MENU

私が奄美大島に移住を決めたワケ|南の島への移住日記vol.1

奄美大島へ移住

北海道出身ながら、正反対の南の島「奄美大島」に移住された竹山 由加里さん。
ご自身の決断や体験をシリーズで語って頂きます。遠距離引っ越しや子育て、離島生活などのテーマを予定しております。お楽しみに!(いえーる すみかる編集部)

こんにちは!竹山 由加里と申します。私は現在、結婚8年目二人の子持ちのごく普通の主婦です。
ワケあって今まで住んでいた神奈川県から、遠く南の鹿児島県奄美大島というところに2017年1月に移住してきました。
今後数回に渡り、私の想いや経験を連載させて頂くことになりました。

関連記事

北国から南国への移住決断の理由とは・・・

「北海道生まれがなんでまた南国にー?」
と私を昔から知っている人は驚きますが、理由は簡単です。「夫の実家のある奄美に帰る」というのを結婚前に了承していたからでした。

でも了承したのは何年も前の学生時代。
極寒の富良野で生まれ育った私は、暖かい土地に憧れていたのもあり、世間を知らないのほほんとした考えで「オッケーいいね!!」と……

だから夫から「そろそろ奄美に移住しようか」と言われたときに、子供の成長にも関わる問題でもあるので改めて真剣に考えました。
そして、北海道と奄美という田舎で育った私たちが、都会での育児というものに自信があまりなく、田舎でのんびり自由に子育てをするのがあっているのでは?思い、移住を決意しました。

タイミングとしては子供が小学生に上がる頃にとは思っていましたが、夫の実家が家業をやっている都合もあり、仕事の都合の良いタイミングと引越し屋さんが低価格な時期で引越しすることにしました。

私たちのように東京-奄美大島ほど遠距離でなくても、遠方への引越しを検討されている方は引越費用がかなりの高額になることが予想されるため、引越し時期が決まっていない場合はハイシーズンを避ける事が賢明です。

次回は引越し時期と、遠距離引越しの手段や種類などについて書きたいと思います!
離島への引っ越し費用は高額!交渉次第で50万円以上お得に!?

文:竹山 由加里

【南の島への移住日記】
vol.1:私が奄美大島に移住を決めたワケ
vol.2:離島への引っ越し費用は高額!交渉次第で50万円以上お得に!?
vol.3:奄美大島への移住支援と暮らしやすさをリポート
vol.4:移住先の奄美大島でDIYリフォームしました
vol.5:奄美大島のびのび子育て
vol.6:奄美大島の食文化をリポート
vol.7:奄美大島へUターン&Iターンで開業したお店やお仕事
vol.8:奄美大島へ移住、イベントが多くて地元へ馴染みやすい
vol.9: 移住の際にはフリーペーパーで奄美大島を知ろう
vol.10: 奄美大島へやってきました初の台風

竹山 由加里(たけやま ゆかり)
北海道出身。アルペンスキーなどのスノースポーツに明け暮れる。その後、東京都で就職し営業職やWEBデザイナーとしての経験を積んでフリーランスとして独立。結婚・出産を経て、現在二児の母となり第三子妊娠中で生まれ故郷と真逆の南国、鹿児島県奄美大島での生活を2017年1月にスタート。
新天地 奄美大島での子育て&島での住生活をレポートします。

新しいシリーズが公開されたらメールで通知しましょうか?

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE