MENU

家に土を持ち込まない!セラミスグラニューを使った室内ガーデニングに挑戦

家に土を持ち込まない!セラミスグラニューを使った室内ガーデニングに挑戦しよう

室内ガーデニング


庭がなくてもガーデニングを楽しみたい!という思いからいま、室内ガーデニングが流行しています。しかし、室内に土を持ち込むのに抵抗を持ったり、土から虫が湧いてくるのではないか、と育てる楽しみよりもマイナス面を考えてしまいますよね。

しかし、土を部屋に持ち込まず、部屋の中で植物を栽培できる方法があります。それがセラミスグラニューを使った室内ガーデニングです。

関連記事

セラミスグラニューとは

セラミスグラニューとはドイツで開発された室内園芸用の人工用土です。天然の粘土を高温で焼きあげ、粉砕して作られており、オレンジ色の細かい粒が特徴です。

人工用土のため室内が土で汚れる心配も、虫の発生におびえる必要もありません。これぞ室内ガーデニングに最適な土です。

メリット

そしてセラミスグラニューを使った室内でのガーデニングには以下の様なメリットがあります。

  • 優れた保水能力

  • セラミスグラニューに水を与えると100%吸収し保水します。そのため水やりを頻繁に行わなくても、植物はセラミスグラニューから必要な時に適度に水を吸収することができます。

  • 高い通気性

  • セラミスグラニューは多孔質のため通気性が高く、また水はけも良いため、植物の根元まで酸素を供給しやすくなっています。

  • 清潔

  • セラミスグラニューは無菌・無臭であり、何度も洗って使えます。また優れた保水性があるため、容器の底に水がたまりにくく、衛生的です。

  • 水やりがラク

  • 飾ってある環境や植物により多少異なりますが、基本の水やりは週に一回で大丈夫です。また、水がなくなると表面が乾燥してオレンジ色が褪せてくるので、水やりのタイミングもわかりやすいです。

  • あらゆる容器に植え替えできる。

  • セラミスグラニューでは容器の底に穴が開いていないものでも栽培ができるため、ガラス瓶や陶器でも栽培できます。お気に入りの容器に植え替えができ、インテリアの楽しみが広がります。

虫に強いセラミスグラニュー

また植物の栽培でつきものなのが、虫との対面。特にコバエの発生はうっとうしいですよね。植物の周りに発生するコバエは主に、土や水から孵化して発生します。

ですが、セラミスグラニューは人工用土のため、土からのコバエ発生の心配はありません。また保水能力により、底に水が溜まらないため、卵を産み付けられる心配もありません。

安心して室内でガーデニングを楽しめます。

水耕栽培との違い

土を使わない、葱の水耕栽培

土を使わない、葱の水耕栽培

セラミスグラニューと同じく、室内ガーデニングで人気を集めているのが水耕栽培です。水耕栽培は土を一切使わず水と液体肥料のみで植物を育てます。セラミスグラニューは人工土、水耕栽培は水のみで育てる、といった違いがあります。

セラミスグラニューは根を傷付けないで植え替えができる

そんな水耕栽培ですが、買ってきた苗から育てる場合、土をきれいに取り除いて水に付け替えなければなりません。そのため根を痛めてしまい、うまく育たなくなる場合があります。

しかしセラミスグラニューで苗から育てる場合、苗についた土を軽く落とす程度で、根を傷つける心配がありません。植え替えも楽で、安心して育てることができます。

水の管理に気を付けよう

植物を育てる上でもっとも大事なのが、水です。しかし、水をやり過ぎると高温多湿を招き、根腐れやカビの発生につながります。管理に気を付けて健康な植物を育てましょう。

適度な水やり

植物の種類にもよりますが、セラミスグラニューの表面のオレンジ色が色あせてきたら乾いてきた証拠です。容器の1/3~1/4程度のお水をあげましょう。

水が足りているか不安な場合は「セラミスインジケーター」という水量管理用器具を使うと安心ですね。また根腐れが心配な方は、根腐れ防止剤を容器の底に入れておくといいでしょう。

室内栽培で注意すること

室内栽培で注意すること
セラミスグラニューでの栽培に関わらず、室内で植物を栽培する際の注意点です。

  • 直射日光を避ける

  • 植物は直射日光に弱いです。しかし、日が当たらなさすぎるのも光合成ができず枯れてしまいます。窓際など適度に日が当たるところに置きましょう。

  • エアコンの風に注意

  • エアコンの風に当たると、植物はしおれてしまいます。エアコンの風を避けたところに置きましょう。

  • ほこりをとる

  • 室内では、植物にホコリが溜まって光合成の妨げになります。適度にほこりを払ってあげましょう。

    室内ガーデニングで緑のある暮らしを

    室内での観葉植物をはじめトマトなど野菜栽培に活躍できる、セラミスグラニュー。土を部屋に持ち込まず、虫を寄せ付けにくいのがとても魅力です。衛生的で見た目もかわいいので育てたくなりまね。
    ぜひ暑い季節には室内でのガーデニングに挑戦してみましょう!

    この記事は役に立ちましたか?

    もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

    いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

    家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

    賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
    気になったら、こちらの記事をチェック!!

    マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE