MENU
ザク男爵

2017/03/27

建売住宅購入で失敗しない為に、契約前にやるべき6つのこと|建売マニアvol.5

契約前にやるべき6つのこと

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を「辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。」というテーマで発信するブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営するザク男爵。自身が建売住宅を購入した経験を元に、建売住宅を購入する段取りや注意点についてシリーズで語っていただきます。(いえーる すみかる編集部)

こんにちは、ザク男爵でございます。「ザク男爵の建売マニア」も5回目の連載となります。ご愛読ありがとうございます。

vol.1はこちら:3ステップで理解する建売住宅購入の流れ
vol.2はこちら:建売住宅の賢い選び方と4つの注意点。性能・保証内容を重視しよう
vol.3はこちら:結局いくらかかるの?建売住宅の諸費用あれこれ
vol.4はこちら:初めて内覧会に行く前に知りたい、建売住宅の内覧会9つのチェックポイント

欲しい家が見つかった。内覧会をしたら、やっぱりその家が欲しい。そうなると、次はいよいよ契約、でございますよね。
でもちょっとお待ち下さいませ。
実は建売住宅購入では、契約前と契約後では大きな溝があります。ですので、契約をする前に「契約前にしかできないこと」を全てやっておく必要があります。
そこで今回は、契約前にやっておく6つのことについて解説させて頂きましょう。

契約前と契約後で、何が変わるのか?

ずばり言いましょう。建売住宅の契約前と契約後で何が変わるのか。それは「営業マンの対応」でございます。
契約前までは親切丁寧に接してくれたのに、契約後になったらなかなか電話にも出ない。質問の回答も時間がかかるようになった。このような経験をしたのは私だけではないことでしょう。
「なにを!家を買ってやったのに!」そうお怒りになる気持ちもよく分かります。
しかしですよ。営業マンも人間なのです。毎日会社からはキツイ(!)ノルマを言い渡され、家にはお腹を空かせた(!?)家族も待っていることでしょう。
つまり営業マンは、常に家を売り続けなくてはいけないのです。次なる見込み客にロックオンしなくてはいけないのでございますよ。
「契約したお客様(ご契約者様)は後回し。」これはもはや致し方ないことかもしれません。

しかしだからこそ、私たちはそれを見越した上で、行動することが非常に大切なのであります。
では契約前に何をするべきか。順に解説させて頂きましょう。

契約前にやるべきこと

裏を返せば、営業マンは契約前まではものすごく紳士的でございます。
そのことを上手に活用して、建売住宅の契約書に捺印する前に、次のことを必ず実施するように致しましょう。

1・値引き交渉

契約前に必ずやりたいのが、値引き交渉でございます。
建売住宅はオーダーメイドの注文住宅と違い、料金体系が非常に明確ですので、値引き交渉の余地があるからです。特に分譲初期に購入する建売住宅は、ハウスメーカー・不動産会社も強気な値段設定をしている場合が多いものです。
交渉次第では、100万円、200万円と値引き対応してくれることもあります。
もちろん、私も購入時に値引き交渉し、100万円ほどお値引き頂きましたよ。ええ、100万円ですよ、100万円。車一台買える額です。
しかし値引き交渉は、1度契約してしまったら、ビタ一文負けてくれません。必ず契約前に交渉するように致しましょう。

2・家の構造、工法、工程、地盤に関する疑問・質問

家の構造、工法やどんな工程を経て家が建てられたのか。また、家が建っている地盤はどんな状態でどんな工事をしたのか。
家の基礎となる情報は、営業マンが親切丁寧に対応してくれる契約前にしっかりと確認しておくことが大切です。
特に家の構造や工法、工程、地盤は、直接自分で調べることが難しいもの。だからこそ、営業マンからの情報が頼りなんですよね。
契約後に気になって営業マンに質問しても、回答が遅かったらものすごく不安になってしまいます。とても重要なことなので、契約前にしつこく質問攻めしていきましょう。

3・家の仕様に関する質問

そしてくどいようでございますが、家の仕様に関する質問も、必ず契約前に全て解決するようにしておきましょう。
これですね、実は結構落とし穴なのですよ。
家の仕様書を見ても、正直私たち素人が見ても「??」ってなるだけです。しかし、疑問だらけの仕様書を見ても、案外私たちはその場で質問しないものなんですよね。
それは「何を聞いていいのかが分からない」、もしくは「知ったかぶりしている」からなのです。ええ、私も胸が痛いことですが。
しかしいずれにしても、どんな些細なことでも、分からないことをそのまま放置するのは非常に危険です。
あなたの買う建売住宅の屋根の素材は何ですか?それはどんな特徴ですか?どんなメリット・デメリットがありますか?
非常に細かいことかもしれませんが、これからあなたのものになる家のことです。しっかり知っておかないと、のちのち大変なことになってしまいますよ。

3・基礎、屋根裏の確認(再確認)

はい。くどいようで申し訳ございません。しかし本当に大切なことなので、もう一度だけ言わせて下さい。
建売住宅を契約する前に、もう一度基礎・屋根裏を確認(再確認)して下さいませ。これは営業マンに聞くだけではなく、必ず自分の目で見て下さいませ。
基礎へは家の床下口(キッチンの床下収納など)、屋根裏へは2階の天井点検口から入ることができます。
入って特に難しいことをする必要はございません。入って、ただ見るだけでいいのです。一度は必ず基礎、屋根裏を自分の目で見るようにして下さいませ。
「自分の目で見た」という安心感が、その後のマイホームライフをより安心したものに変えてくれますよ。

4・購入特典の交渉(照明、カーテンなど)

先ほどは値引き交渉を持ちかけましたが、少々厚かましいようですが、契約前に購入特典の交渉(照明、カーテン)をしておきましょう。
照明、カーテンと言えど、家一軒分ともなると結構な費用になります。
住宅購入時はウン千万円という金額を見ているので、10万円、20万円という金額が安く思えてしまいますが、実際そんなことはありませんよね?10万円、20万円って、すごく高いですよね?
契約前なら、その金額を「おまけ」してくれるチャンスです。ちょっと厚かましく「○○つけてくれたら契約を・・・」と言うだけです。簡単でしょ。言うだけならタダですし。

5・諸費用について

契約前に確認しておきたいのが、これからかかる諸費用についてです。
住宅購入の諸費用と言えど、あれやこれやで100万円、200万円とかかる世界。全然「諸」費用ではないのですよね。
そんな諸費用、契約してから「聞いてなかった!」とならない為にも、必ず契約する前に確認しておきましょう。
もしかしたら、ハウスメーカー・不動産会社の営業マンは、積極的に諸費用の話をしないかもしれません。なぜなら営業マンは諸費用が高いことを知っているからです。そんな話をしたら、見込み客が逃げてしまうかもしれませんからね。
契約した後に驚愕の諸費用を知って泣き崩れるよりも、契約前にしっかりと確認して、万全の態勢で購入に踏み切るようにしたいものです。契約前なら、まだ引き返せるかもしれませんしね。

結局いくらかかるの?建売住宅の諸費用あれこれ

6・第三者のチェック

そして最後に、建売住宅の契約をする前に、一度は第三者に物件、価格、契約内容、住宅ローンなどチェックしてもらうようにしましょう。
第三者は親、兄弟、住宅に詳しい知人でも構いませんし、別途建築士と契約して検査してもらう方法もあります。
いずれにしても、住宅購入で舞い上がっている(かもしれない)自分とは別に、冷静な第三者に見てもらい、チェックしてもらうことが大切です。
欲しいという気持ちが先行すると、見えるはずの問題も見落とすかもしれません。特に口うるさい(?)親の意見は、客観的に当たっていることもあります。一回ぐらいは聞いておきたいものです。

ザク男爵の建売マニア的まとめ!

それでは、まとめましょう!
建売住宅を契約する前に必ず実施しておきたいのは、次の6つのことです。
1・値引き交渉。
2・家の構造、工法、工程、地盤に関する疑問、質問。
3・家の仕様に関する疑問、質問。
4・購入特典の交渉(照明、カーテンなど)。
5・諸費用について。
6・第三者のチェック。
建売住宅は購入までのプロセスが短い為、欲しい家をすぐに買うことができます。
しかしその一方で、営業マンにせかされる、焦らされることもあるようで、買ってから「購入前に知りたかった」となりかねません。
その建売住宅を契約する前に、本記事のことをちょっとだけ思い出して下さいませ。きっとあなたの住宅購入のお役に立ちますよ。
素敵な家探しを!

文:ザク男爵

関連タグ

あなたにおすすめ記事

森の中のウッドデッキテラス

ひだまり家族のウッドデッキ奮闘記 〜傾斜地の活用法〜

  • 買う・借りる
オープンハウスを紹介

徳島県最後の村で地域交流。「新家」のオープンハウス開...

  • 買う・借りる
「南向き」は日当たりが良いので、日中自宅で過ごす人におすすめです。

南向きが最適?方角別に見る、部屋のメリット・デメリッ...

  • 買う・借りる
Web会議サービスを使った「ネット完結型の注文住宅販売」サービス

共働き世帯必見!注文住宅の購入&建築がすべてオンライ...

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE