MENU

マイホームに住みながら家を売却できる『リースバック』昭和リースから登場

リースバック

注目が集まるリースバック


『今住んでいる家でずっと暮らし続けたいけど、住宅ローンの支払いが苦しい。』
『住宅ローンを支払っている途中だけど、急にまとまった資金が必要になった。』
という家庭は、決して少なくはありません。

そんな人達への救済措置になると期待されているのが、『リースバック』。
これまで似た事業として『リバースモーゲージ』がありましたが、リースバックはそれよりも身近な存在になりうるでしょう。

今回は、リースバックのことを知らない人のために、リースバックの基礎知識と利用するメリットを紹介します。合わせて、株式会社新生銀行、昭和リース株式会社がスタートした新しいリースバックプランもチェックしてみましょう。

関連記事

リースバック事業とはどんなもの?

リースバック

メリットと魅力はどこにある?

リースバック事業は、業者が申込者の住宅査定を行った上で物件評価額を決め、双方が合意したら住居を購入します。契約成立後、申込者は物件評価額を一括で受け取れます。

その後、申込者は今まで通り同じ住居に住める一方で、業者に毎月のリース料を契約期間中ずっと払い続けなければいけません。

リバースモーゲージとはどう違うの?

リースバックによく似た事業に、リバースモーゲージが挙げられます。

リバースモーゲージでは、申込者は持ち家を担保にして、金融機関から融資を受けられます。
融資を受け取った後は同じ住居に住めるものの、死亡後は自宅を売却して、融資を一括返済しなければいけません。

『毎月借りて、最後にまとめて返す』リバースモーゲージは、『まとめて借りて、毎月返す』住宅ローンとは真逆のスタイルと言えるでしょう。

死亡後の支払いを視野に入れているため、シニア世代からの需要が高い点が特徴です。

リースバックならではのメリットは?

魅力

マンションでも適用される


リースバックのメリットはどこにあるのでしょうか。リバースモーゲージとも比較してみましょう。

買取り金額を一括で受け取れる

リースバックを申し込むと、持ち家の買取り金額を一括で受け取ることができます。子どもの教育費や、老後の資金など、まとまったお金が必要な人にぴったりですね。
買取り金額を受け取った後も、リース料金を支払えば、住み続けられるので、家を手放したくない人には合っています。

受け取った金額の使い道は自由です。リバースモーゲージの場合、受取金額の使途が制限される場合があるので、これは大きな魅力と言えるでしょう。

固定資産税がかからない

1年ごとに何万円支払わなければいけない固定資産税は、大きな負担ですよね。しかし、リースバックにすると、住居の所有者が買主(業者)に移行するので、支払い義務がなくなります。

一方、リバースモーゲージは固定資産税を納めなければいので、これはリースバックならではのメリットと言えるでしょう。

住宅ローンに追われず住み続けられる

長年住み慣れた家を離れたくないと考える人も多いでしょう。ペットの有無や子どもの学校、勤務地の都合で引っ越しが困難な人も少なくないはずです。

リースバックを申し込めば、月々の支払い金額を見直せるので、これまでよりもゆとりを持って同じ家に住み続けられます。リースバックをしたことは、近所には知られる心配がありません。

持ち家の再購入ができることも

資金に余裕ができたときには、一度リースバックを組んだ持ち家を再購入できるのも大きなメリットです。
ただし、売却価格よりも高くなることもあるので注意しましょう。

月々の支払額が安価になることも

物件価格が下落している場合、月々の支払額が住宅ローンよりも安くなる可能性があります。

リバースモーゲージよりも加入しやすい

これまで、リバースモーゲージは、原則一戸建て住宅にしか適用されませんが、リースバックであれば、マンションなど将来売却できる見込みがある物件であれば申し込むことができます。
個人しか利用できないリバースモーゲージとは異なり、リースバックは法人利用も可能です。

また、申し込む機関によっても異なりますが、年齢や年収制限がリバースモーゲージよりも緩い機関が目立ちます。若年層でも申し込めるリースバックは、お金がかかる子育て世帯の味方になってくれるでしょう。
他にも、住宅ローンの残債がある場合や、保証人なしで申し込める点もメリットです。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE