MENU

イマドキの家具事情ってどうなってる?持たない選択肢をする人が◯%も

白とブルーのインテリアがさわやかなダイニング

こだわりの家具に囲まれた暮らしって素敵

こだわりのつまったマイホームには、こだわりの家具を置きたい。
そう思っている人も多いでしょう。

しかし、良い家具はたいてい良いお値段がするもの。
かといってあまりに安っぽいのはインテリアが台無しに…。
みんなはどのような家具を選んでいるのでしょうか?

今回は、株式会社ディノス・セシールが行った調査結果をもとに、イマドキの家具事情についてご紹介します。

関連記事

調査概要

●調査方法 :インターネット調査
●対象エリア :一都六県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県)
●調査対象 :20代~60代の男女(事前調査は1万人《男性5,093人、女性4,907人》、
本調査は、事前調査で家具レンタルサービスの利用意向者の中から1,000人《男性489人、女性511人》)
なお、割付は性年代別に人口構成比に沿って回収しています。
●調査実施期間:2017年 9月7日(木)~9月10日(日)

良いものを長く使いたい…が、◯◯で断念する人が84.0%

家具事情アンケート

お金と現実のはざまで悩んでる


家具は良いものを長く使いたいと考えているものの、費用の高さに諦めているという人が84.0%もいることが分かりました。
ダイニングテーブル、ダイニングチェア、リビング用のソファ…など、ブランドを統一して一式そろえようと思うと、かなりのお値段となります。

また、約7割の人が家具選びにこだわるものの、なんだかしっくりこない(48.8%)、飽きてしまった(44.6%)という人がたくさんいることも分かりました。
ひょっとしたら、こだわりつつも値段を優先した結果、このようなことになってしまった…というケースもあるかもしれません。

レンタルで持たない選択肢。レンタルでもいいと思える家具は?

家具のレンタルについて

年齢が高いほど持ちたくない人が多い!


家具にこだわる人が多い一方で、家具を持ちたくないという人も。
その割合は45.3%と、なかなかの数値です。

家具のレンタルについて

レンタルで費用を抑えたいけど、こだわりたい!


かといって、家具へのこだわりがないかと言えば、そうでもないよう。
66.1%の人が、家具にこだわりたいと回答しています。

レンタル否定派の声としては、中古品のイメージが原因のよう。
中古品の場合、誰が使ったのかよく分からず清潔に不安があるという声もありました。

家具をレンタルする5つの魅力

1.初期費用が安い

レンタルの場合、購入に比べて費用が安くなる傾向にあります。
一度にたくさんのお金がかからないので、お財布にも優しいですね。

2.引越しが楽

引越しの場合は家具を返却してしまえば良いので、引越し代の節約にも。
また、家具がない分引越しの準備も楽になるでしょう。

3.子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせて家具を変えやすい

すくすく育ち、すぐに大きくなる子ども。
少しの間しか使わないベビーベッドなどは、レンタルしている人も多いのではないでしょうか。
ベビーベッド意外にも、ダイニング用のベビーチェアなど、一時期しか使わない家具は意外と多いもの。
レンタルで済ませられれば、経済的にも助かります。

4.模様替えが気軽にできる

飽きたからといって、気軽に買い替えしにくいのが家具。
しかしレンタルなら、気軽に模様替えができます。
いつも新鮮な気持ちで過ごせそうですね。

5.処分の手間を減らせる

家具を買い替えようと思うと、古い家具を処分しなくてはなりません。
粗大ごみに出したり、リサイクルショップに持って行ったりと方法はさまざま。
しかし、いずれの方法も手間がかかります。

レンタルなら、返却して新しい家具を受け取るだけ。
処分の手間を減らせるので、気軽に家具を楽しむことができるでしょう。

持たない気軽さで快適な暮らし

ライフスタイルが変われば、日々の暮らしや家に必要なものも変わってきます。
所有するのは、お気に入りのものだけ。
それ以外はレンタルにしてしまえば、気軽で身軽な生活ができるかもしれません。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE