MENU

2017/02/24

工事以外にかかるリフォーム費用

まず知っておきたい、工事費用の相場

リフォームの費用は、使う資材や工法などによって大きく変動します。こだわりのメーカーがある場合などは、特に多めに予算を見積もっておいた方がいいでしょう。
住んでいる地域によっても、材質や工法が変わってくる場合があるので、合わせて確認しましょう。ここでは大まかなリフォーム費用の相場をご紹介しますので、参考にしてください。
状況によっては、これ以上にも以下にもなり得るので、具体的な見積もりは施工業者に確認しましょう。

戸建ての場合のリフォーム費用

  

  

キッチン 100万円〜150万円
浴室 100万円〜150万円
トイレ 20万円〜50万円
洗面室 20万円〜50万円
リビング・ダイニング 50〜150万円


マンションの場合のリフォーム費用

  

  

キッチン 100万円〜150万円
浴室 50万円〜100万円
トイレ 20万円〜50万円
洗面室 20万円〜50万円
リビング・ダイニング 50〜100万円


予算に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

リフォーム工事以外にかかる費用

リフォーム工事以外には、どのような場面でお金が必要になるのでしょうか?それを踏まえて予算を計画する必要がありますね。ここでは工事以外にかかることが見込まれる費用について詳しくご紹介しましょう。

設計費

設計費は、施工を依頼する業者によって工事費に含まれる場合と別途計上になっている場合があります。
見積書をもらったら、明細まできちんと確認しましょう。
一見安く見えて、実は設計費が高額な場合もあるので気をつけましょう。

トランクルーム・仮住まい費用

工事をする際、家具などを置いておくスペースが確保できない場合はトランクルームなどへ移動させる必要があります。その場合、トランクルームのレンタルが必要になります。
トランクルームには最短契約期間が定められている物が多く、一定期間契約をしなければならないので予想外の出費になる可能性もあります。
契約には数日かかる場合が多いので、事前に条件や費用、空き状況などを確認しておいた方がいいでしょう。
荷物だけではなく、リフォーム工事期間中は家に住めないような大掛かりな工事の場合は、ホテルやアパートなど仮住まいを確保する必要がありその費用もかかります。

運送費・引っ越し費用

大規模なリフォームにより、しばらく仮住まいしなければならない場合は、自宅から仮住まいの往復の引っ越しにかかる費用が必要になります。
またトランクルームに家具を運ぶ際も、大型の家具であれば自分で運べないので運送費が必要です。

駐車場代

リフォーム工事期間中は、工事用車両が何台も行ったり来たりすることになります。
それらを駐車するスペースがない場合、必要な台数分を確保しておく必要があります。
特にマンションの場合は、共同スペースに駐車してよいかなど、前もって確認しておいた方がいいでしょう。

確認申請手数料

リフォームの規模によっては、建築確認申請をしなければならないこともあります。専門的なことなので業者に依頼する場合がほとんどですが、手続き費用が必要となります。
建築確認が必要なのは増改築をともなう大規模なリフォームの場合が多く、小規模であれば必要ないことがほとんどです。

印紙税

工事契約を締結する際、契約書に貼る印紙代が必要となります。

その他

増改築で床面積が増加した場合は役所に届け出が必要な場合があり、登録手数料・不動産取得税などが必要になります。このようにリフォームには工事費以外に、様々な費用がかかります。
一つ一つはそこまで大きな金額ではないかもしれませんが、積もると意外な出費になってしまいますね。
そのため業者から見積もりを出してもらったら、まず見積もりの内容についてきちんと説明をうけましょう。
何の費用か分かりにくい項目があれば、事前に納得のいくまで確認をとるようにしてください。
その上で、見積もり以外にかかる費用についても、細かく想定をしておくようにしましょう。

リフォーム費用を少しでも安くするために

リフォームは工事以外にも様々な費用がかかり、高額になりがちです。
ここでは、そんな高額になりがちなリフォームを少しでも安くおさえるための二つのポイントをご紹介します。

まずは一つ目は、使用する材料の種類をできるだけ少なくするということです。
例えばクロスや床材を各部屋共通にすると、材料費をおさえることができます。
違う材料を使うと、材料費が割高になるだけでなく、それぞれ別の業者に発注しなければならない可能性もあり、更に費用がかかります。

二つ目のポイントは、全部を取り換えるのではなく、できるだけ元々ある古いものも利用するということです。
全部を取り換えなくても、例えばキッチンならガスコンロやシンク下収納を交換するだけで十分に新品同様に使える場合もあります。
今ある物をどのように活用するか、業者に相談してみてもいいですね。

要注意!リフォームの落とし穴

リフォームの場合、いざ工事を始めてみると、想定外の費用がかかってしまうこともあります。
例えば、キッチンやバスルームなどの水回りのリフォームに多いのですが、設備の入れ替えだけを予定していたのに、撤去してみると土台からリフォームしなければならないことがあります。
土台からのリフォームとなると、初めの見積もりの2倍やそれ以上の金額がかかることもあります。
もしものことを考えて、リフォームの計画はできるだけ余裕を持って立てた方が安心ですね。

予算に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
壁紙へ落書き

子どもが壁紙を汚す前にやっておきたい工夫と対策

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE