住宅ローンや不動産会社選びの情報サイト

いえーる すみかる

家選び

不動産屋さんへ行くとき、予約って必要?家探しの事前準備は効率的に

2017/04/19

シェアしてくれるとうれしいなぁ!ぼくのTwitterもフォローしてね♪ちびえる
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

不動産屋さんの予約
普通に生活しているだけだとなかなか行く機会のない不動産屋さん。
しかし新居を探そうとしたときに突然ふらっと立ち寄ってもいいのか、電話やネットで予約をしてから足を運んだほうがいいのか、迷いますよね。
今回は不動産屋さんに予約をする方法とメリットについてご紹介します。

不動産屋さんは予約なしでもOK!でも予約しておくとグッと効率的に

不動産屋さんは、基本的には予約をせずに突然行っても問題ありません。
しかしあらかじめ電話で予約をしておくと、たくさんのメリットがあるのです。

閑散期ならいざ知らず、繁忙期には不動産屋さんのスタッフも多数の案件をかかえており、手一杯になっていることもあります。
そんな時期に突然お店に行くと、すぐ手の空けられる人がおらず、長時間待たされる場合も多いのです。
何十分も不動産屋さんでただ待つというのは、お客さんにとってもお店にとっても好ましい状況ではありません。

もちろん繁忙期となると、物件の取り合いとなって良い部屋が次々に借りられていきます。
予約をして希望にそった物件をあらかじめ探しておいてもらうなど、事前準備をしておきたいですね。

PR:不動産会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」

不動産屋さんに予約をするとき、なにを伝えておくとスムーズ?

不動産屋さんの予約をするなら、やはり希望する物件の条件を伝えておくべきでしょう。
引越しを考えている地域、駅からの距離、予算、間取りの希望などを伝えておくことにより、それに合わせた物件をいくつかピックアップしておいてもらうことができます。
すでにインターネットの不動産情報サイトなどで気になる物件が見つかっているなら、「当日この部屋が見たい」と伝えておきましょう。
物件を見るには大家さんの都合もあるため、突然の訪問では物件が見られない場合もあるのです。
また、その部屋と条件の似た物件も準備しておいてもらえるはずです。

また、あまり時間がない人の場合は、来店したときにどれくらい時間を使えるかを伝えておくと、見学する物件を特にオススメの数件に絞っておいてもらえるでしょう。

PR:不動産会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」

物件の下見に行くなら、チェックしておきたいポイント

物件の下見をするとき、ただ単純に「いい部屋だなあ」と見て回るだけだと、なかなか決められないものです。
実際に生活するときのことを想定して、考えながら見学しましょう。

まずはあらかじめ、希望の条件をリストアップして優先順位をつけ、チェック表をつくっておくとよいでしょう。
「ここは譲れない」「ここはこだわらなくていい」というポイントだけでなく、「多少なら譲ってもいい」というポイントを、自分にも不動産屋さんにもわかりやすく書いておくことで、最終的に迷ったときに決めやすくなります。
そのチェック表をもとに相談すれば、「この条件をもう少し譲ってもらえれば、もっといい部屋を紹介できる」といった提案もしてもらえるはずです。

内見時には、「図面や文字情報からではわからないこと」を中心にチェックしましょう。
収納スペースの大きさや、クロス・床・天井の汚れは目につきやすいですが、ハウスクリーニングでキレイになる場所でもあります。

それ以上に、パッと見でわからない部分に注目するよう心がけましょう。
例えば以下のような内容です。
・鍵のチェック。防犯はしっかりしているか
・扉や窓の建付け。何度か開けたり閉めたりしてみる
・下駄箱の有無。玄関をすっきりさせられるか
・ガスコンロの有無、都市ガスかプロパンガスか
・キッチン、シンクの大きさ
・水回りのカビ、汚れ具合。風通しもチェック

それから、自分の持っている家具や家電が入るかどうか、メジャーでサイズをはかっておいて、部屋に置いたらどれくらいのサイズ感になるかも確認しておきましょう。
特に冷蔵庫、洗濯機はコンセントの位置と合わせて、必ず確認しておきたいものです。
テレビとパソコンについては、壁のアンテナジャックとモジュラージャックの位置をしっかり確認しておきましょう。

さらに、不動産屋さんに許可をもらって、室内をカメラで撮影しておくのもあとで比較検討するときに有効な手ですね。
もっとこだわる人は、方位磁石で方角を見たり、ビー玉を床に置いて部屋が傾いてないかを調べたりすることもあるようですよ。

また、目に見えないものにもチェックしておきたいポイントはあります。

・携帯電話の電波状況
・インターネットで希望の回線が入るかどうか
・近隣住民の雰囲気

これらは意外と忘れがちなので注意したいですね。
実際に駅から歩いてみて、距離感をつかんだり、街の雰囲気が自分に合うかをたしかめてみるのも必ずやっておきたいところです。

まとめ

引越しをしようと思ったら、いきなり不動産屋さんに行くのではなく、まず住みたい地域や物件に希望する条件を書き出して、それから電話予約してから行きましょう。
きっとスピーディに素敵な部屋を探すことができますよ。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

シェアしてくれるとうれしいなぁ!ぼくのTwitterもフォローしてね♪ちびえる


-家選び
-

関連記事

中島明
【池袋】何が魅力?住みたい街ランキングで常に上位の池袋。その真の魅力を専門家に聞いてみた

こんにちは。すみかる編集長の千歳です。 住みたい街ランキングで常に上位に入る池袋。 今日は、池袋で地域に根ざした活動を続ける合同会社日出家守舎(ひのでやもりしゃ)代表の中島明氏に、 ...

中古マンション購入で失敗しない!内見時のチェックポイント

新築マンションは建築中に購入するのが一般的なので、購入前に部屋を見ることができません。しかし、中古マンションは部屋の中や眺望、共有設備を事前に確認することができるというメリットがあ ...

住みたい街ランキング
住みたい街ランキング「家賃相場」編。家賃相場上位5区と、下位5区の特徴まとめ

引っ越したいと思ったとき、みなさんは何を元に地域の候補をしぼりますか? 色々あるなかで、やはり「家賃」は重要なポイントになってくるのではないでしょうか。 今回は東京23区それぞれの ...

団地の魅力再発見!団地・賃貸の魅力をアーティストや作家が伝える「#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学」発売!

みなさん、団地というとどのようなイメージを持ちますか? あまり良くないイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 でも、緑の多い団地、ファミリー向けに特化した団地、綺麗な団地、イ ...

建売マニュアル
初めて内覧会に行く前に知りたい、建売住宅の内覧会9つのチェックポイント|建売マニアvol.4

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を「辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。」というテーマで発信するブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営するザク男爵 ...