MENU

2017/11/18

収納に困るキャンプ用品。アプリから手軽に保管依頼してみない?

テント

テントに寝袋にテーブル…。キャンプ用品の収納って大変!


キャンプや登山、バーベキューなどのアウトドアレジャーの人気が高くなっています。家族や気の置けない仲間と、自然いっぱいの場所で楽しい時間を過ごす人も多いことでしょう。

しかし、そこで頭を悩ますのが使わないときのアウトドア用品の収納ではないでしょうか。
特に、テントやテーブルなどの大きなものは収納場所の確保が難しいですよね。また、調理器具やカトラリーなどの小さなものも数が増えると場所を取るため、きれいに片づけるのが困難になってしまいます。

そんなときにオススメなのが『倉庫』に預ける方法。11月に登場したキャンプ用品専用の収納保管サービスなら、アウトドア用品を手軽に預けることができますよ。

関連記事

アウトドア用品の収納は専用保管サービスにお任せ

野あそびキャンプボックス(サイズ:W70xD38xH45[cm])

ボックスにはスノーピーク製品『ランドロック』の本体とフレームがぴったり


パソコンやスマートフォンで荷物の出し入れができる便利な収納サービス『サマリーポケット』と、高性能なアウトドア用品を展開する『スノーピーク』が提携。アウトドア用品に最適な専用ボックスで荷物を預かるサービス『野あそびキャンプストレージ』が登場しました。

このサービスを利用すれば、部屋がキャンプグッズに占領させることも、自分でトランクルームを借りる手間もなくなります。
時期によって長期間使わないことが多いアウトドア用品の収納に、頭を悩ますこともなくなるでしょう。

24時間365日、大切な荷物を徹底管理

預けた荷物は、保管のプロである『寺田倉庫』が適切に管理してくれます。最適な温度と湿度のなかで24時間365日大切に保管してもらえるので、カビが発生しにくいのも嬉しいポイント。

自宅で保管している場合は、「使おうと思って出したらカビが生えていた!」ということも少なからずありますよね。しかし、『野あそびキャンプストレージ』なら、そんな心配は必要なくなるでしょう。

お得な『野あそびキャンプストレージカード』が登場

野あそびキャンプストレージカード

荷物を12か月保管してもらえるプリペイドカード


今回、サービスをお得に利用できるプリペイドカードが誕生。2017年11月10日より、スノーピーク直営店とオンラインストアで販売されました。カードの利用方法は次の通りです。

1.プリペイドカードを購入する
2.専用ページで、カードに書かれてあるシリアルコードを入力して会員登録をする
3.届いたボックスに荷物を詰めて集荷を依頼
4.預けた荷物はアプリでいつでも確認・取り出しできる

預けた荷物の一覧画面イメージ

スマホで操作できるからとっても手軽!


サマリーポケットのアプリでは、預けた荷物を写真で確認することができるので安心です。また、荷物を使いたいときもアプリで簡単操作。1アイテムごとに取り出すことができ、最短で翌日に自宅に届きます。

【プリペイドカードの詳細】
発売日:2017年11月10日(金)
取扱店舗:スノーピーク直営店、オンラインストア
販売価格:1枚14,000円(税別)
サービス内容:専用ボックス1箱、12ヶ月間の保管(専用ボックスの取り寄せ/預け入れ送料込み)
※ 10万円までの補償付き
※ 12ヶ月以降の保管は月額1,200円(税別)でご利用いただけます。
※ 2箱目以降は、ボックス代・月額保管料ともに1,200円/箱(税別)です。

野あそびキャンプストレージカード
http://c.snowpeak.co.jp/ns/
オンラインストアでのご購入はこちら
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/p/121521

アウトドア用品を思う存分コレクションしよう

収納場所についての悩みがなくなるのはもちろん、適切に管理してくれるのもこのサービスの魅力です。家では難しい最適な環境で保管してもらうことで、大切なアウトドア用品が長持ちするのではないでしょうか。

サービスを利用すれば、今まで収納のことを考えて諦めていた大物アイテムも思い切って購入できそうね。思う存分コレクションして、アウトドアをもっと楽しみましょう。

サマリーポケットの詳細はこちら
https://pocket.sumally.com/

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE