MENU
ザク男爵

2017/02/27

3ステップで理解する建売住宅購入の流れ|建売マニアvol.1

ザク男爵の建売マニア

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を「辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。」というテーマで発信するブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営するザク男爵。自身が建売住宅を購入した経験を元に、建売住宅を購入する段取りや注意点についてシリーズで語っていただきます。(いえーる すみかる編集部)

こんにちは!この度すみかる様にて「ザク男爵の建売マニア」を書かせて頂くことになりました、ザク男爵でございます。建売住宅のマニアックな情報をお届けさせて頂きます!
 
家を買うって、なんだかすごく手間がかかりそうだ。めんどくさくて、すごく大変そう。
そう思っていらっしゃる方って、多いですよね?
 
かくいう私も、3年前に建売住宅を購入するまでは、「家を買う?あ、ああ、そうだね、そろそろ考えなきゃねえ・・・(めんどくさいなあ・・・)」と、どこか逃げ腰だったものです。
しかし実際に建売住宅を買ってみて驚きましたよ。「住宅購入って、こんなに早く終わっちゃうの?」って。
特に建売住宅は、申し込み・契約してからの流れがものすごく早い。
だからこそ、建売住宅を検討する前に、建売住宅購入の大まかな流れを知っておくことが大切なのです。
そこで今回は建売住宅購入の大まかな流れについて、体験談を交えて解説していきましょう!
 

建売住宅購入は、3ステップで完了!

3step

建売住宅の購入までの流れを大きく分類すると次の3つのステップになります。
 
1・欲しい家を見つける。(情報収集、内覧会)
2・欲しい家を決めて、契約する。(購入の申し込み、住宅ローン申し込み、売買契約)
3・家のお金を払う。(物件の最終確認、残金支払い、抵当権の設定)
 
家を買うのは難しいと思われがちだけど、シンプルに考えればたった3つのステップしかない訳で。
とは言っても、それぞれのステップに必要書類や確認事項、そしてかかるお金もあるので、段取りよく準備したいところですね!
 

1.欲しい家を見つける

catch

まずは基本中の基本。あなたの欲しい家を見つけることから、住宅購入は始まります。
 

情報収集

あなたの欲しい家を探す方法は、「インターネット」、「新聞折り込みチラシ」、「不動産業者の紹介」、「街を散策する」、の4つでございます。それぞれの長所短所を、うまく使い分けて欲しい家を見つけたいところです。
しかし特に建売住宅の場合は、希望のエリアをドライブ・散歩してみると、ネットにも載ってない掘り出しモノ物件に出会えるかもしれません。
建売住宅は大規模分譲地の他、住宅地の一角を再開発して小規模分譲する場合もあります。希望エリアを細かく歩いてみるのが、素敵な建売住宅に出会えるコツですよ。
 

内覧会・物件見学

「これだ!」と思える物件に出会ったら、物件見学の申し込み(内覧会)をしましょう。
ただし建売住宅では販売方法が、
1.ハウスメーカーの直販
2.不動産業者の仲介
の2種類あることに注意したいですね。不動産業者を仲介すれば、購入時に仲介手数料が発生しますが、ハウスメーカーからの直販なら仲介手数料はかかりません。
でも不動産業者なら、その物件に限らずお勧め物件を紹介してくれるかもしれませんよ。(ただし仲介手数料が・・・汗)
そして忘れてはいけないのは、値引き交渉ができるのもこの時期だけということ。申し込みしたり、契約した後ではビタ一文負けてくれませんよ!
 

内覧会と同時に住宅ローンの仮審査の申し込み。

そして建売住宅の場合は、内覧会の段階で営業マンから住宅ローンの仮審査の申し込みの案内があります。
それもそうですよね、だって仮審査で落ちてしまう人に家は売れませんからね。
それに買う側も、この段階でローンが組めるのか分かれば、この家が「買える・買えない」の判断もできますしね。まあ、つまりは銀行さんの懐しだい・・・な訳ですが。
不動産業者と提携している銀行の他、自分でネット銀行に仮審査申し込むのもアリですね。勧められた銀行が一番安い金利・・・という訳ではないのでご注意下さいませ。
 

2.欲しい家を決めて、契約する

契約する

物件を内覧会して「この物件が欲しい!!」となったら、次は購入の申し込み、契約です。

購入の申し込み

購入の申し込みは、「購入申込書(もしくは買付証明書)」を書くことで成立します。この時、数万円の申込金を求められる場合もあります。
ここで注意したいのは、「購入の申し込み=契約」ではないことです。
あくまでも購入の申し込みは、「この物件を買う意思がありますよー。」とう意思表示をしただけ。だから申し込みをしたからと言って、「ぜったい買います!」と宣言した訳ではないから、途中でキャンセルしても問題ありません。
しかし建売住宅の購入では、営業マンから「他にも2組の方が検討しています・・・」なんて焦らされるのは、もはや常套手段です。この手に乗って「申し込みして、すぐに契約」・・・なんてことにならないように注意しましょう。
 

住宅ローン本審査

住宅ローンの仮審査に無事通過したら、次はいよいよ本審査です。
これが通れば住宅購入がほぼ確定になりますが、いかんせん本審査って時間がかかるから不安なんですよね。
私も本審査の結果が来るまでに3日かかりましたよ。いやー、たった3日かよって思われそうですが、これが実に長い長い3日間でしたね。もう仕事なんて全然手につかない、完全に上の空ですよ。
きっと本審査の結果が出るまでの期間が、住宅購入で一番長く感じるでしょうね。
 

売買契約・手付金の支払い

住宅ローンの融資が確定すれば、住宅購入の売買契約を結びます。
基本的には重要事項の説明を受けて、ひたすら印鑑を押していくだけですが、これが想像以上に大変です。
「これは書籍か!?」と聞きたくなるぐらい分厚い書類の束に、ひたすら印鑑をついていきます。腱鞘炎になりそうになります。あまりにも長時間拘束されるので、途中で帰りたくなります。(スケジュールは余裕を持って組んで下さいね。)
そして契約と同時に手付金を支払うことになります。私は10万円、お支払い致しましたよ。(ホントは50万円と言われましたが、10万円にして頂きました)
この手付金を支払えば、欲しかった家が他の人の手に渡ることはありません。もうすぐあなたのものになります。しかしそれは裏を返せば、もう引き返せないということ。
手に汗かきながら印鑑押して、泣く泣く手付金を払う。これはまさに住宅購入の修羅場でございます。
 

3.欲しい家のお金を払う

支払

さて、楽しかった住宅購入も終盤戦。あとは残金を支払えばあの家があなたのものになりますよ!
この時期になると、住宅の引き渡し日(その家があなたのものになる日)が設定されます。つまり、この引き渡しの日を最終日としてスケジュールが進んで行くのであります。
 

建売住宅の手直し、清掃、オプション工事

引き渡し日の1週間ほど前に、建売住宅の最後の内覧会が行われます。ここで壁紙の剥がれ、傷、汚れ、オプション工事の完成具合などを確認します。
最後の内覧会で発見した不具合は、担当者に言えば引き渡しの日までに修正してもらえます。ですので、気になる箇所があるなら、この場で全部言っておきましょう。遠慮は要りません。
この時期になれば、新居への引越しの準備も始まっていますでしょうか。え、まだ始まってない?それは早くしないと徹夜で荷作りコースになってしまいますが・・・。
段取りよく準備していきましょう!
 

残金支払い、抵当権の設定

住宅購入の最後の作業は、残金のお支払いです。銀行から借りた住宅ローン(現金)で、ハウスメーカー・不動産業者にそのままお支払い致します。
残金支払いは、住宅ローンを借りた銀行に出向いて、ハウスメーカー・不動産業者、そして司法書士が見守る中、粛々と勧められていきます。
住宅ローンが入金された通帳口座から、すぐにハウスメーカーに現金振り込みでお支払い。そして同席している司法書士が抵当権を抹消、設定します。(この時司法書士の報酬として20万~かかります)
入金された大金が一瞬で消えるのが見れる、貴重な瞬間です。
ハウスメーカーから家の鍵を受取り、晴れてあなたの家になった訳です。お疲れさまでした!
 

建売住宅購入の大まかな流れのまとめ

machi

それではまとめましょう。
建売住宅の購入の大まかな流れは、次の3ステップです。
1・欲しい家を見つける。(情報収集、内覧会)
2・欲しい家を決める。(購入の申し込み、住宅ローン申し込み、契約)
3・家のお金を払う。(物件の最終確認、残金支払い、抵当権の設定)
住宅購入ってなんだか難しそうに感じますが、実はとてもシンプルなものです。特に建売住宅は契約してからの流れはすごく早いですし。
購入の途中でバタバタしないように、段取りよく住宅購入を進めていきましょう。

文:ザク男爵

関連タグ

あなたにおすすめ記事

森の中のウッドデッキテラス

ひだまり家族のウッドデッキ奮闘記 〜傾斜地の活用法〜

  • 買う・借りる
オープンハウスを紹介

徳島県最後の村で地域交流。「新家」のオープンハウス開...

  • 買う・借りる
「南向き」は日当たりが良いので、日中自宅で過ごす人におすすめです。

南向きが最適?方角別に見る、部屋のメリット・デメリッ...

  • 買う・借りる
Web会議サービスを使った「ネット完結型の注文住宅販売」サービス

共働き世帯必見!注文住宅の購入&建築がすべてオンライ...

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE