MENU

「鉄」の奥深さがわかる。職人こだわりの家具ブランド「HADA」とは?

鉄にこだわった家具ブランド「HADA」

まったく新しい「鉄」の家具ブランド

私たちの生活に不可欠でありながら、普段あまり注目されることのない「鉄」という素材。そんな鉄にこだわった「HADA(ハダ)」という家具ブランドがあります。今回は、新たに発表された新商品とともにご紹介します!

関連記事

HADAが鉄にこだわる理由

「HADA(ハダ)」は、株式会社長田工業所が西村拓紀デザイン株式会社とコラボレーションした溶接工場発の家具ブランドです。
鉄の豊かな肌触りや、素材の違いを愉しんでほしいという想いから生まれました。

職人が長年かけて培ってきた、研ぎ澄まされた”肌感覚”。
彼らだからこそ作れる家具があり、私たちの気付かない細かい部分まで配慮することができます。

HADAの家具を使えば、鉄の奥深さを実感できます。
素材が本来持つ豊かな”肌触り”を味わえる家具こそが、HADAの目指す姿です。

こだわりの新商品がデビュー

今回、HADAが2つの新商品、スツール「HADA STOOL」と、机「HADA DESK」を発表しました。

「HADA STOOL」とは?

新商品「HADA STOOL」

デザインも美しい「HADA STOOL」

「HADA STOOL」は、木・石・革製の座面とクリア塗装鉄・黒塗装鉄・真鍮のフレームを組み合わせたオリジナルデザインのスツールです。
長田工業所が長年培ってきた技術により、高難度の溶接組立を実現。
インテリアとしてはもちろん「素材の肌触りを味わうスツール」として、豊かな質感が楽しめます。

座面は肌触りの良い杉、柔らかい青色から「越前青石」とも称される福井産の笏谷石と大理石、柔軟さと高級感がある革から選べます。
フレームは鉄本来の質感を愉しめるクリア塗装鉄、妖艶で気品のある黒塗装鉄、明るく華やかな真鍮の3タイプ。

3タイプの「HADA STOOL」

座面やフレームも選べます

また、金属の溶接跡はあえて残し、独特の質感を大切にしている点も特徴。
スタッキング時も整然とした美しい姿になるようデザインされています。

「HADA DESK」とは?

新商品「HADA DESK」

使い勝手の良い「HADA DESK」

クリア塗装鉄・黒塗装鉄・真鍮の3種類の脚部と、杉の天板を組み合わせたデスク。
それぞれの個性を放つ溶接加工の脚部と、天然杉の奥深い味わいのマッチングが楽しめます。

鉄の力強さや木のあたたかさ、石の実直さなど、素材にも様々な表情があります。
HADAに触れている時は、素材に応じて気持ちも変わっていくでしょう。

鉄の魅力を感じる家具

普段、あまり意識することのなかった「鉄製品」。溶接部分にまでこだわりを持つとはまさにプロならではの発想。クリエイティブなHADAの家具は、私たちに新たな価値と発見を生み出してくれます。

【HADA商品概要】

・HADA STOOL
直販価格:80,000〜325,000円(税抜)
サイズ:W480 × D500 × H445 (mm)
座面の素材:杉 / 杉ブラウン / 笏谷石 / 大理石 / 革
フレームの素材:クリア塗装鉄 / 黒塗装鉄 / 真鍮

・HADA DESK
直販価格:191,000円(税抜)/ 169,000円(天板ハーフ/税抜)
サイズ:W1800 × D900 × H700 (mm)/W900 × D900 × H700 (mm)(天板ハーフ)
座面の素材:杉
脚部の素材:クリア塗装鉄 / 黒塗装鉄 / 真鍮

■「HADA」公式サイト
http://hadajapan.com

■製作・販売
株式会社 長田工業所:http://osadaindustry.web.fc2.com

■デザイン
西村拓紀デザイン株式会社:http://www.hndi.co.jp

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE