MENU

2016/08/30

“ヘリンボーン”のフローリング実例12選!どんなテイストの部屋にもマッチする♡


>> 厳格な審査を通過したリフォーム会社に無料相談!

床はフローリングの張り方で変わる

面積が大きく、部屋の印象を左右する床のデザインは、フローリングの張り方によって表情を変えます。
一般的な床張りは、乱尺張りやりゃんこ張りと言われる張り方が多いです。

乱尺張り

乱尺張りとは、300mm以上の、長さがバラバラのフローリング材を施工する方法で、木材の切れ目がばらばらなので、木目の表情がはっきりとわかるのが魅力です。

りゃんこ張り

りゃんこ張りとは、同じ長さのフローリング材を一定の位置で施工する方法です。シンプルであまり主張しないデザインなので、他のインテリアをあわせやすいという特徴があります。

フローリング
\リフォームしたい!/

完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

ヘリンボーンとは?

ヘリンボーンというのはフローリングによく使われる、山形を連続させたような模様で、魚の骨にかたちが似ていることから、ヘリン(ニシン)のボーン(骨)という意味をもっています。短い木のピースを組み合わせた寄木張りの床はヨーロッパで発達した技法で、ツイードのジャケットやコートにも多く見られる柄です。
レトロな雰囲気や高級感を出しやすいので、デザイン製のあるフローリング張りの中でも人気が高まっています。

ヨーロッパの伝統的な技法で作られるヘリンボーンのフローリングですが、実は日本風の家など、様々なスタイルのインテリアに合います。
一般的なフローリングの張り方と比較すると値段がはりますが、お部屋の雰囲気にこだわる方には、ぜひおすすめしたいデザインです。

床をヘリンボーンにリフォームするときの費用・価格

ヘリンボーンの床にリフォームするときの価格・費用は、一般的なフローリングに比べると高額です。

基本的に床材の長さが短く、45°の角度にそろえて張っていくため、施工の手間賃が他のフローロングより1.5~3倍近くなる傾向があるのです。

ヘリンボーンの本体価格は、1㎡で6,000~15,000円。
1㎡につき10,000円前後する商品が最も一般的です。
施工費は1㎡あたり7,500円程度かかりますが、下地処理が不要の直貼り工法の場合は4,500円でおさまるケースもあります。

以上のことをふまえると、本体10,000円+施工費7,500円=合計17,500円前後が、ヘリンボーンの床にリフォームする際の1㎡あたりの相場と言えるでしょう。

商品のグレードを選ばず、直貼り工法で済むようでしたら、本体6,000+施工費4,500=10,500円でヘリンボーンの床にできることもあります。

ただし、ヘリンボーンを張るには技術が必要なので業者探しが大変かもしれません。
また、施工ができる会社を見つけられても、予算通りにリフォームを実施できるとは限りません。
まずは複数社に見積もり依頼をして、リフォーム費用や対応の仕方を比較してみるのが一番です。

ヘリンボーンの施工が
\得意なリフォーム会社は?/

完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

シンプルモダンなインテリアには明るい色で

シンプルでモダンなインテリアに合わせるなら、明るい寄木のヘリンボーンです。
部屋全体の白基調のインテリアの雰囲気を壊さずに、シンプルな部屋のアクセントにはぴったりです。

北欧テイストにはこの色

ナチュラルな雰囲気の北欧テイストには、フローリングも自然な色味がマッチします。

明るいウッドのカラーは、北欧テイストのポップな家具と合わせると可愛らしいですね。

クラシックなテイストにあうヘリンボーン

ヘリンボーンのフローリングはヨーロッパで発達したため、クラシックなテイストには問題なく合わせられます。落ち着いた濃い目の寄木にヨーロピアンスタイルの家具がよく合い、高級感あふれる雰囲気になります。

アジアンテイストには濃い色でリゾート感を

ヘリンボーンのフローリングにアジアンテイストの家具や雑貨をあわせると、高級感あふれるアジアンリゾートのような雰囲気になります。

和モダンにも合わせられる

畳スペースのあるお部屋にヘリンボーンのフローリングをあわせてモダンな和風テイストのインテリアになっています。伝統的なヘリンボーンのフローリングがとても個性的な雰囲気になっています。

カラフルなデザインで床を主役に

ちょっと個性的なカラフルなフローリングは、お部屋の主役になります。他のインテリアをシンプルにして、床のデザインを目立たせたいですね♪

いかがでしたか?ヘリンボーンのフローリングは様々なテイストのインテリアにあわせることができます。凝った寄木のフローリングはとても素敵ですね。
最近はリフォームやリノベーションの際に取り入れる方も多いので、そのような機会があったら一度検討してみてはいかがでしょうか?

ただし、ヘリンボーンの床は施工に少し技術が必要なので、施工経験のある会社を選ぶか、始めに、ヘリンボーンにしたい旨を伝えてみましょう。

ヘリンボーン
フローリングしたい!/

完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶


>> 厳格な審査を通過したリフォーム会社に無料相談!

更新日:2016年8月30日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE