MENU

子育て世代が気になる保育園問題…保育士はどう思っている?

保育園で遊ぶ子ども

ひとごととは言えない保育園問題

待機児童問題に保育士不足…子育て中の人ならホットな話題だと思います。
実際に待機児童問題などで悩まされている人も多いのではないでしょうか。

それでは、実際保育の現場に立っている保育士たちはどのような心境なのか。
わが子にも関わる『保育園の問題』について、保育士さんたちのアンケートを見てみましょう。

関連記事

保育士の思う『保育園の問題』トップは給与

『保育園』について、さまざまな社会問題が取りざたされていますが、実際、当事者でもある保育士の人たちはどう思っているのでしょうか。

保育士の考える保育園問題ランキング

保育士思う保育園問題のトップは『給与』

保育士を対象にした『保育園問題』のアンケートでトップとなったのが、給与水準。
次いで、保育園での死亡事故、待機児童、保育士不足、定員オーバーの児童の受け入れという結果でした。

特に給与水準に関しては、9割が問題だと考えている結果に。

現実と理想の差は約9万円

現実と理想のギャップが大きい『保育士の給与』

さらに同アンケートでは、理想の給与平均280,882円に対して、実際の給与平均は191,176円。
理想と現実の月給の差は、およそ9万円もあり、現状に満足していない保育士が多いことが分かりました。

最近では規制が緩和されてきましたが、実際保育士は資格が必要な職業です。
要資格で責任もあるのに上がらない給与、問題の根幹を垣間見た気がしますね。

退職した保育士が保育園を辞めた理由は?

保育士を辞めた理由上位3位

保育士の間でやはり給与は大きな問題

『保育園の問題』でも挙がったように、元保育士の退職理由のトップになったのが『給与』。
『安すぎる』『給与が見合わない』『責任と給与が比例しない』など、保育士の仕事の現場に見合わない給与を問題視する声が多いようです。
こうした問題が根本的に解決されないことで、『保育士不足』や『待機児童問題』にも繋がっています。

保育士に対しては世間からの『子どもを見ているだけ』という誤解も給与の低さの原因になっているのかもしれません。
しかし、実際に子育てをしている世代なら、いつケガするか分からない、いついなくなってしまうか分からないと子育てにはかなりの神経を使うということは実感しているでしょう。
世の中の理解が進んで、保育士の待遇があがり、諸問題の解決になることを願いたいですね。

それでも子どもが好き!現役8割は保育士を続けたい

少し保育士問題の暗い話題になってしまいましたが、現役の保育士は、今の仕事を続けたいと思っている人も多いようです。
調査では約8割の保育士が仕事を続けたいという結果に。

現役保育士が保育園で働きたい理由

「子どもを好きだから」という理由が保育士の心の支え

その理由の多く、約8割を占めたのが『子どもが好きだから』。
次いで、やりがいを感じられる、子どもの成長に携われるという結果でした。
わが子を預けるときも『子どもが好き』という人だと安心感がありますよね。

こうした結果を見るに、保育士を辞めてしまった人も、もともとは大きな志を胸にしていた人も多かったのかもしれません。

『保育園の問題』これからどうなる?

大きな期待を胸に保育士になっても、責任や労働時間を考えると『給与』面が十分でないという多くの保育士の声が今回のアンケートで分かりました。
保育士の切実な思いが感じられますね。
『保育士不足』『待機児童問題』など根本的な解決のために、まずは保育士の待遇が改善されることを願うばかりです。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE