MENU

窓を開けたまま就寝する人が半数以上!就寝中の窃盗にご注意

大きな窓のある寝室

窓を開けたまま寝る女性は意外と多い


寝苦しい夜が続くと、つい窓を開けたまま寝てしまう人もいるのではないでしょうか。
冷房による冷えや節電を気にする女性には特に、就寝時、エアコンを使わず窓を開ける人が多いようです。
しかし、株式会社アルコムが実施した『夏と犯罪に関するアンケート調査』から、窓を開けっぱなしで寝てしまうことの危険性が見えてきました。
防犯対策のひとつとして、ぜひ参考にしてください。

関連記事

夏の夜、窓を開けたまま寝ていませんか?

夏は、寝るときもエアコンを使う人が多いと思いがちですが、20~40代の女性を対象に行われた今回の調査では、エアコンを使わず、窓を開けっぱなしで寝る人もたくさんいることがわかりました。

窓を開けたまま就寝する人が半数以上

「暑い時期に窓を開けたまま就寝することはありますか」の結果

エアコンが苦手な女性は窓を開けて寝てしまう!?


『暑い時期に窓を開けたまま就寝することはありますか』の質問では、『よくある』、『時々ある』と答えた人が合わせて53.5%に。
半数以上の女性が窓を閉めずに寝ているという驚きの結果になりました。

持ち家の人は安心感によって無締まりに!?

暑い日に窓を開けたままで就寝しない人の住居形態

賃貸と持ち家の差は何?


次に、窓を開けたまま寝ることが『全くない』人の住居形態を見てみましょう。
賃貸の一戸建て住宅に住んでいる人がもっとも多く、次に賃貸の集合住宅、持ち家一戸建て、持ち家の集合住宅と続きます。
持ち家より賃貸のほうが、就寝時の戸締りをしっかり行っている人が多いことがわかりました。
持ち家には安心感があるのでしょうか…。

窃盗犯は『窓』からの侵入が第1位

「窓を開けっぱなしにしてもきっと大丈夫」や、「まさかうちは狙われないだろう」などと、楽観している人は多いと思います。
しかし、警視庁によると、侵入窃盗犯は『窓』から侵入することがほとんど。
しかも、窓ガラスを割って侵入するより、施錠していない窓から入ることが多いそうです。
ですから、しっかり戸締りをすることが、防犯対策には重要なのですね。
出掛けるときはもちろん、寝るときも窓を閉めることが、安心・安全な生活につながります。

暑さ対策をして快適な睡眠をとろう

ベッドで熟睡する女性

窓を締めても気持ちよく眠りたい…


しかし、そうはいっても、部屋の温度はぐんぐん上がり、つい窓を開けたくなることも。
そんなときは、アイス枕などで頭や脇の下を冷やしたり、冷感シーツを使ったりしてみましょう。
熱を持ちやすい部位を冷やすことで、少し涼しく感じられます。
また、設定温度を高めにすることで、エアコンによる体のだるさが軽減するかもしれません。
窓を締めても就寝しやすい、快適な部屋をつくりたいですね。

安心して生活するために、防犯カメラを導入することも

窓を閉めても不安が残る人や、さらに安心できる環境で生活がしたい人は、防犯機器を取り入れてみてはいかがでしょうか。
『株式会社アルコム』は、安全な防犯設備の普及を通じて、安心して生活できる環境づくりを目指す会社。
資格を持った防犯設備士が、各家庭に合った機器の提案から設置後のサポートまでしてくれるので安心です。
詳しくはホームページを見てください。
株式会社アルコムhttp://www.arucom.ne.jp/

今日から『窓』の開けっぱなしはやめよう

生活をしていく中で、油断してしまうことは多いもの。
しかし、犯罪が起こってからでは取り返しがつきません。
自分と家族を守るためにも、防犯対策をしっかり行いましょう。
今日から寝るときは、窓が閉まっているか確認してくださいね。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE