MENU

インテリアからギフトまで!実用的で美しい日本の「かご」

かごバック

今まで見たことのない「かご」に出会えるかも


もう少し温かくなると、かごバッグがファッションに映える季節になりますね。「かご」は、ファッションとしてだけでなく、インテリアやギフトなどにもピッタリです。日本の「かご」は、素材・形・用途ともに豊富。世界中を見渡しても、これほどまで種類豊富な「かご」は、なかなかありません。そんな「かご」が集まったイベントが月末より開催されます!

日本中の「かご」が阪急うめだ本店に大集合!

阪急うめだ本店で日本中の「かご」を集めたイベント「美しいかごマルシェ」が開催されます。開催期間は、3月29日から4月3日です。集められた「かご」を買うこともできますし、ワークショップに参加して自分で「かご」を作っても良いでしょう。

インテリアスタイリストとして活躍中の小澤典代さんや、老舗の荒物問屋松乃屋の店主である松野さん、かご作家の渡辺文明さんなど、魅力的な方々も登場します。トークショーやレクチャー、ワークショップなどでお会いできますが、中には参加人数が限定されているイベントも。

開催イベント一覧

3月29日(水)

インテリアスタイリスト小澤典代×「松野屋」店主松野のトークショー『かごのものづくりと暮らしへの取り入れ方』
時間:14時~(60分)
費用:無料、観覧自由
定員:―

「かご」にあこがれはあるけれど、うまく活用できなくて…。このような悩みをお持ちの方は、ぜひ参加すると良いでしょう。

インテリアスタイリスト小澤典代のトークレクチャー『日本のかごの魅力と使い方』
時間:16時~(60分)
費用:無料、観覧自由
定員:―

インテリアスタイリストからレクチャーを受けられるなんて、めったにない機会です。部屋のイメージを変えたい方や、模様替えを検討している方などは、参考になるかもしれません。

3月30日(木)

ワークショップ『春のスワッグつくり』
時間:11時~、14時~(各回60分)
費用:3,240円
定員:各回先着8名

スワッグとは髪飾りのことです。「かご」の材料で作るのでしょうか。涼しげで浴衣にあいそうなスワッグができそうですね。

4月1日(土)

ワークショップ『暮らしの雑貨「松野屋」あずま袋作り』
時間:14時~(60分)
費用:3,240円※別途てぬぐい代(有料)
定員:先着8名

あづま袋はかごに入れて使います

中の袋を変えるだけで何通りものアレンジが楽しめる!


あづま袋とは、かごバッグの中に入れて使う風呂敷バッグのことです。かごバッグの中に入れて使うだけではなく、小物入れなどとしても良いでしょう。

4月2日(日)

ワークショップ『かご作家渡辺文明「四海波」花かご作り』
時間:13時~、15時~(各回90分)
費用:3,240円
定員:先着10名

「四海波」花かご

「四海波」は初心者でも作りやすい編み方


「四海波」は「かご」の編み方の1つ、「花かご」は花を入れるための「かご」のことです。
花かごを花器としてフラワーアレンジメントをすれば、贈り物としても喜ばれるでしょうかごの隙間からオアシスが見えないように、風呂敷などを敷くとより素敵です。

新しい魅力を発見しよう

「かご」に対する考えが広がりそうな素敵なイベントですね。この機会に、日本の魅力を再発見できるかもしれません。ワークショップは人数が限定されているため、早めに行くと良いでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE