MENU

不動産サイトで家を探す前に!住宅ローン相談を受けるべき理由

家を探す前に住宅ローン相談を受けるべき理由

こんにちは、すみかる編集長の千歳です。
突然ですが、あなたは「家が欲しいかも・・・」と思ったら、まず最初に何をやりますか?
住宅展示場に行きますか?それとも不動産会社に行きますか?はたまたネットで欲しい家を検索しますでしょうか?
もちろん、これはほとんどすべての人が実際にやっている行動です。
でも本当は、家を探す前にどうしてもやっていただきたいことがあるのです。
家を探す前にやっていただきたいこと、それは「住宅ローンの相談をすること」です。
・・・意外でしょうか。家を探す前に住宅ローンの相談をする。でもこれ、すごく重要なことなんですよ。

関連記事

現代の不動産業界の問題点~マイホーム購入で失敗しないために

家を探す前に住宅ローンの相談をする。
そう私が思うのには、実は現在の不動産業界でちょっと気になることがあるからなんです。

無理な住宅ローンで家を買ってしまう

無理な住宅ローンで家を買ってしまう

現在の不動産業界で気になっているのが、「無理な住宅ローンで家を買ってしまう」という問題です。
本当は予算が足りなくて買えないのに、どうしても欲しい家を見つけてしまったが為に、無理な住宅ローンを組んで買ってしまう。今の不動産業界の慣習では、どうしてもこの問題が起きてしまうのです。

無理な住宅ローンを組んだ結果はご承知の通りです。住宅ローンを返済する為に必死に働き、それでも収入(ボーナス)が減ってしまうと家計が火の車になってしまう。一体何の為に家を買ったのか分からなくなってしまいます。
住宅ローンで苦しいと感じる方は、おそらく「予算的に厳しいけど、無理して買っちゃった」パターンではないでしょうか。
しかしどうして、予算的に無理だと分かっていながら家を買ってしまうのでしょうか。

どうしても欲しい家が目の前にあったら、我慢できない

予算的に無理だと頭では分かっていても、無理なローンで買ってしまう。・・・どうしてでしょうか。
その理由は、どうしても欲しい家が目の前にあったら、我慢することができないからです。
それは家探し・家作りの大変さを想像すると、分かりやすいかもしれません。

家を探す(一戸建て・マンション)ことは本当に大変です。まず自分たちの希望する家の条件を考えないといけません。
予算・家のデザイン・間取り・仕様・メーカー・立地・周辺環境、などなど。
また自分の希望条件の他にも、パートナーの希望、子供の希望を考慮すると、自分たちの条件に合致する物件が意外と少ないことに驚くでしょう。
家探しは難航するもので、意見のぶつかり合いもあれば、頓挫することだってあります。

しかし、そんな時に「これだ!!」と思える希望の物件に出会えたら・・・。
「・・・絶対欲しい、絶対買いたい!諦められない!」って思いませんか?
だって、このチャンスを逃したら、もう二度と希望の条件に合う物件は出てこないかもしれませんからね。
その物件が予算オーバーだったとしても、簡単には諦められませんよね。
しかもですよ、その欲しい家やマンションが目の前にあったら・・・。あなたはこの誘惑に勝てますでしょうか。
・・・私は勝てる自信がありません。無理して買っちゃいます。

欲しい家が買えない

またこの逆のパターンとして、「欲しい家が見つかったのに、住宅ローンの審査が通らなくて買えない」、という問題もありますよね。
「ようやく欲しい家が見つかった!」と思っても、今の収入や頭金では買えない、ちょっと背伸びした住宅ローンでも買えない。

これが住宅ローンの申し込みをした後、ようやく分かるのです。「そんなことなら、もっと早く教えてくれよ・・・。」って思いませんか?
住宅ローンを断られると、精神的にもすごく負担がかかります。欲しい家が目の前にあるのに、買えない。もはや泣く泣く諦めるしかありません。泣いてぐずる子供をどうやって説得すればいいのでしょうか。

家探しの大変さもあり、最後の最後で住宅ローン審査に通らないと、すごく疲弊してしまいます。すり減ってしまいます。
だからこそ、家探し、物件探しはもっと効率よくやらねばならない。今の不動産業界を見ていると、私はそう強く感じてしまうのです。

住宅ローンの審査が通らなくて家が買えない

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る
CLOSE