MENU

2017/02/24

リフォームで “できること・できないこと”【マンション編】

間取りの変更は”だいたい”できる

マンションも戸建て住宅と同様、マンション専有部(部屋の中)に関しては、構造的に問題がなければ自由に間取りの変更を行うことができます。
ただし、低層マンションに多いような、間仕切り壁がコンクリートでできている場合は、壁の撤去や移動はできないので、注意が必要です。
間取り変更が可能な構造かどうかは、リフォーム会社に見てもらうことで解決します。

内装設備の新調もOK!

床や壁、水まわりの設備を新調することは基本的には問題ありません。
ただし、管理規約や使用細詳で制限を受けるケースがあるので注意が必要です。
また、キッチンや浴室などの水まわり位置の移動は原則として不可能です。
床下スペースがある場合は、配管スペースに届く範囲での移動は可能ですが、配管スペースはマンション全体の共用部なので変更できず、そのため水回りの配置変更は規制があります。

希望に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

共用部のリフォームはNG

マンションリフォームで最も気をつけること、それは専有部と共有部の見極めです。
自分の場所だと思っていても、場所によっては勝手にリフォームできない箇所があります。
代表的な例として、玄関(外側)、窓、サッシ、バルコニーなどが挙げられます。
防火などの性能をもつ共用部分は、そこに住む人全員の問題となるので、リフォームすることはできません。
ただし、玄関の内側を塗り替える、鍵を交換する、窓の内側を二重サッシにするなどは、専有部のリフォームと見なされるので可能な場合が多いです。
まずは管理組合に相談してみましょう。

マンション管理組合の規約は要チェック

リフォーム前にマンションの管理組合の規約は必ずチェックしましょう。
専有部だから大丈夫だと思ってリフォームの計画を勝手に進めてしまうと、管理組合や近隣住民を巻き込む大騒ぎに発展してしまうことがあります。
規約の確認をし、必要であればしっかりと許可をもらうことが必要です。
中古マンションを購入してリフォーム・リノベーションをしようと考えている方は、わからないことがあったら、購入する前に不動産会社の人やリフォーム会社の人に相談するといいでしょう。
場合によっては、契約前の物件でも、リフォーム会社同伴の現地調査が可能なことがあります。

希望に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
壁紙へ落書き

子どもが壁紙を汚す前にやっておきたい工夫と対策

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE