MENU

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと

121908298_Subscription_Monthly_M
 

こんにちは、すみかる編集長の千歳です。
マイホームは欲しいけど、35年の住宅ローンを背負うのはイヤだ。
住宅ローンを背負って返済のために必死に働くぐらいなら、ずっと賃貸で気楽に、そして自由に暮らしたい。
そう思う方も多いのではないでしょうか。

マイホームと賃貸、どちらを選ぶべきか、これはとても難しい問題です。
どちらが得なのかシミュレーションをしても、正直、これには答えがありません。

それに、マイホームか賃貸かを考えるとき、大切なのは損得だけではないのです。
では一体どうやってマイホームと賃貸を選べばいいのでしょうか。

関連記事

目次

 

損得で考えても、意味がない

マイホームか賃貸かを考える上でポイントになるのが、お金の話、ですよね。
マイホームを買った場合にかかる費用、一生賃貸に住み続けたときにかかる費用。
70歳以上になるとマイホームの方が有利になるとか。
老後の備えをしておけば、賃貸でも心配いらないとか。

そんなシミュレーション、あなたも見たことありませんか?
シミュレーション自体は正確なのかもしれませんが、実はそのシミュレーション、あまり重要ではないのです。

 

あなたの大切なものは何ですか?

マイホームか賃貸かを損得で考えるシミュレーション。
これ、実はあまり重要ではないのですよね。

その理由は、人によって「大切なもの」が違うからです。

ある人は、毎年家族で出かける旅行が何よりも大切かもしれません。
またある人は、家族と家で過ごす時間が何よりも大切かもしれません。
はたまた、車やバイクなど自分の趣味に没頭する時間が、何よりも大切な人もいるかもしれません。

少し例を上げてみましたけど、これって、どれも正解でもなければ間違いでもないですよね。
その人にとっては、それが一番大切だし、それの為ならお金も時間もたくさんかけたい。
そう思うはずですよね。

・・・そうなんですよ、マイホームか賃貸なのかも、これと同じなんですよ。

マイホームを買うのは、「買ったらお得だから」買うのではありませんよね?
マイホームを買うことで、「憧れの暮らしを手に入れられるから」買うのですよね?

つまり、そういうことなんです。

では、もう少し、マイホームと賃貸をそれぞれ深く掘り下げてみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE