MENU

インテリアのアクセントになるカーテン。窓に合ったカーテン選びをしよう!

窓の形に合わせたカーテンの選び方みなさんはカーテンをどのようにして選んでいますか?

  • 遮光に特化したもの選ぶ
  • デザイン性にこだわる
  • 色にこだわる

などこだわりがあると思います。

しかし、こだわりを持つその前に!
ご自宅の窓の形に合ったカーテンを選んでいますか?窓の形に合わないカーテンを選んでしまうと、せっかくのこだわりのカーテンも使いづらくなってしまいます。

関連記事

カーテンの役割

まずはみなさん、カーテンの役割は何だと思いますか?カーテンは密かに私たちの暮らしを支えています。その役割は大きく分けると以下の3つがあります。

日避け

カーテンは窓から入ってくる光を和らげる効果があります。日差しが良すぎる場所ではカーテンがないと眩しくて作業が困難ですよね。またカーテンは光をただ遮るだけでなく、

  • 家具の日焼け防止になるUVカット効果
  • 夏の室内の冷房効果をアップさせる遮熱効果
  • 外の騒音が聞こえにくくなる防音効果

を備えた機能もあります。

防犯

カーテンをすることで、外からの視線が気にならず、プライバシーが守られる効果があります。都心部では家と家との距離が近いため、大変重要な役割を果たしています。

また遮光カーテンをすることで、外から室内の明かりの状況が把握できないため、在宅中か留守かの判断がしづらくなります。そのため防犯対策になります。

装飾

カーテンの色・柄・素材・形により、お部屋の印象を変えることができます。季節や気分に合わせて、カーテンの模様替えをするのもインテリアの楽しみの一つです。

窓の形に合わせたカーテンを選ぶことで、カーテンをより効果的に使用できます。今回は比較的多くの家庭で使われている窓に合ったカーテンをご紹介します。

掃き出し窓

掃き出し窓

掃き出し窓


掃き出し窓とは、窓の下が床面まであり、人が出入りできる大きな窓のことです。庭やベランダに面したリビングに多く用いられています。そのため掃き出し窓に設置するカーテンはお部屋のインテリの主役になるでしょう。

そんな掃き出し窓におすすめのカーテンは以下の2つです。

ドレープカーテン

ドレープカーテンは一般的に用いられている厚手のカーテンのことです。多くはレースカーテンと組み合わせて使用されています。

ドレープカーテンは断熱性、防音性、遮光性に優れているものが多く、光が多く入る掃き出し窓に最適です。またドレープカーテンは一番人気なだけあり、デザインが豊富です。きっとあなたのイメージにあったカーテンが見つかるでしょう。

出入りの多い掃き出し窓なので、窓の開け閉めがしやすいよう、カーテンは両開きに設置すると便利ですね。

縦型ブラインド

縦型ブラインドとはスラット(羽根)を縦に並べ、角度を変えることで光を調節するものです。バーチカルブラインドとも言います。

光の調節がしやすいのが利点です。また縦のラインの視覚効果により天井を高く見せ、お部屋を広く見させてくれます。スッキリとしたスタイリッシュな印象を与えてくれるでしょう。

そして、羽根が紐でつながっていないものを選ぶと、どこからでも外に出られるので、掃き出し窓にはもってこいです。

腰窓

窓の下枠が床面から1メートルほどにあり、人の腰の高さぐらいにあるのが腰窓です。部屋に光を取り入れるよりは、換気をするのが主な目的とされていることが多いです。

腰窓は掃き出し窓より制約が少なく、どんなカーテンでも合います。そのなかでも特におしゃれなのが横型の木製ブラインドです。

横型ブラインド

横型ブラインド

横型ブラインド


横型ブラインドはスラットを横に並べ、上下に動かして開閉します。一般的に良く見るブラインドで、ベネシャンブラインドという別名があります。

横型ブラインドの最大の利点は、スラットを調節することで、外からの目隠しをしながらも、換気ができることです。また、光の調節もしやすく、ブラインドをすべて上に引き上げることで開放感が持てます。

そして、木製のブラインドは和室との相性が抜群であり、温かみのある雰囲気を演出してくれます。そのためどんなシーンでも活躍できるのが横型ブラインドです。

換気と光の調節に優れた横型ブラインドを腰窓に設置してはいかがでしょうか。

出窓

壁面から外側に突き出した窓のことを出窓と言います。窓の下側に小物や植物などを置けるようになっています。海外のお家によくみられる窓で、憧れる方もいるのではないでしょうか?

そんな憧れの出窓にぴったりなカーテンは、スカラップスタイルのカーテンです。

スカラップスタイル

スカラップスタイル

スカラップスタイル


スカラップとはホタテ貝の縁を意味し、カーテンでは裾が波形、扇形になっているもののことを指します。

そしてスカラップスタイルのカーテンはデザイン性が高く、レースのカーテンが多いです。スカラップスタイルにすることで、窓の下側をスッキリ見せ、小物や植物も映えるでしょう。装飾性の高いレースカーテンを選べば、海外の憧れの出窓にぐんと近づきます。

小窓

幅が90cm未満の小さな窓で、主に光を取り入れるために用いられます。小窓の多くは片開き窓や上げ下げ窓が多いです。

そんな採光に最適なカーテンは以下の2つです。

ロールスクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーン


スクリーンのように上部で巻き上げるものをロールスクリーンと呼びます。カーテン以外にも仕切りや収納の目隠しとして用いられることもあります。

そしてロールスクリーンは上部まで巻き上げることで全体的にスッキリとした印象を与えてくれます。それでいて隠したいときはしっかりと隠せます。

ロールの上げ下げが楽なため、窓の開け閉めがスムーズに行えます。

シェード

シェード

シェード


シェードとは、生地を水平にたたみながら、引き上げて使用するものです。ロールスクリーン同様、スッキリとした開放感をもたらしてくれます。上げ下げ窓には、換気したいところまでシェードを上げることができるので、使い勝手が抜群です。

最近はシェードも人気で、色や形など種類が豊富になってきました。そのためインテリアとしての楽しみ方も増えそうです。

最後に

カーテンはソファやベッドに比べ、日ごろから注目することは少ないです。しかし、少し気に留めると、日差しの取り入れ方や換気の仕方に変化が生まれ、より快適な生活が送れるでしょう。
あなたのお家に適した、暮らしやすいカーテンを選びましょう!

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE