MENU

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

不動産会社の仲介手数料
不動産会社が行っている「仲介」という仕事、よく聞きますよね。しかし、その意味を正確に知っている人は、案外多くないかもしれません。今回は不動産会社の仲介についてご説明しましょう。

関連記事

適正な取引のために確実なサポートをする不動産仲介会社

不動産仲介とは不動産の売買や賃貸の際に「売りたい人(売主)と買いたい人(買主)」もしくは「大家さん(貸主)と借りたい人(借主)」の間に立ち、売買契約や賃貸借契約を成立させることを言います。しかし具体的にどんな業務を行っているかピンと来ない人もいるでしょう。

依頼主が売主または貸主の場合

では、依頼主が「売主または貸主」の場合における不動産仲介会社の仕事内容を紹介します。

・物件を査定し、売買価格や賃貸料金の提案をする
・宣伝するための物件資料を作成する
・チラシやインターネットなどを利用して物件の宣伝をする
・売主や貸主の状況に合わせて物件の販売や賃貸のプラン提案をする
・物件下見の日程調整をする
・物件の現地案内をする
・契約書の作成に伴う調査をする
・契約書などの書類作成をする
・決済などの対応をする

不動産物件そのものに関わるだけでなく、お客さんとの対応や様々なセッティングなども含めて「仲介」なのです。

依頼主が買主または借主の場合

続いて、依頼主が「買主または借主」の場合の不動産仲介会社の仕事内容を紹介します。

・条件に合った物件の紹介をする
・物件下見の日程調整をする
・物件の現地案内をする
・売主や貸主との交渉をする
・契約書などの書類作成をする
・決済などの対応をする

各種書類の作成や手続きなども重要な業務です。
実際の不動産取引では不動産仲介会社への依頼が絶対に必要というわけではありません。たとえば親族や友達同士であれば、当事者同士での取引も可能です。
しかし不動産取引には物件に関わることだけでなく、法的手続きや難しい書類作成なども含まれます。また不動産という資産に対して適正な取引を行うためには専門知識と技術を持った不動産会社の存在が重要です。

仲介会社に依頼するためのメリットの数々

不動産仲介会社に依頼すると以下のようなメリットがあります。

・物件の公法上の権利関係や規制、周辺との相隣関係などの情報の調査
・売買価格もしくは賃料は適正かどうかの判断
・取引条件の調整
・売買代金の支払いはきちんと行われているかの確認
・物件の瑕疵担保責任についての説明
・物件の重要事項説明書や契約書などの書類作成
・その他トラブルや損害が発生した場合の解決

所有している土地や建物を売却したいと思った場合、個人間で取引をすることもできますが、トラブルが発生する可能性があります。
そういったケースを防止するのが不動産仲介会社に依頼するメリットの1つです。
また、不動産仲介会社に対して、「この土地を売りたい」と依頼すると、効果的な宣伝方法とニーズにマッチした顧客を探してくれます。

満足のいく不動産取引をするには、やはりきちんと責任を持って対応してくれる仲介会社を選ぶことが重要と言えます。
例えば、現在の不動産市場の状況を教えてくれる、条件に合った適切な物件や市場に出たばかりのおすすめ物件を紹介してくれるなど、依頼主のニーズに合った提案をしてくれる会社は信頼できるでしょう。それこそまさに「プロ」の仕事なのです。

「仲介」という仕事が具体的に見えてきて、不動産会社が実はなくてはならない存在だということが分かってきたのではないでしょうか。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE