MENU

頭金で住宅ローン金利がより低く!『ARUHIスーパーフラット9』登場

カラフルな家が並んでいる

ずっと金利が変わらないのがフラット35の魅力


返済終了まで金利がずっと変わらないフラット35。
月々の返済額が明確で、毎月の予算や将来のライフプランが立てやすいと人気です。
これから住宅の購入を考えている人の中にも、フラット35を視野に入れている人は多いかもしれませんね。
今回は、フラット35の主な特徴とアルヒ株式会社が開始した【フラット35(保証型)】の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット9」についてご紹介します。

関連記事

フラット35とはどんなもの?

フラット35は全期間固定金利型の住宅ローンで、最長35年まで組むことができます。
民間金融機関が行う住宅ローンと違い、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携することで、長期の資金調達が可能になり、ずっと金利の変わらないフラット35が登場しました。主なメリットとデメリットを見ていましょう。

フラット35のメリット

  • 返済が終わるまで同じ金利
  • 審査がスピーディー
  • 繰上返済の手数料がいらない

フラット35のデメリット

  • 金利が下がった場合も返済額は同じ
  • 『適合証明書』が必要
  • 団体信用生命保険の特約料が必要
  • ※平成29年10月1日申込受付分から制度改正があります。詳しくは下記をご参照ください。

    フラット35についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

    【フラット35(保証型)】の住宅ローン『ARUHIスーパーフラット9』新登場

    ARUHIスーパーフラット9が新登場


    このようにメリットとデメリットのあるフラット35ですが、頭金の割合によってより低い金利が適用される商品が登場しました。
    それが、アルヒ株式会社が2017年10月2日から取り扱いを始めた『ARUHIスーパーフラット9』です。これまで好評だった『ARUHIスーパーフラット8』は20%の頭金が必要でしたが、さらに少ない頭金でさらに借り入れやすくなっています。

    ARUHIスーパーフラット9の特長

    ・10%以上20%未満の手持ち金(頭金)が必要
    ・従来の「ARUHIフラット35」より低い金利
    ・住宅メーカーが制限されない【フラット35(保証型)】を採用
    ・全期間固定金利(最長35年)

    ARUHIスーパーフラットの詳細と実行金利はこちらで確認できます。

    家を買うときはローンのこともしっかり考えよう

    固定金利や変動金利、またフラット35など、住宅ローンにはいろいろなものがあります。
    現在のことだけでなく将来の家族構成やライフプラン、そして返済のことなどをしっかり考えた上で選びたいですね。

    家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

    賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
    気になったら、こちらの記事をチェック!!

    マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE