MENU

2017/02/24

リフォームのイメージを具体化する方法 “5パターン”

インテリア雑誌やリフォーム書籍

インテリア雑誌やリフォームについての住宅系雑誌・書籍は、施工事例の写真が多く掲載されているため、イメージが膨らみやすく、費用の概算も掴みやすいためとても便利です。

また、雑誌や書籍のメリットとしてリフォームやリノベーションの注意点や全体の流れなど、一般的項目についての記載がされていることが多く、リフォームやリノベーションについての基礎知識を身につけることができます。

ショールーム・モデルルーム

システムキッチンやユニットバスなどの設備機器のリフォームをお考えの場合は、住宅設備メーカーのショールームに行ってみることをおすすめします。

実際に見たり触ったりすることで、リフォームやリノベーションした際のイメージがつきやすく、どの設備にするか決める際の参考になります。
また、キッチンや洗面台は設備によって使い勝手が大きく変わるので、高さや蛇口のタイプなど実際に触れて確かめておきましょう。
住宅メーカーのモデルルームでは空間全体のイメージもよくわかるので、早い段階で一度見ておくといいかもしれません。

希望に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

リフォームセミナー・相談会

最近、リフォーム店や住宅メーカーが主催しているセミナーや相談会の人気が高まっており、頻繁に開催されています。
セミナーや相談会に参加するメリットは、リフォームやリノベーションの専門家に家の悩みや解決法を直接相談できることが挙げられます。
どんなリフォームをすれば良いのか分からない方や初めてリフォームをする方は参加してみることをお勧めします。
参加してみたい方は直接リフォーム会社に問い合わせてみましょう。

インターネット

リフォーム専門店や住宅メーカーのホームページ、リフォーム一括見積もりサイトなどに、リフォーム施工事例がまとめられているので見てみるといいでしょう。
費用概算や工期などの情報が記載されており、費用と時間をかけずに手っ取り早くリフォーム後のイメージや概算費用を把握することができます。
リショップナビでも、5,000件を超える施工事例を公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。

>> リフォーム事例を見る

経験者へのヒアリング

友人や親戚にリフォームやリノベーションの経験者がいたら、お宅を見せてもらい相談してみましょう。
実際にリフォームした際の失敗談や注意すべき点などを聞いておくといいでしょう。
事前に調べておいても、いざリフォームがはじまったら困ることや悩むことがあります。
その辺も経験者に聞いておくのが一番です。

イメージを具体化させる際は一つの収集方法に絞らずいくつかの方法で調べることをお勧めします。
また、情報収集が終わったら家族全員で内容を確認し「外せない点」「今すぐではなくてもいい点」「どちらでもいい点」の3つに仕分けし、リフォームやリノベーションをする内容の優先順位を付けておきましょう。
優先順位付けをすることでリフォーム専門店と話をする際にスムーズにいきます。

希望に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE