MENU

住宅ローンが総額400万円もお得に!?フラット35を借りている人のための借り換え術

フラット35の借り換え

毎月払い続けている住宅ローンの返済額を、一定の条件さえ満たせば簡単に減らせる方法があるのをご存じでしょうか?
それが、「借り換え」です。
今、住宅ローンの金利がとても下がっているため、過去の金利が高かったときに住宅ローン契約している方は、低い金利の住宅ローンに契約を変更することができるのです。
審査が必要なので書類の提出などが必要ですが、事務手続きのみで総支払額がなんと400万円もお得になる人もいます。
この記事では、フラット35を契約している方向けに、実際にいくらお得になるのかを計算してみます!

関連記事

【フラット35】借換融資を使ってお得に借り換え!

意外に思う方も多いかもしれませんが、「フラット35からフラット35への借り換え」で返済額を下げることができるんです。
同じ金融機関のフラット35からフラット35への借り換えもできますし、違う金融機関のフラット35へ借り換えすることもできます。

その際に利用するのが、「【フラット35】借換融資」という商品です。
借り換えは申込をすればみんなができるというものではなく、借入時と同様に審査があります。
審査で注意したいポイントは以下の通りです。

借り換えの対象となる人

・借り換えの対象となる住宅ローンの債務者と借換融資の申込人が同一であること。
・申込み時の年齢が満70歳未満の方
・住宅ローンの借入れ日から借り換えの申込日まで1年以上経過しており、かつ、借り換えのお申込日の前日までの1年間、正常に返済をしている方

借り換えをする場合は最低1年間の返済の履歴がないとできないので注意しましょう。
借入をしたばかりの方は対象にはならないのです。
また、延滞をしてしまっている方も
残念ながら借り換えができません。
1日でも遅れたら延滞扱いになり、借り換えができなくなってしまいます。
ただし、何らかの事情で1度延滞してしまっても、その後1年間正常に返済していれば審査に通る可能性があります。

住宅ローン借り換えのベストなタイミングとは? 金利が底の時だけとは限りません by 千日太郎

借り換えてお得になる人ってどんな人?!

では、借り換えることでお得になる人はどのような人なのでしょうか?
大きく2つのケースがあります。

残高が1000万円以上、借り換え後の金利差が1%以上、住宅ローンの残年数10年以上

大まかな目安として、残高が1000万円以上、借り換え後の金利差が1%以上、住宅ローンの残年数10年以上の人は借り換えることで総支払額が下がると言われています。
ただし、状況によっては0.3~0.4%の金利差でもメリットあるため、
まずは相談やシミュレーションをしててはいかがでしょうか?

もうすぐ優遇期間が終わる方

フラット35で借入をされている方の中には、フラット35Sという金利優遇がある商品で借入している方も多いのではないでしょうか。
フラット35Sの金利優遇期間は5年または10年とです。
優遇期間が終わってしまうと金利が1%上がってしますという方もいるかもしれません。
その前に借り換えをすると、返済額をあげることなく支払いを続けていくことが可能な場合があります。
特に10年ほど返済をされている方では、借り換え後の借入期間を20年以内にすると通常よりも金利が低くなります。
フラット35の金利は 21年~35年の借入期間と15年~20年の借入期間の金利に差があるためです。
もちろん借入期間が短い方が低金利になります。
最初から20年以内での借り入れは無理でも、返済が進んだタイミングであれば期間短縮が可能な方が多いです。
優遇期間の終了が近づいているタイミングは借り換えの検討にはとてもいい時期なのです。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE