MENU

空き家に可能性を見出そう!『空き家管理サミットin京都』開催

古民家が立ち並ぶのどかな風景

空き家が社会問題になっている!


総務省統計局の調査によると、空き家は年々増加しており、平成25年には空き家数は820万戸、空き家率は13.5%にものぼりました。

空き家の中でも問題視されているのが、「常時住んでいないが使っている」、「貸したいが借り手がいない」、「売りたいが買い手がいない」以外の『その他の住宅』と呼ばれるもの。
子どもの頃に住んでいた家を手放したくない、売買や利活用は考えていない、などの理由から活用されず放置されている『その他の住宅』は多く、空き家の約35%を占めると言われています。

関連記事

『その他の住宅』が引き起こす問題

家のイラスト

放置空き家がさまざまな問題を引き起こすことも


適正に管理されていない『その他の住宅』は、さまざまな問題を引き起こすことも懸念されています。
建物が古くなれば、倒壊の危険が出たり不法侵入されたりなど、周辺住民に迷惑がかかることもあるでしょう。さらに、治安の悪化や住民減少の引き金になることも考えられます。

そのようなことから、管理されない空き家が増えると町の存続が危ぶまれる可能性もあり、社会問題となっています。

空き家×アイデアで新しいビジネスが生まれる

そんな増え続ける『その他の住宅』問題を解決する糸口になるイベントが京都で開催されます。
さまざまなアイデアと組み合わせることで、空き家に新たな価値を持たせ、参加者の空き家への思いやビジネスと結びつけていく取り組みです。

ただ管理するのではなく、管理しながら民泊や子育て支援などに利用することで、空き家に新たな可能性が広がるでしょう。
空き家を自分の趣味や特技を人に教える場にしたり、子育て中のお母さんが気軽に利用できるカフェにしたり。アイデア次第で空き家問題が解決していくのではないでしょうか。

『空き家管理サミットin京都』開催

空き家管理サミットin京都

12月10日『空き家管理サミットin京都』開催


空き家専門の学識者やNPO法人の方を招いて、空き家問題についての講演とディスカッションが行われます。
空き家についての困りごとや心配ごとを相談できる相談ブースも用意されています。空き家管理について気になっているけれど、どこに相談すればいいのかわからず困っている人は、この機会に利用してみるのもいいでしょう。

開催情報

【第1部:シンポジウム】
日時/ 2017年12月10日(日) 15:00開場 15:30スタート
会場/ 〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都商工会議所 3階 講堂
アクセス/ 地下鉄丸太町駅南6番出口直結(※公共交通機関をできるだけご利用ください。)
定員/ 200名

【第2部:交流会】
日時/ 2017年12月10日(日) 18:30開場 18:45スタート
会場/ 同館 2F 教室
アクセス/ 同上(※公共交通機関をできるだけご利用ください。)
定員/ 50名

『空き家管理サミットin京都』の詳細とお申込み方法についてはこちらをご覧ください。

空き家管理で空き家問題を解決!

社会問題となっている放置空き家に新たな価値を見出す『空き家管理』。少しのアイデアがビジネスや社会貢献につながっていくかもしれません。
空き家で困っている人、利用していない空き家がある人は、イベントに参加して空き家についてしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

いえーる すみかるへのお問い合わせはこちら

家賃を払うのがもったいなく感じる・・・

賃貸マンションで家賃を払っているけど、そろそろマイホームを買った方がいいのかな?
気になったら、こちらの記事をチェック!!

マイホーム購入と賃貸どっちがいいの?損得よりも大切なたった1つのこと
ページトップへ戻る
CLOSE