MENU

インテリアのプロが自宅をコーディネートしてくれる!?

インテリアコーディネート
「インテリアにこだわりたいけど何から始めたらいいのだろう」「模様替えをしたいけれど、どうすればいいのだろう」「家具を新調したいけど、どれが部屋に合うのだろう」

プロが考えてくれたらいいのに・・・

と思ったことはありませんか?
しかしプロにお願いするとなると、相当なお金がかかってしまうし、そこまでしなくてもいいかと、あきらめてしまうことがほとんどですよね。

でもまだあきらめるのは早いです!

なんと格安でインテリアのプロが自分の部屋をコーディネートしてくれるチャンスがあるのです!

専門家に相談できるとは

そのチャンスを提供してくれるのは、タイムチケットというサービスです。

タイムチケットというのは、だれでも自分の時間を売って、自分の持っている知識や資格などを生かしたお仕事ができるサービスです。またそのサービスはお金を払えばだれでも利用できます。

たとえば、「プログラミングに興味のある方相談に乗ります」「プロフィール写真撮影します」などプログラミングやカメラが得意な人が、そのチケットを購入すると相談に乗ってくれるのです。

そのタイムチケットのなかに、インテリアコーディネーターの資格を持った人が相談にのってくれるチケットがあります。

つまりこのタイムチケットを利用すれば、業者に依頼するよりはるかに安く、気軽にプロに相談することができるのです!

どうゆう風にアドバイスしてくれるの?

インテリアコーディネーターと相談
とは言っても実際タイムチケットでインテリアについてのアドバイスがもらえるってどんなことをしてくれるのか気になりますよね。

内容はチケットを販売している人(ホスト)によって様々ですが、
お客様からのヒアリングから、作りたい部屋の雰囲気をくみとってアドバイスしてくれるのがほとんどです。

インテリアコーディネーターの資格を持ったホストは、部屋の間取り図や寸法から家具の配置図を描いてアドバイスしてくれたり、イメージに合った家具やインテリアを相談しながら選んでくれます。

またヒアリング後、実際に家に来てアドバイスをしてくれるホストもいるようです。

ほかにもオンライン上で相談にのってくれるチケットもあるので、自分にあった相談方法が見つかりそうですね。

気になる時間と値段

そして気になるのが、なんといってもチケットの値段です。

時間と値段はチケットによって異なりますが、だいたい60分~120分3000円~1万円で相談に乗ってくれます。

おどろきです。
ほんとうに1万円以下で資格を持ったプロがインテリアの相談に乗ってくれるのです。

時間の延長もチケットを販売している人によりますが、10分以内であればサービスしてくれるホストもいるのでうれしいですね。

チケット購入者の感想

しかし実際に利用した人は満足しているのか、ちゃんとアドバイスもらえたのか気になりますよね。
レビューを見てみたところ、利用した人は非常に参考になった、次回も利用したいなどいい印象ばかりでした。

「知識が非常に豊富ですぐ答えをいただけてたくさんアドバイスも頂けました」

「漠然とした部屋のイメージを自分の部屋にあったコーディネートに具現化してもらえて、とても満足」

など資格をもったプロでしかできないアドバイスがもらえたことや

「必要な家具をその場でネット検索してくれて、探す手間が省けて助かった」

「1時間でも充実したアドバイスがもらえて満足。次は子供部屋や寝室も相談したい」

など限られた時間の中でも、十分に満足できるほど親身に相談に乗ってくれるという感想が多かったです。

これほどの好印象のレビューが集まっていればもう今すぐに頼んでみたくなります。

タイムチケットは安全なの?

タイムチケットはホストと購買者の一対一のダイレクトメッセージでやり取りをします。
しかしタイムチケットがすべての取引を仲介しており、お金のやり取りは仮支払し、会った後に問題がなければ実決済されるため安心です。

迷ったら相談!

今までプロには相談したくても、できなかった人も、タイムチケットを利用すれば、気軽に資格を持ったプロがアドバイスをくれる機会があるなんて、驚きですよね。

ぜひタイムチケットを活用して思い通りの部屋づくりに挑戦してみてください!

タイムチケット:https://www.timeticket.jp/

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE