MENU

新築や購入前に要チェック。風水から見た良い間取りとは?

家の間取りを考える際に欠かせない設計図

家の間取りが風水的に見てどうなのかは気になるところ

家の間取りを考える時に気になるのが、良い間取りかどうかということ。使いやすいだけでなく、風水も考慮したいという人も多いのでは?
後から「しまった!」と思わないために、家の新築や購入前に風水から見た間取りについて知っておきましょう。家相も取り入れた良い間取りや避けたい間取りの考え方をご紹介します。

関連記事

風水から見た間取りの考え方

中国で発展した風水は、地理や自然科学などをもとにした環境学。「運気アップ」というイメージが強い風水ですが、本来は「より良く暮らすための知恵」。もちろん、家の間取りに関する風水の知恵も数多くあります。

一方、日本には古来より伝わる家相学という考え方があります。これは、日本の気候風土に合わせて家の住みやすさを考えたもの。

日本では間取りを決める際、中国の環境学である風水と日本の家相学を合わせて考えることが多いようです。これが日本独自に発達した風水。より良く暮らすためのものであるという点では、風水も家相も狙うところは一緒です。

覚えておきたいのが、風水から見て良いとされるのは明るく風通しが良い間取りだということ。さらに各部屋が清潔で片付いていると良い運気を呼び込むことができます。

家相で重視する鬼門と裏鬼門とは?

間取り図と方位磁石

風水的間取りで気にしたいのが方角

日本では古くから、家を建てる時は鬼門や裏鬼門を避けることが一般的。鬼門と裏鬼門は、家相を考える時に最も重視されるものです。では、鬼門と裏鬼門とはどのようなものなのでしょうか?

鬼門とは?

家の中心から見て北東(うしとら)にあたる方角が鬼門です。鬼門は邪気が入る方角と考えられていますが、一方で自然神が入ってくるのも北東。鬼門は吉凶の影響が大きく、部屋の用途によっては避けたほうがいいものがあるとされています。

家相学では、玄関やお風呂、トイレ、キッチンなどを鬼門に置ことを避けるのが一般的です。しかし、現代の狭い住宅事情では、そこまでこだわるのが難しいというのが実情です。

裏鬼門とは?

方角でいうと、家の中心から見て南西(ひつじさる)にあるのが裏鬼門。鬼門と反対側にあたります。鬼門同様に邪気が入ってくる一方で、自然神が去っていく方角ともされています。

鬼門と裏鬼門は明るく清潔に保つことが大切。そのため、トイレやお風呂場などの水回りや玄関が鬼門や裏鬼門にある間取りは避けたほうが良いとされているのです。

一方、風水で重視するのは気の流れ。良い気が玄関から入り、家中を巡るのが良い間取りだとされています。風水の間取りでも吉凶の方角が関係しますが、この場合の方角は、生年月日などに関係するため人によって異なります。

部屋別に見た風水に良い間取り

居心地の良さそうなリビング

明るい日差しが差し込むリビングが理想

風水の吉・凶の方位は、個人の本命卦(吉方位)を割り出すことでわかります。家族で住む家の場合、基本になるのは世帯主の本命卦。本格的な風水にこだわる人はぜひ参考にしてみてください。
ただ、日本では家相学による鬼門・裏鬼門を気にすることが多いため、風水と家相の考え方を参考にして間取りを決めていくと良いでしょう。

玄関

良い気が入ってくるとされる玄関は、風水的な間取りでは最も重要な場所。風水の吉の位置に置くと良いとされ、鬼門や裏鬼門には置きません。
ただ、道路の位置や隣の家との関係などによっても玄関の最適な間取りは変わります。無理のない範囲で良い位置にしたいものです。理想的な位置でない場合でも、良い気を取り入れるために常に明るく清潔に保つように心がけましょう。

リビング

リビングは家族仲を左右する場所なので、居心地の良さを重視しましょう。気の流れを考えると、玄関から入ってリビングを通り各部屋へ行けるのがベストで、風水では吉の方角に配置します。自然光が入る間取りが理想です。

寝室

寝室は健康を保つ場所。吉の方角が良いとされますが、寝室自体の位置よりもベッドの位置に注意。ベッドを吉の方角に置くよう意識しましょう。寝室を西に置くと夏寝苦しく、北に置くと冬寒いので快適に過ごす工夫も必要です。また、寝室を階段の真下に置くと音がうるさくてよく眠れなくなるので、このような場所は避けましょう。ちなみに、風水では北枕は良いとされます。

浴室・洗面所・トイレ

風水では浴室やトイレは陰の気がこもる場所。鬼門と裏鬼門、家の中心は避けて配置しましょう。また、良い気が入ってくる玄関とトイレは離したほうが良いとされています。これらの場所は通風と換気に配慮し、常に清潔に保つことが大切です。風通しを考えると東や東南が適しています。

キッチン

キッチンは家族の和を生み出す場所。理想は明るく風通しが良いことです。吉の方角へ配置すると良いでしょう。西は、西日が当たり食品が傷みやすくなるため適しません。東、東南、西北が良いとされています。

階段

玄関を入ってすぐ、正面に階段があるのは風水から見るとあまりよくありません。これは、せっかく入ってきた良い気がすぐに2階へ行ってしまうからです。家中に良い気が回らず運気が低下してしまいます。玄関から入った気がリビングなどを巡ってから2階に伝わるよう、階段はリビングの近くに配置すると良いでしょう。

子供部屋

年齢によって適する方角は変化します。中学生頃までは東や東南に置きましょう。高校生以上の場合は、集中力が高まる北の部屋も適しています。

部屋のレイアウト例

鬼門と裏鬼門に玄関などがくるのを避けた部屋のレイアウト例

できれば避けたい間取りとは?

鬼門と裏鬼門の位置に置いてはいけないものは?

玄関、トイレ、浄化槽、車庫などは、鬼門と裏鬼門の位置に置かないほうが良いとされています。もし、それらが鬼門に位置している場合は、掃除や整理整頓でいつもきれいにしておきましょう。

一部に欠け・張りのある間取りも注意!

風水から見て望ましい建物の形は正方形か長方形。大きく欠けている間取りや張りのある間取りは注意が必要です。建築学から見ても建物の欠けや張りは好ましいものではありません。
ただ、玄関部分だけが小さく欠けている間取りはあまり気にしなくても良いでしょう。

玄関と窓が一直線上にある間取り

玄関から入ると窓が一直線上に見える間取りは、せっかく入ってきた良い気がすぐに窓から出て行ってしまうため好ましくありません。このような間取りの場合は、観葉植物やインテリアで気の流れを遮りましょう。カーテンで遮るのも良い方法です。

風水も考慮しつつ住みやすい家に

風水では、入ってきた良い運を家中に巡らせることができる間取りが良いとされています。さらに、掃除と整理整頓によって良い運気を取り込み、運気アップにつなげましょう。

ただ、風水の間取りにとらわれすぎて、その土地の使い勝手や暮らしやすさから、かけ離れた間取りになってしまうのは本末転倒です。家族構成やライフスタイルに合った使い勝手の良い、住みやすい家にすることを大切にしましょう。

良い間取りとは、暮らしやすい間取りでもあります。風水を意識しながら、自分たちにとって最適な間取りを考えると良いでしょう。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE