MENU

2017/04/17

奄美大島への移住支援と暮らしやすさをリポート|南の島への移住日記vol.3

奄美大島の移住支援

北海道出身ながら、正反対の南の島「奄美大島」に移住された竹山 由加里さん。
ご自身の決断や体験をシリーズで語って頂きます。遠距離引っ越しや子育て、離島生活などのテーマを予定しております。お楽しみに!(いえーる すみかる編集部)

こんにちは!竹山 由加里です。私は神奈川県から鹿児島県奄美大島に2017年1月に移住してきた二人の子持ちの主婦です。そんな私が離島暮らしや移住体験を綴る「南の島への移住日記」。今回が3回目の連載です。

前回はこちら:離島への引っ越し費用は高額!交渉次第で50万円以上お得に!?|南の島への移住日記vol.2
次回はこちら:移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島への移住日記vol.4

私は夫の実家が奄美大島だったので、移住先に迷いはありませんでした。
しかし、青い海や豊かな自然に憧れて漠然と移住に興味を持っている方などは、いきなり特定の移住先を決めることは難しいですよね。
今回は移住先が決まっていない人へ向けて、日本国内でも屈指の人気移住先の1つである奄美大島の情報を中心に家の探し方や暮らしやすさをご紹介します。

関連記事

奄美大島は移住情報がたくさん

遠方のなかなか行きにくい場所だと物件やその周辺を調べる際にインターネットで情報を集めるのが今の普通の手段ですよね。
奄美大島の場合にはいくつも不動産屋さんがありますし、奄美市での支援もありますので色々と情報を集めることができますよ。

奄美市による移住支援

奄美市では、Uターン・Iターンを希望する人へ定住促進住宅を提供しています。
さらに空き家バンクという空き家を「貸したい・売りたい」人と「借りたい・買いたい」という移住希望の人が、空き家の有効活用を行い、移住促進するサービスもあります。

【お問い合わせ】
奄美市総務部プロジェクト戦略推進課
鹿児島県奄美市名瀬幸町25-8
電話番号:0997-52-1111

フリーランスが最も働きやすい島化計画!?

奄美市では日本最大級のクラウドソーシングサービスを提供するランサーズと提携し「フリーランスが最も働きやすい島化計画」という取り組みを実施しています。
フリーランス寺子屋というフリーランス育成のために開催する奄美市オリジナルの教育プログラムがあったり、島のフリーランス部というコミュニティがあるようです。
クリエイターの人は、移住のチャンスかもしれないですね。

引っ越す前にプチ移住体験ができる

さらに奄美大島は人気の移住スポットだけあって、引っ越す前に奄美大島暮らしを体験できるツアーや短期で住むことを支援している会社もあり、住む前に移住体験をすることが可能です。そういった団体のプログラムに参加して周辺を探索してみるのもいいのかなと思います。
最近は民泊などで受け入れているところも増えているようです。

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE