MENU

まだ知らないの?イマドキの若者の『流行りモノ』ランキング

スマートフォンでアプリ操作

流行りのアプリは入ってる?


イマドキの若者に人気のある流行りものをご存知でしょうか?
日々仕事に忙殺されていると、なかなか世間の流行りにも疎くなってしまいがち。
このままでは、子どもが大きくなったときに「そんなことも知らないのー?」と言われてしまいかねません。

子どもと楽しくおしゃべりするためにも、流行りものには敏感になっておきたいですね。
今回は、株式会社マクロミルの調査結果をもとに、最近の流行りモノなどをご紹介します。

関連記事

イマドキの流行りモノはこれ!10代に人気のトップ20

10代の“流行モノ”ランキング トップ20

トップ3の人気がスゴすぎる


LINEやYoutubeなどのアプリが多く入っていることが特徴的。
流行り言葉や人気の芸能人もランクインしていることから、テレビや芸能ニュースに大きな影響を受けていることも分かります。

Twitterは、決して新しいアプリではありません。
しかし、2位という高ランク。
一方で、より新しいアプリであるFacebookはランクインしていません。

Twitterの特長としては、匿名性、短いメッセージで投稿するという手軽さや、リツイートなどの拡散機能などがあげられるでしょう。

Facebookは実名で登録するため、いつだれが何を投稿したのか?がすぐわかってしまいます。
仲間内でひっそり楽しみたいという場合には向かないアプリであると言えるでしょう。

Twitterなら、気の合う友達と匿名で気軽にやり取りができるうえ、アカウントさえ分からなければ親や先生にバレることもありません。
このような点が、若者に人気の理由かもしれませんね。

30代必見。あの頃の流行りモノ、イマドキの認知度は?

30代が10代だった頃の“流行りモノ”ランキング&イマドキ10代の認知率

アニメやゲームの影響は強い!


30代の方にとっては、懐かしく感じるものが多くランクインしていることでしょう。
たまごっちは、アニメの影響で高い認知率を誇っていますね。
ゲームボーイの認知率が高いのは、ゲームボーイアドバンスの影響でしょうか?
ゲームボーイアドバンスが発売されたのは2001年なので、さほど新しいゲーム機であるとも思えません。
ひょっとすると、他のゲームの影響かもしれませんね。

意外と知ってる?!50代が10台だったころの流行りモノ認知率

50代が10代だった頃の“流行りモノ”ランキング&イマドキ10代の認知率

認知率の高いものと低いものの差が激しい。やはりメディアの影響か


50代が10代の時に流行ったモノのランキングと、それぞれの認知率です。
ばらつきはあるものの、意外と認知度が高いものもありますね。
ピンクレディーや山口百恵などは、若手の歌手がカバーしたりすることもあるためでしょう。
ルービックキューブは根強い人気のあるおもちゃですし、こっくりさんのような会談は不滅なのかもしれません。
子どもが学校に夜の学校に忍び込んでしまう理由も、怖いもの見たさにありそうですね。

ジェネレーションギャップをネタにする勇気も必要

ニュースなどで流行りモノを把握するには、限界があるでしょう。
むしろ、子どもに聞いた方が早いことも。
「パパよりおじいちゃんのがよく知ってるね」なんて言われないように、こまめに子どもとコミュニケーションを取りつつ、流行りモノに敏感でいたいですね。

なお、今回の調査結果詳細は以下でご欄いたいだけます。
URL:https://www.macromill.com/honote/20170711/report.html

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE