MENU

2017/03/17

【ご案内】DDTプロレスリングのスポンサーになりました【iYell株式会社】

DDTプロレスリング

DDTプロレスリングの大社長こと高木三四郎氏(写真:左)と当社代表取締役 窪田(写真:右)

こんばんは、いえーる すみかる編集長の千歳です。
住生活マガジン「いえーる すみかる」を運営するiYell株式会社が、株式会社DDTプロレスリングのスポンサーになりましたのでご案内させてください。

株式会社DDTプロレスリングは、Dramatic Dream Teamプロレスリング、通称「DDT」というプロレス団体を運営しています。DDTは1997年に旗揚げし、今年で20周年を迎える歴史あるプロレス団体です。

プロレスは30代を中心にコアなファンを集めているスポーツです。家の購入を検討する世代も30代が中心であり、今後DDTと当社が連携していくことで、より多くのマイホーム検討者に当社のサービスをアピールし、後悔しない家選びができる人を増やしたいと考えております。

さらに当社はプロレスファンにアピールするだけでなく、プロレスを盛り上げる主体のプロレスラーにも幸せな住生活を実現してほしいと願っております。格闘家をはじめとした自由業者の中には、住宅ローン等の審査が通りにくく、住宅購入を断念してしまう人が多く存在します。こちらの記事(自営業やフリーランスの住宅ローンの借り方)のように、本当に色々なことを気にしなければいけないのです。
当社は、職業に囚われずに気軽に家を購入できる社会を目指し、自由業者に向けた住生活コンテンツを企画しております。第一弾として、プロレスラーの家選びを取材したコンテンツを『いえーる すみかる』に近日リリース致します。

DDTは「文化系プロレス」という切り口でエンターテイメント性を高めることにより、「怖い・よくわからない」といったこれまでのプロレスのマイナスイメージを失くし、多くの人がワクワクできるものへと進化させてきました。家の購入も従来のプロレスと同様に「怖い・よくわからない」というイメージがあります。DDTが既存のプロレスの概念を変えたように、当社も家の購入に対するマイナスイメージを心躍るものへと変えることを目指し、同じ志を抱くDDTのスポンサーとして、積極的に活動を支援してまいります。
当社は住生活応援団として、プロレスにとどまらず今後も各業界でチャレンジする方々を応援してまいります。

まずは直近、3月20日さいたまスーパーアリーナにて開催される「Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~」にて、リングのどこかに当社のロゴがあるので探してみてください!

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE