。

上記の方法で、2か3のどちらのケースになるかは、そのマンションの売却価格が非常に重要です。そのマンションの価格とローンの残債がいくらなのかをしっかりと把握することが大切です。

より高くマンションを売却するには、複数の会社に問い合わせをし、しっかりと価格や提案を比較することが必要です。

買い替え先の住宅ローンに上乗せすることもできる

買い替えの場合、新しい買い替え先の住宅ローンに残債を上乗せすることもできます。ただし、借入金が増えてしまうため、審査も厳しく、また本当に返済できるのかも慎重に検討する必要があります。

任意売却という方法も

また、上記の方法以外で、月々のローン返済が苦しい場合、マンションを売却しても残金を一括支払いできない場合は「任意売却」という方法もあります。
不動産会社が債務者(住宅ローンを払っている人)と債権者(金融機関)の間に入って、債権者の合意を得て、住宅ローン残高を下回る金額で売却できる取引のことです。

[PR]:お持ちのお家やマンションにどれくらいの価値があるのか気になる方は下記サイトより無料でご相談することができます。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE