MENU

2016/11/24

ステンドグラスの窓・ドアのメリット・デメリットと実例

ステンドグラスとは

ステンドグラス(stained glass)とは、一枚一枚カットしたたくさんの種類の色ガラスを鉛で繋ぎ合わせて、模様や絵を表現したもののことです。

ステイン(stain)は「染色する、脱色する、着色する、焼きつける」といった意味があり、ステンドグラスは金属酸化物をガラスに混入する手法によって着色しています。

教会で見かけるイメージが強いかもしれませんが、住宅のドアや窓にも一般的に使われています。
外からの光によって、きれいな色が映し出され、インテリア性の高さから人気を集めています。

ステンドグラス
窓・ドアにしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ステンドグラスのメリット

デザイン性が高い

ステンドグラスを採用すると、意匠性のある窓・ドアになります。
室内を上質な空間にしたいときに最適なので、来客者の多い玄関や、人が集まりやすいリビングに導入されるのが主流です。

外からの視線を遮る

透明な窓と違って、ステンドグラスの窓ガラスには、プライバシーを守る効果があります。
外からの視線を気にすることなく、充分に採光できるのもステンドグラスの長所です。

ペアガラスにすれば強度もOK

ステンドグラスは、単体では強度がかなり弱いですが、一般的に建材として使うものは、ペアガラス(複層がガラス)構造で作られます。

ペアガラスは、断熱性や防音性が向上するので、窓のリフォームの際にもおすすめです。
実際、内窓のリフォームでステンドグラスを採用される方も増えています。

オプションで防犯加工も選べることが多いので、ステンドグラスを取り入れたいときにはより防犯性が高いものを作ってもらうと良いでしょう。

ステンドグラス
窓・ドアにしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ステンドグラスのデメリット

費用が高額

本物のステンドグラスは、すべて手作業で繋ぎ合わせて作るため、普及品のガラスに比べると費用が高額です。
模様が細かいほど手間になるため、本体価格も高額になっていきます。
ただし世界に一つの窓・ドアにできるというメリットもあります。

もちろん、量産したリーズナブルなものもあります。本物にこだわらず、ステンドグラス風の窓にしたいという方なら、量産品でも楽しめるでしょう。

サイズに注意

オリジナルのステンドグラスをオーダーする場合、1枚物で制作できる大きさが限られるので、サイズには注意しましょう。
基本的に、200cm×100cmを超えるデザインは難しく、制作してもらえることになっても割高になる可能性があります。

広範囲に施工したい場合は、分割したデザインのガラスを並べることになると考えておいた方が良いでしょう。

設置・修理には技術が必要

手作りされた繊細なステンドグラスは、取り付けできる業者が限られてしまいます。
新規で取り付け・交換したいとき、取り付け工事を依頼できる会社を探すのが大変かもしれません。

また、引っ越しの予定や、すぐに窓付近のリフォームをする予定がある場合も、移設する技術がある職人を探さなくてはいけません。

ステンドグラスの昼と夜の見え方

ステンドグラスの特徴として、知っておかなくてはいけないことがあります。
暗い所からステンドグラスの方を眺めたときに、ガラスの向こう側が明るい場合は色がきれいに見える、ということです。

例えば、外が明るい昼間に、電気を消した部屋からステンドグラスを見ると、きれいに映ります。
一方、外が暗い夜に、明かりをつけた部屋のステンドグラスを室内で観賞してもあまり美しく見えません。
むしろ、外を歩いている人からは、明るい部屋に飾られたステンドグラスが華やかに見えるはずです。

つまり、ガラスの向こう側が暗いと光が入って来ないので、ステンドグラスの魅力を味わうことはできないというわけです。

このように、昼と夜とではステンドグラスの見え方は全然違うという点を理解した上で、最適な場所に設置するよう気を付けましょう。

ステンドグラス
窓・ドアにしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ステンドグラスが向く場所・向かない場所

それでは、ステンドグラスの窓・ドアが向くのはどういった場所でしょうか。

まず、日の光が当たる方角が良いので、北面は避けましょう。
朝の光を楽しむなら東側、日中に家で過ごすことが多いなら南側、夕方に堪能したいなら西側の窓にしましょう。

方角にもよりますが、玄関やリビング、階段の踊り場の窓が最適です。
欄間や、室内ドアの窓部分にステンドグラスを採用するパターンも多く見られます。
光の入り具合に詳しい業者と相談すると、ステンドグラスが映える良い位置が分かります。

なお、内部の鉛が劣化してしまうので、水回りには不向きです。
また、道路側に面した窓には防犯対策として面格子をつけることがありますが、ステンドグラスの窓に格子をつけてしまうと、デザイン性が活きなくなってしまいます。

ステンドグラスの窓は、外から侵入しやすい場所に設置することは避けるか、人が通れない小さなサイズで施工するようにしましょう。

ステンドグラスの施工期間・費用

ステンドグラスを注文・施工する場合、1㎡以内のサイズの商品であっても、デザインの決定から制作、取り付け完了までに1~2ヶ月位は必要です。

ステンドグラスの本体価格は、デザインやサイズによって大きく変動しますが、1㎡で20~50万円前後はかかると見ておきましょう。
シンプルデザインで50㎠程度のものなら3万円~制作できるので、小さい窓に施工すれば費用を抑えることができます。

また、取り付け費用は3万5千円以上が相場です。
施工場所が、階段の踊り場や、吹き抜けの上部、2階以上の部屋などといった場合には、足場を組まないといけないので、スケジュールにも予算にも余裕を持っておきましょう。

ステンドグラス
窓・ドアにしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ステンドグラスの窓・ドアの実例

窓付きのドアのガラス部分をシンプル柄のステンドグラスにするだけで、明るくスタイリッシュな印象になりますね。
外からの視線も遮断するので、玄関に取り入れても安心です。

花柄のステンドグラスなら、愛らしい雰囲気に。
デザインが可愛い窓なら、開閉するときもお掃除するときも、嬉しい気分になれそうです。

開放的な掃き出し窓なら、一部のガラスのみにステンドグラスを採用してみるのも良いでしょう。
リビングの家具の色と、上手にコーディネートしてみてくださいね。

和風のステンドグラスも人気があります。
庭がなくても、風情のある空間を作ることができますよ。
湿気がこもりやすい洗面所では、換気対策も忘れずに。

ステンドグラスは、天窓とも好相性です。
天井から優しい光が降り注ぎ、洗練されたイメージの室内になるでしょう。

デザイン性に優れたステンドグラスは、通気性が良く光が当たる場所であれば、どこでも気軽につけられます。
インテリアとして、室内窓や和室の欄間にステンドグラスを使う方も増えているので、少しでも気になる方はぜひ一度、ステンドグラスに詳しい業者と相談してみてはいかがでしょうか。

ステンドグラス
窓・ドアにしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2016年11月24日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE