MENU

2017/02/22

東京都の待機児童数はどれくらい?ワースト1の世田谷区の取り組みを調べてみた


2月下旬、自治体から認可保育園の入園可否通知が出そろう時期になりました。昨年は「保育園落ちた日本死ね」という匿名のブログをきっかけに、待機児童がいっそう注目された年でもありました。そこで今回は、都内の待機児童の状況について詳しく調べてみました。

東京都の保育サービス利用状況、待機児童数、設置状況

東京都の福祉保健局少子社会対策部保育支援課が平成28年(2016年)7月に発表した都内の保育サービスの状況は以下のようになっています。
(参照)都内の保育サービスの状況について(東京都 報道発表より)

保育サービスを利用している児童数は前年比 14,192人増加(261,705人)

保育サービスとは、認可保育所、認証保育所、認定こども園、家庭的保育事業等の地域型保育事業、定期利用保育事業、区市町村単独保育施策等などのことです。利用者数はかなり増えているようです。

認可保育園について詳しくはこちら

保育サービスを利用できていない待機児童数は前年比 652人増加(8,466人)

保育サービス利用待機児童数の推移

一方、保育サービス利用できていない「待機児童」も前年比で増加しています。
保育サービスを利用できている人は増えているものの、まだまだ足りないということのようです。
保育所の設置状況も見てみましょう。

保育所等の設置状況

保育所等の設置状況

これを見ると保育所数は年々増えています。それにも関わらず待機児童が増えているのは、共働き夫婦が増えた影響で保育所入所希望者数も増え、保育所の数が追いついていない切実な状況が伺えます。

「待機児童」の定義は区市町村によって異なる

東京都内の区市町村ごとに待機児童の状況を見ると以下の通りです。
(参照)都内の保育サービスの状況について(東京都 報道発表より)

●待機児童数が多い区市町村
 1)世田谷区 1,198人 2)江戸川区 397人 3)板橋区 376人

●待機児童数の増加が大きい区市町村(前年からの増加数)
 1)中央区 144人 2)荒川区 116人 3)江東区 110人

●待機児童数の減少が大きい区市町村(前年からの減少数)
 1)葛飾区 -146人 2)新宿区 -110人 3)豊島区 -104人

世田谷区の待機児童数が圧倒的に多いですが、実は「待機児童」のカウント方法は自治体に委ねられていることをご存知でしょうか?自治体によって待機児童のカウント方法が異なるため、発表されている数字を単純に比較できない実情があるのです。横浜市が待機児童ゼロと公表していても、実は「保留児童」が多いと問題になっているのはこのためです。
※保留児童とは、様々な事情で希望通りの認可保育所に入れなかった子どものこと

一般的な考え方

以下の場合は子どもが認可保育園に入れなくても待機児童にカウントされません。

・母親が育児休業を延長、自宅で休職し求職中である
例えば、認可保育園の募集に落ちてキャンセル待ちのため育休を延長しても待機児童に含まれません。また、産休前に緊急入院が必要になり、会社にいづらくなって退職し、出産後新しい仕事を探しているような場合も含まれません。

・子どもが認可外保育園へ通っている
認可保育園の募集に落ちて仕方なく高額な認可外の保育園に通い、認可保育園のキャンセル待ちをしている場合は含まれません。

世田谷区の場合

しかし世田谷区では「育休延長中」「求職中」の場合もカウントして公表しているので、突出して待機児童数が多い印象を受けてしまうのです。世田谷区が「育休延長中」「求職中」を含めて待機児童としてカウントする理由について、保坂展人区長はインタビューでこのように答えています。

保育を本当に必要としている人というのは、潜在需要者も含めているわけで、その需要を把握することが重要です。その需要がある、ということがないと予算措置や事業として進める理由がなくなります。
(抜粋:朝日新聞DEGITAL 世田谷区町インタビューより

待機児童が多い世田谷区の認可保育園整備状況

しかし、世田谷区の待機児童が多いのは事実。保育園定員数の確保が急務となっています。世田谷区はどのような取り組みを行っているのでしょうか。

世田谷区は、平成27年度から平成36年度を計画期間とする「世田谷区子ども計画(第2期)」を策定しています。
「世田谷区子ども計画」とは、子どもが健やかに成長・自立でき、また、安心して子どもを生み、育て、子育てに夢や喜びを感じることができる地域社会の実現に向け、子どもや子育てについての総合的な施策を進めることを目的に作られた計画書です。

この中の「保育・幼児教育の充実」で以下のように記載されています。

【目標】
・ 保育施設・事業の整備を促進し、保育待機児が解消されている。
・ 質の確保された多様な保育・幼児教育の提供体制が整い、各家庭にあった選択をすること ができる。
(参照:(第2期)世田谷区子ども計画

計画書では平成36年までに待機児童が解消されることを目標としています。

ただ、保育所は順次開園予定ですが、世田谷区の0~5歳人口は平成31年まで増え続けると予想されており、保育所を増やしてもすぐに埋まってしまうようです。
ですから、平成29年2月時の世田谷区の発表では、私立認可保育園の整備が以下のとおり進められています。いずれも、平成29年4月〜平成31年4月ごろ開園予定の保育園・こども園です。

■誘致型整備(区が運営事業者を公募し認可保育園を整備)での開園予定数:16
■提案型整備(保育園を運営する事業者が土地や建物を確保し認可保育園を整備)での開園予定数:18
■提案型整備 保育園と幼稚園が一体型になった私立認定こども園の開園予定数:1

私立認可保育園と聞くと、区立認可保育園より費用が高いのではと思われるかもしれませんが、保育園の費用は両親の収入によって決まるのであまり差はありません。

私立と公立の大きな違いは事業者と指導カリキュラムです。私立はさまざまな団体が独自の教育方針で運営をしますので、公立より特徴のあるプログラムが組まれます。

世田谷区は計画書の中で「質の確保された多様な保育・幼児教育の提供体制」を掲げていて、この「多様性」を重視するために私立認可保育園の数を増やしているのではないかと思われます。転園の参考に。

東京都内で保育所を探す時におすすめのブログ

では、競争率の高い都内でみなさんどのように保活(保育所探しの活動)をしているのでしょうか。参考になるブログをピックアップしました。

●東京保活:http://no-waiting.tokyo/
息子が誕生してから2ヶ月後に保活を始めたパパのブログ。都内全般の保活情報が紹介されています。

●パパやる:https://papayaru.com/tag/hokatsu/
こちらもパパブログ。世田谷区と目黒区で行った保活の様子が紹介されています。

●イケメン息子とぐうたら猫の見守りブログ:
http://www.ikemenmusuko.net/archive/category/%E4%BF%9D%E6%B4%BB
無認可保育園から認可保育園へ転園した、イケメン息子のパパのブログです。転園の参考に。

さいごに

区内待機児童問題は深刻で、調べている中でも「保活に疲れた」という言葉を何度か目にしました。東京都では、2016年11月に「待機児童解消に向けた緊急対策会議(第1回)」を開催し、都知事と各区町村長との意見交換が行われています。
しかし、都の対策も始まったばかりという印象で、まだまだ保活競争は続きそうです。気になる方は、早めに区役所へ相談されることをおすすめします。

関連タグ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE