MENU

2017/04/15

夫がイクメンに目覚めるかも!六本木で大規模な保育イベントが開催

パパにも育児に協力してほしい

保育は家族で協力


イクメンという言葉も浸透し、育児に協力的なご主人も増えてきたことでしょう。しかし、一方で「夫が育児に協力してくれない」という家庭も少なくありません。都心部では、待機児童が深刻な問題となっており、育児ママの負担は計り知れません。

地方では子供が少なく、廃園する保育園・幼稚園も珍しくありませんが、保育園・幼稚園のためだけに地方へ移住するというのも現実的ではないでしょう。そこで今回は、ご主人がイクメンに目覚めてくれるかもしれない、素敵なイベントをご紹介します。

第1回 みんなの保育の日2017が六本木で開催!

みんなの保育の日

4月19日は六本木に集合!


4月19日(水)13時より、六本木ニコファーレにて、第1回 みんなの保育の日2017が開催されます。このイベントでは「保育=子供を社会みんなで育てること」と定義。また、今回のイベントを、社会で子供ををだてる運動を新しく創り出し始めていく日として定めました。

当日は、保育に関するパネルディスカッションや、保育サービスのプレゼンテーションなど、保育に関する様々な話が聞けるでしょう。参加したいけれど、遠方で行けないという方でも大丈夫です。当日、ニコニコ生放送で全プログラムを見ることができます。

イベント詳細

日時:2017年4月19日(4(フォー)19(いく)=保育) 水曜日 13:00~20:00
※プログラム詳細は、公式サイト(http://419.jp)からご覧ください。
場所:六本木ニコファーレ (東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル地下1F)
ニコニコ生放送(http://live.nicovideo.jp/watch/lv293012379)にて全プログラム生放送
参加:どなたでも出入自由 参加無料 (会場収容人数150人程度)
司会:ホリプロ保育園 安田美香

<みんなの保育の日 実行委員会>
■事務局:こども法人キッズカラー/認定NPO法人フローレンス
■共同主催:(社福)あすみ福祉会茶々保育園グループ、㈱グローバルキッズ、 ㈱小学館、全国医療的ケア児者支援協議会、全国小規模保育協議会、日経DUAL、日本病児保育協会、㈱ネオキャリア、㈱フォトクリエイト、㈱リクルートマーケティングパートナーズ
■協賛:㈱hugmo、㈱ママスクエア
■協力:こどもみらい探求社、㈱ドワンゴ、ホリプロ保育園
■後援:厚生労働省/経済産業省

4月19日はみんなの保育の日!保育について考えよう

笑顔の女の子

子どもが笑顔でいられる社会に


「みんなの保育の日」は、2015年に登録されたばかりの新しい記念日です。4(フォー)19(いく)=保育という語呂合わせにより4月19日が選ばれました。なお、「みんなの保育の日」制定に一役買ったのは、こども法人キッズカラーです。

こども法人キッズカラーは、「子どもの”イマ”を虹色に。」を合言葉に、子どものカラー(個性)が生かせて大人にとっても意味のあるサービスを開発・提供している会社です。また、今回のイベントの事務局としても活躍されており、保育全般に力を入れています。

こども法人キッズカラー:https://www.kids-color.co.jp/

イクメンへの第一歩は保育や育児への興味から

こうしたイベントへ積極的に参加されるのは、女性が多いかと思います。しかし、プレママや育児ママだけではもったいない。ぜひご主人も誘って参加されてはいかがでしょうか。このイベントをきっかけにイクメンに目覚め、保育や育児に協力してくれるかもしれませんよ。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE