MENU

2016/09/08

リフォーム会社の選び方!失敗しないためのポイント7つと注意点

リフォーム会社の種類とタイプ

各施工業者には、得手・不得手があるものです。
どんなに評判が良くて腕の立つ業者であっても、自分の思い描くリフォームを実現してくれるとは限りません。

デザインが得意な会社、耐震改修が専門の技術者など、専門分野は多様にあります。
水回りは水回りの専門業者、電源工事は電気工事の有資格者など、依頼できる会社が限られてしまう工事もたくさんあります。
修理が得意なところ、デザインが得意なところ、などリフォームしたい内容に合った会社に依頼することが肝心です。

希望に合った
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

信頼できるリフォーム会社の選び方とポイント

リフォームの見積もり依頼や現地調査は、無料で実施されるものです。
気になる会社を数社まで絞り込んだら、実際に会って話してみて、じっくり比較していきましょう。
求めている住まいに一番近いリフォームをしてくれる業者を選択してください。

それでは、依頼するリフォーム会社を決定するためにはどういったポイントをチェックすれば良いのか、ご説明します。

希望のリフォームと同規模の工事の実績があるか

自分の希望するリフォーム内容と、同規模もしくはそれ以上の工事の実績があるか。
これは案外見落としがちなことなので、以下の点に注意しておきましょう。

・これまでどの程度の実績があるか
・その会社の得意分野や特徴が、自分の希望するリフォームのイメージと合っているか
・住居の状況に応じた適切なプランを出してくれるか
・工事開始後に発生する可能性のある追加工事の内容についても、説明があるか

丁寧に接客してくれる業者に頼みたい、というのはもちろんのことですが、必ずしも実力が伴うわけではありません。
極端な話ではありますが、小規模な補修ばかりを行ってきたスペシャリストや、大規模な全面リフォームを専業としてきたプロもいます。
外壁や屋根など、専門の人にしか施工できないことも多いです。

工事をしてみてから、壁の内側や下地の状態によって、追加工事が発生することも多々あります。
慣れた内容の工事であれば、追加工事が発生した場合の費用についても説明してくれるでしょう。

また、ご自宅が戸建てなら戸建ての実績がある会社、マンションにお住まいならマンションの施工経験がある会社に依頼するようにしましょう。
万一、知識がない業者にマンションのリフォームを任せてしまうと、管理規約に違反してしまう危険性があります。

依頼したいリフォームの工事内容や規模に対応できる業者かどうか、見定めていきましょう。

要望に合わせた提案をしてくれるか

知識と実績があるリフォーム会社であれば、ご自身の理想に合った設計をしてくれるかどうかも確認しましょう。

・こちらの要望をきちんと聞き入れてくれているか
・会社側の意見を押しつけてきていないか
・メリットだけではなくデメリットもしっかりと説明してくれるか
・見積書の項目にある資材について、カタログやサンプルを提示して説明してくれるか
・ローコストの提案もしてくれるか

たとえばトイレ一つをリフォームする場合でも、機能性を重視したいか、見栄えにこだわりたいか、予算が一番大事か、人によって軸にしたいことは違いますよね。
具体的にどのようなリフォームがしたいのか、ヒアリングしてくれる会社を探しましょう。

また、「リフォーム費用を安く抑えるなら、こちらのプランにすることもできます」など、低コストになる提案をしてくれる会社は、会社の利益だけでなく、依頼主の意見も尊重していると判断できますね。

質問に対する回答が的確か

それなりの費用がかかるリフォームでは、質問をしたときに正しく答えてくれるかどうかも注目しておきましょう。

例えば、見積書のわからない点について詳細を聞いたとき、納得のいく説明をしてくれるスタッフであれば信用できますよね。
逆に、難しい専門用語を多用したり、こちらに伝わりにくい話し方をしたりする業者だと、この先トラブルが起こる可能性があります。

希望に合った
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

担当者との相性は良いか

会話をしていて楽しい担当者であるかどうかもキーになります。
リフォーム完了後の具体的なイメージを擦り合わせるためにも、気持ち良くコミュニケーションを取れる人に担当してもらいたいものです。
担当者の発言内容や態度は信頼できるものであるか、これまでの打ち合わせにおいて時間や期日などの約束を守っているかということも、丁寧にチェックしていくことが大切です。

何かあったときすぐに来てもらえる場所にあるか

リフォーム工事は、打ち合わせから契約、工事完了まで、それなりに年月がかかるものです。
長い付き合いになるからこそ、対応が早い会社に任せたいですよね。

事業所の所在地が遠すぎると、来てもらうときに移動距離分の時間や交通費が発生していしまい、必要以上に待たされてしまう上、無駄なコストもかかってしまいます。

何かあったときにすぐに対処してくれるか、こちらが大きな損をしてしまわないかなど、親切なサービスを心がけている業者を冷静に見極めましょう。

保証・アフターサービス制度があるか

保証や補償、保険、アフターサービスなどの説明もしっかり聞いておくようにしてください。
工事中に、資材をぶつけて隣の家にキズをつけてしまう事故が起こり得ますし、リフォームが完了した直後に欠陥が見つかることもあります。

このとき、保険やアフターサービスの制度が充実している会社であれば、リフォーム依頼者が不利にならないよう対応してくれるはずです。

反対に、保証がないことを確認していなかったために、泣き寝入りすることになってしまった方も、残念ながら多いのです。
工事が終わった後も責任をもってサポートしてくれる会社に頼みましょう。

リフォーム協会などの団体に加盟しているか

また、「住宅推進協議会」や「日本住宅産業リフォーム協会」などに加盟している業者を選ぶという方法にしてみると、信頼できる企業をより探しやすいかもしれません。
もちろん、協会に加盟していない優良企業も数多く存在します。

ただ、消費者からの信頼を得ることやリフォーム業界の成長を目指して立ち上がった協会に加盟している会社は、質の高いリフォームを供給してくれる可能性が高いと考えて良いでしょう。

大規模な工事になれば、3か月から半年、それ以上になることもあります。
また、工事後のメンテナンスのことも考えれば、担当者との付き合いはかなり長く続くものなので、担当者との相性は最も重視するべき要素になってくると言えますね。

どうしても決められない場合は、それぞれの会社に対してこれらの項目を採点してみてもいいですね。
それでも差異がないなら、例えば5点満点などで採点してみたら意外と違いがはっきりしてくるかもしれません。
信頼性などの部分で大差がない場合は、自分の希望するイメージと合っているかを重要視してもいいでしょう。

希望に合った
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

知っておきたいリフォーム瑕疵保険

いくら信頼できる会社と出会えても、100%安心というのはなかなか難しいのではないでしょうか?
そんな時はリフォーム瑕疵保険制度を利用すればいいでしょう。
保険料が別途必要になりますが、この制度を利用すると万が一に備えることができます。

リフォームの瑕疵保険制度は、工事中や工事完了後に建築士の資格を持った第三者の検査員が現場を検査をしてくれるというものです。
検査回数や検査のタイミングは工事内容によって異なるため気になる方は確認をしてみてくださいね。

リフォーム瑕疵保険を利用することで、第三者に監視されるため手抜き工事の防止や質の高い工事が期待できます。
工事内容に瑕疵があり補修が必要になった場合は、工事会社が責任を持って修復を行うことになります。

工事会社が倒産した場合にも一定の保証が受けられますので、万一の時に備えて加入しておけば安心ですね。
これからリフォームをする方は、加入をするかどうかに関わらず、チェックしておきましょう。

こんな決めかたは失敗のもと

最後に、リフォーム会社の選び方のよくある失敗例をご紹介します。

有名な会社というだけで決めた

母体は名前を聞いたことのある会社でも、全て下請に任せている場合もあります。
その場合、中間マージンが発生するために費用が高くなったり、逆に安い工事だからと手抜きをされてしまう可能性もあります。
名前に左右されず、自分の目で見て決断をしましょう。

評判のいい会社にした

口コミや近所の人の評判を参考にするのはいいですが、それだけで決めてはいけません。
費用・デザイン性・担当者の人柄など、重視したい内容は人によって異なります。
また、ちょっとした工事を大手ハウスメーカー系のような大きな会社に頼んだら、むしろ高くなってしまった、ということもあり得ます。

知人に紹介された会社に依頼した

なお、知人に直接紹介された会社に施工を頼んだ場合も、後悔したという例が多いです。
他の人が良かったからといって、自分も満足できるとは限りません。
実際、いろいろなスタイルの会社があるたあめ、打ち合わせをしてみたら自分の希望するリフォーム内容と合わない提案をする業者がいるのは当然のことです。

しかし、相性が合わない会社だと感じたところで、知人に紹介してもらった会社だと、なかなか断りづらいもの。
その後の知人との関係性の悪化を心配し、仕方なく工事を依頼したものの、仕上がりに納得できなかったというケースは少なくありません。

軽妙な営業トークにのせられてしまった

営業トークがうまいと、何となくいいような気になってしまいがちですね。
また、「今なら大幅値引き中です」、「今日契約したらサービスします」など、契約を急かされる場合もあるかもしれませんが、絶対にその場で契約をしないようにしましょう。

軽妙な営業トークでどんどんリフォーム箇所を追加してしまった、なんていうことにならないよう、自分の希望が実現できているかを判断するようにしてくださいね。

1社だけで決めた

面倒に思うかもしれませんが、1社だけと打ち合わせをして即決するのは危険です。
本当に信頼できる相手なのか、適正価格でリフォームしてくれるか、他の業者と比較してみなければわかりません。
とはいえ見積もり依頼を出しすぎても、その分打ち合わせの時間がかかり、工事の開始も遅れてしまいます。
多くても4、5社程度におさえて、複数社と相談するようにしましょう。

訪問販売の会社にした

国民生活センターなどに寄せられるリフォームのトラブルの話で、訪問販売の会社に依頼したケースは多いようです。
雨漏りすると言って工事をすすめられて高額な工事をされた、契約してまもなく倒産した、などというパターンがあります。
そもそも、自分がしたいリフォームとは関係ない工事をされてしまうことも少なくありません。
改修の必要がある場合は、ある程度は自分でいくつかの業者と話をして、納得のいく提案をしてくれるところに頼みましょう。

希望に合った
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

更新日:2016年9月8日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
壁紙へ落書き

子どもが壁紙を汚す前にやっておきたい工夫と対策

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE