MENU

内蔵すればゆとりが生まれる。快適度がアップするマイホームの一工夫とは?

ダンボールに梱包される熊のぬいぐるみ

待ちわびた荷物が届くのは嬉しい…けど


宅配業者さんが大変らしい。
そんなニュースをテレビやインターネットでご覧になった方も多いでしょう。
そんな中で注目を集めているのが、不在でも宅配物が受け取れる宅配ボックス。

後付けタイプも多く販売されていますが、もともとの住宅が宅配ボックスを想定していないと、設置場所に困ることも。
もしこれからマイホームを建てるなら、いっそ最初から取り付けてしまいませんか?

関連記事

袖ガラス組み込みタイプ&ドア内蔵タイプ

「CONSIGNEE DOOR(袖ガラス 組み込みタイプ)」

宅配ボックスとは分からない見た目も素敵


ミサワホーム株式会社は、以前より袖ガラス組み込みタイプの宅配ボックスを販売していました。
しかし、玄関に袖ガラスは使いたくないという方もいらっしゃいますよね。
このたび新しく、ドアタイプの『CONSIGNEE DOOR(コンサイニュー・ドア)』を開発。
家の顔でもある玄関ドアのデザイン性を損なわず、機能性をアップさせました。
CONSIGNEE DOOR(ドア内蔵タイプ)

玄関ドア内蔵は、容量たっぷりが魅力

既にマイホームを建ててしまったという方も大丈夫。
既存のドアを『CONSIGNEE DOOR』へ交換することも可能ですよ。

郵便受けも内蔵できる安心感

『CONSIGNEE DOOR』は、宅配ボックスだけでなく、郵便受けも内蔵可能。
郵便物の盗難はもちろん、雨の日も郵便物が濡れる心配がありません。
このほか、10月からはゴルフバッグやスキー用品などの大型の宅配物を受け取れる外部収入スペースも運用開始に。

これでもう、荷物受け取りのために在宅する必要はありません。
また、赤ちゃんが寝ている時間帯にも安心ですね。

CONSIGNEE DOOR概要

バリエーション:郵便ポスト 1 個+宅配ボックス 1 個/郵便ポスト 1 個+宅配ボックス 2 個
受取可能サイズ:W505mm×H360mm×D130mm
※W250mm までの荷物であれば H340mm×D170mm サイズが入ります。
受取可能重量:宅配ボックス 1 つにつき 10kg まで
運用開始時期:2017 年 10 月

その他詳細は公式サイトをご覧ください。
URL:https://www.misawa.co.jp/corporate/news_release/2017/0915/

断熱だけが家の快適じゃない

快適なマイホームというと、ZEHや断熱が注目を集めています。
しかし、宅配ボックスのような仕組みを取り入れることも、家族の快適度を上げる1つの方法。
各ハウスメーカーが、日々様々な工夫を凝らしています。
住宅展示場へ行く機会があれば、ゆとりある生活をするための一工夫を探してみてはいかがでしょうか?

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE