MENU

2017/02/09

高窓・地窓のメリットと注意点

高窓とは

高窓とは、天井に近い場所に設置する窓のこと。
主に採光や換気のために設置することが多く、室内に柔らかい光を取り入れることができます。

地窓とは

一方、地窓とは床に接する位置にある窓のことを指します。
昔の日本家屋では「掃き出し窓」という名称でも呼ばれており、ホウキで集めたゴミを外へ掃き出すために用いられていました。
現在では、高窓同様に換気や採光のために利用されています。

 

高窓・地窓
\増設したい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

高窓・地窓のメリット

高窓・地窓には通常の窓よりも優れた点がいろいろあります。
用途や場所に合わせて上手に活用してみましょう。

プライバシー性が高く、採光しやすい

高窓や地窓は横長の形状が一般的です。
このような形の窓は部屋の中に光が均等に入るため、採光を目的とした設置に非常に適しています。

また、頭の上や足元に位置するのでプライバシー性が高く、外からの視線を気にする心配がいりません。
寝室やトイレ、浴室、脱衣所などの窓としておすすめです。

効率的に換気ができる

空気は冷えると下の方に溜まり、暖まると上の方に溜まる性質を持っています。
そのため、同じ部屋に高窓と地窓を設置して換気を行うと、地窓から冷気を取り込み、高窓から熱い空気を逃がすという流れが自然に出来ます。

同じ高さにある2つの窓を使うよりも、効率良く換気が行えるわけです。
特に地窓は夏の暑さを和らげる効果があるので、高い省エネ効果が期待されています。

おしゃれな眺めを楽しめる

地窓が庭に面している場合などは、風景を小さく切り取ったような独特の眺めを楽しむことができます。
ことに、和室は畳に座って過ごす場所ですから、地窓からの眺めを楽しむのに相性の良い部屋だと言えるでしょう。
もちろん洋風の家でも、玄関や廊下に取り入れられることが多く、おしゃれな使い方ができる柔軟性を持っています。

また、高窓は吹き抜けに設置する窓としても人気です。
吹き抜けの場合は窓の開閉が難しいため、電動式にするか、採光のためだけにFIX窓を設置するとよいでしょう。

ガラスブロックと合わせても◎

窓と壁の中間のような役割を果たすガラスブロックは、採光とプライバシーの確保という二つの利点を兼ね備えています。
しかしその一方で、開閉ができないために通風の役目を果たすことができません。

ですが、ガラスブロックと地窓または高窓を組み合わせることで、通風や換気に対応できるようになります。
この組み合わせはデザイン的にも柔軟性が高いため、和と洋どちらの住宅にも合うでしょう。

 

高窓・地窓
\増設したい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

高窓・地窓は配置・サイズに注意

高窓は、位置によってはリモコン式にしないと開けにくかったり、掃除に手間がかかったりする場合があります。
また、天井が低すぎると高窓の位置もそれほど高くならないため、結局外からの視線をシャットアウトできないという問題が発生してしまいます。
さらに、外に足場になる物があれば侵入しやすくなりますので、家の外から見た時の高さにも十分注意しましょう。

一方の地窓には、開けている間はゴミや虫が入りやすい、開閉時にかがまなくてはいけないというデメリットがあります。
また、高窓・地窓のどちらにも言えるのは、サイズが大きいと防犯性が落ちるという点です。
窓を大きくとりたいのであれば、面格子をするなどの工夫を施すと良いでしょう。

高窓・地窓は一般的な窓とは特徴や利点が少し異なるため、自分で間取りを考える際にはなかなか思いつかないタイプの窓かもしれません。
しかし、通風や採光を重視したい場合は非常に役に立ちますので、家の中のどの場所に設置すればより効果が上がるのか、いろいろシミュレーションしてみましょう。

 

高窓・地窓
\増設したい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2017年2月9日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE