MENU

2017/02/24

【リフォームの流れ】相談から施工完了まで

1.現状の住まいの不満の洗い出し・要望を整理

まずは家族で、現状の住まいの中で不満・不便に感じていることを洗い出しましょう。
「キッチンが使いづらい」、「部屋が暗い」といった間取りや内装に関することはもちろん、「断熱性が低い」など、建物構造の問題も考えましょう。
ここで重要なのは、家族全員の意見をもれなく出すことです。後から不満が出ないよう、皆で話し合いましょう。
また、この時に将来のライフサイクルの変化を見越した計画を考えることも大切です。
5年先・10年先のことを考えたら、バリアフリーにする必要性や、二世帯住宅にする可能性があるかもしれません。
ひととおり要望を出し終わったら、リフォームの優先順位を決めます。
この時に、リフォームに使えるおおまかな予算と、いつまでに完了したいかの期限も確認しておきましょう。

2.情報収集・リフォーム希望を具体化する

リフォームの大まかな計画が決まったら、より具体的にするために情報収集をします。
情報収集の際には、インテリア雑誌やリフォーム書籍、インターネットに公開されているリフォーム施工事例などを見てイメージを膨らませ、実際に設備を検討する際には、住宅メーカーやリフォーム会社のショールームに行って、見て触って、使い勝手を確かめてみることをおすすめします。

リショップナビでも、5,000件を超えるリフォーム事例を公開しているので、費用やリフォーム写真をチェックしてみましょう。
具体的な写真や情報があると、後々リフォーム会社に希望内容を伝える際にも便利です。

>> リフォーム事例を見る

3.リフォーム会社探し・見積もり依頼

イメージを具体的にしたら、次はリフォームを依頼する会社探しです。
リフォーム会社を探す際に重要なのは、複数社を比較することです。
リフォームの提案内容や得意な工事は依頼する会社によってそれぞれ異なるため、複数の会社を比較することで、リフォームの相場がわかり、希望のリフォームに最適な会社を選ぶことができます。
だいたい3~5社に見積もりを出してもらい、内容を比較するといいでしょう。
その際に重要なことは、各社に同じリフォーム希望を伝えることです。
当たり前ですが、見積書の内容が違っていると比較することができないため、各社ともリフォーム箇所や希望内容は変えないようにしましょう。

また、見積もりを出す際には現地調査が基本になるため、実際に現場をみてもらい、様々な質問や要望を相談してみるといいでしょう。
この時に要望やリフォーム事例等の写真をまとめておくと、希望がより具体的に伝わりやすくなります。
お家の図面やマンションの管理規約等の用意もあるとよりスムーズな商談になるので、可能な場合は揃えておきましょう。

信頼できるリフォーム会社を探すのは大変ですが、リショップナビでは、施工実績や保険の加入状況など厳格な加盟審査をクリアしたリフォーム会社だけをご紹介しているので、安心してご相談いただけます。

信頼できる
リフォーム会社を探すなら!/

完全無料!
リフォーム相談をしてみる

4.リフォーム会社決め・契約

現場調査の後、各社からリフォームプランや見積書が提示されたら、比較検討して1社に決めます。
このとき、提出された見積書の費用だけで決めないことが大切です。

使われている設備機器や工事の範囲は適切か、担当者の対応は誠実か、しっかり見極めましょう。
また、見積書に記載されたリフォーム内容の範囲を、担当者と一緒に指さし確認をしておくことをおすすめします。

そして、いよいよ契約ですが、ハンコを押してしまう前に、契約内容は要望通りか、費用の支払い方法や時期はどのようになっているのか、もしもの時の保証はどうなっているか、工事終了後のメンテナンスはしてくれるのか、後々トラブルになることのないように確認しておきましょう。

5.リフォーム工事開始

工事開始の前に、リノベーションや大規模なリフォームの場合は、転居や荷物の運び出しが必要な場合もあります。
転居が必要な場合は、仮住まいの費用や引っ越し費用、トランクルームを借りる費用などもかかるので、気を付けましょう。
いざ工事がはじまると、騒音やほこりなどでご近所に迷惑をかけることがあるので、工事開始前には、リフォームをする旨とスケジュールを伝えて、ご近所への挨拶を済ませておきましょう。

6.工事完了と引き渡し

リフォーム工事が完了したら、キズや、契約内容と異なる部分がないか、仕上がり状態をくまなくチェックしてください。
工事完了時には、リフォーム会社の担当者と工事の仕上がりをチェックする竣工検査をすることが一般的ですが、この時に、担当者任せにしてしまい、しっかりとチェックせず、後々不具合が見つかった場合には、スムーズに修理をしてもらえないこともあるので、自分の目できちんと確認しましょう。
また、後々問題が起きた場合の保証内容や連絡先も再度確認しておくといいでしょう。
工事内容に納得したら、工事完了確認書にサインをし、リフォームの完了です。

いかがでしょうか、リフォーム全体の流れがわかったでしょうか?
これで、初めてのリフォームでも不安なく実施できますね。

信頼できる
リフォーム会社を探すなら!/

完全無料!
リフォーム相談をしてみる

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE